2018.07.03

意外と見られてます!「男ウケ確実なインスタ投稿」

こんにちは、「男の気持ちは男に聞くのが間違いない!」恋愛プランナーのTETUYAです。
今やインスタグラムの利用率は年々右肩上がり。20代以下の女性なら約4割、30代女性でも3割と、おしゃれ女子のマストSNSになっているのは皆さんご承知の通りでしょう。

もちろん色んな情報を検索するためのツールとして便利ですが、もう一方では自分の自己紹介ツールとしての意味合いも強くなってきています。恋愛市場で戦う皆さんにとっては自分のブランディングとして上手く活用するべき。今回は男ウケを良くするために、男目線からアドバイスしたいと思います。

1.男が女を知るツール

最近、このインスタグラムが男が女を知るためのツールになりつつあるということご存じですか?どんな使われ方をしているかというと、まずは合コンなどで初めて会う前に参加者のインスタのキャプチャーを幹事から入手するなど、事前にインスタの中身をチェックしてその子がどんな子の事前情報を入手したり。これは初めて会ったときの会話のネタとして、さりげなく使ったりします。

もうひとつは、実際会った後にインスタを教えてもらって、どんな友達がいてどんな日常を送っているか、表面上の会話ではわからない彼女の本性を見るためです。インスタの投稿内容次第で、良くも悪くも「ああ、こういう感じの子なんだ」と男は判断するのです。

2.男からのウケがいい投稿、悪い投稿

まず、男からのウケがいい投稿は、友人が撮った自然なバストアップの写真。やっぱりキメ顔より自然な印象が好感度高いです。笑顔の写真などあればなおGOOD。逆に、男からウケが悪い投稿は、まず自撮り。さらに寝顔をたまに投稿している人見ると膝ガクガクです(笑)。

「うわー!自分のことかわいいって思ってるやつだー!!褒めさせられるやつだー!」と。他には、なんか面倒臭そうな集団と一緒に撮っていたり、おしゃれアピールし過ぎてたりも男ウケは良くありません。

3.男の会話のネタとして良い投稿

そして、これらの投稿をこっそりみた男たちが、その投稿で見たものから話のネタを出してくると考えると、「男が食いつくモノ」「会話のきっかけにしやすいもの」があったほうが、男からしたらとっつきやすく、話も弾む。恋愛開始前のいい助走になるはずです。

たとえば美味しいお店に行った時の投稿や手料理、サッカーなどの男の好むスポーツや趣味、最後に旅の投稿など。すごく無難ですがこういう投稿を見ると男も会話のネタとして広げやすいです。

4.ハッシュタグを上手く使う

ブランディングツールとしても使えるといっても、インスタグラムは自分の想い出のアルバムのようなもの。男目線を意識し過ぎて本当に投稿したいのに我慢してしまうのもなんか違う気がします。

そんな時は、ハッシュタグを上手く使って緩和するのも、少しでも自意識過剰と思われないためのテクニック。たとえば、どうしても自撮りファッションコーデやメイク、豪華なディナーなどを頻繁に投稿したい場合は、#備忘録などをつけて、あくまで「忘れないようしたい記録」という意味合いをアピールしておくこと。テキストに入れるとわざとらしいので、ハッシュタグが丁度いいんです。

おわりに

インスタグラムは、投稿内容によっては一歩間違うと「自意識過剰」と思われることだってあります。ただ思い出のアルバムなんで投稿したいものは我慢せずにドンドンあげるべき。

そのうえで、このコラムでお伝えしたコツをプラスしてみてください。自慢系や自意識過剰系が連発すれば、男ウケだけでなく、ちょっと感じ悪いでしょうしね(笑)。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事