2018.06.30

私はこれで気づいた!きっかけとなった「彼の浮気サイン」

“自分の彼に限って浮気なんてするはずない…!”
本当にそうでしょうか?恋に落ちるのは偶然だし、一瞬。どんなに誠実な彼だってひょんなことから浮気にはまってしまうことだってあるかもしれません。最近、なにか変わった様子はありませんか?ここで一度、彼の言動を振り返ってみてはいかがでしょう?

今回は浮気を見事見破った20代女子に「彼の浮気サイン」をうかがってきました。

・SNSのタグ付け拒否

「友達との飲み会はFBでよくタグ付けされてるのに、私が彼をタグ付けしようとすると全力で拒否してきた元カレ。公認の仲だったから、ただ恥ずかしいからなのかな…と思ってたんだけど、探ってみたら毎回コメントする怪しい女を発見!どうやらその子に乗り換えようとしてたらしい」(24歳/受付)

SNSをそもそもしない、タグ付けは誰ともしないというなら頷けますが、友達は良いのに、一番存在が身近な彼女との接点を拒否するのはやや不信感…。さらに職場内で隠れて付き合っているというならまだしも公認の仲なのに、となるとだれか特定の相手に見られたくないのでは?と疑う余地がありそうです。

・服の系統がかわる

「B系っぽい服を好んでたはずの学生時代からの彼が急にキレイ目な格好をするように。社会人になったから?と思ってたんだけど、LINEをのぞいたらキレイ目ファッションの女子との2ショットがわんさか…。問い詰めると2か月前から2股かけてたと自白してきた」(22歳/美容師)

自分のこだわりがあるおしゃれさんなら簡単にファッションは変えないはず。ファッションに興味がないのなら、これまたわざわざガラリと路線を変えることはないはず。それなのに、急に服の好みが変わったというのなら、“誰か”の影響があると見て間違いなさそう。
特にそれが女子うけしそうなファッションなら、黒の可能性が極めて高い気がします…。

・急に態度が変わる

「同棲してた元カレが帰宅直後に急に甘えたり、かと思えば『味噌汁が冷たい!』と急にぶちぎれたり…。コロコロかわる機嫌におかしいと気づいて探ったら案の定、浮気。浮気相手とのその時のテンションで私に甘えたり、あたったりしてたっぽい」(28歳/銀行)

浮気の罪悪感から急に優しくなったり、甘えたり…というのはよく聞く話ですが、すり寄られると悪い気はせず疑うよりもほだされてしまうんですよね…。
逆にすごいテンションで怒られると、こっちが何か悪いのか…とか相手がないか情緒不安定なんじゃないか…とただただ心配で、あまり浮気と結びつかないんですよね。
もちろん、急に仕事が忙しくなって、とか悩みが勃発して情緒不安定になることはあり得ますが、そういった原因がないのなら浮気を疑ってみてもいいのかも。
新たな彼女との関係に一喜一憂してそのテンションがあなたに波及している可能性大です!

・見慣れない小物が増える

「元カレの浮気に気づいたのは小物の変化!遠距離でたまにしか会えなかったんだけど、行くたびにちょこちょこ新しい小物が増えてるの。置物とかキーホルダーとか、最後の方には彼が見慣れないペンダントをしてて、さすがに…と思って問い詰めたら黒だった…」(26歳/旅行)

何かを収集しているコレクターでもない限り、置物やキーホルダーなどの小物をわざわざ買う男性って、そうそういません。それなのに、ある時期からちょこちょこ増えてるとなると、誰かとデートしたときに買ったとか、ほかの女からのプレゼントとか。怪しいです。それが彼の興味がなさそうなものなら尚更怪しいです。
どこでどうして買ったのか?いつ買ったのか?根掘り葉掘り聞いてみてはいかがでしょう。

・急な家デートを嫌がる

「前はお金かからないし、まったりできるしで、彼はお家デートが大好きだったんだけど、ある時期から、私が急に家に来るのを拒むようになって。『今から家に行っていい?』と聞いたら、『勝手なこと言うな!こっちにもプライバシーがあるんだ!』とガチギレ。怪しいと思って押しかけたら、家に見知らぬ女が…」(24歳/不動産)

一人でゆっくりしたいこともあるのかもしれませんが、怒って拒否するあたりが来られてはまずいと自白しているようなもの。少しでも怪しいと思うのなら、「来ちゃった!」と空気が読めないふりをして偵察にいくのもありです…。

おわりに

彼女ポジション=安泰だと彼の観察をおこたれば、あとで大きく傷つくことになってしまうかも…。性善説にたって彼を妄信していては気づける浮気も気づけなくなってしまいます。これらだけで浮気確定!と判断することは難しいですが、これだけの変化があれば疑ってみてもいいのかも。心配したり疑ったりするのも愛情のうち。浮かび上がった疑念を見て見ぬふりせずに探りを入れてみて。黒なら早くわかるにこしたことはないでしょうし、白ならもっと晴れ晴れとした気持ちで彼との恋愛を楽しめるようになると思いますよ。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事