2018.06.29

彼との距離を深めたいなら、こんな「絆の深まらないコミュニケーション」はNG!

こんにちは、美佳です。

「合コンやデートにはよく誘われるのに、なぜか進展しない…」というお悩みの女子いません?けど、「誘われる」ということは、あなたの印象は OKなんです、きっと。
意中の男子と距離が縮まらない原因は、おそらくコミュニケーション。

意中の彼と心の距離を縮める、さらには交際後彼とホットな関係を築くためにもコミュニケーションは大事です。
なので、恋愛においてまず第一に、距離の縮まらないコミュニケーション、関係がギスギスしちゃうコミュニケーションは避けるべきかと。

そこで今回は、避けたいコミュニケーションを3つ述べたいと思います。

■つまらない話は繰り返さない!

学校でも会社でも、誰かが前に話したことと同じ話をし始めたら『あー。また始まったー…』『またその話』って、ちょっとうんざりしません?正直、同じ話ってつまらないですよね。

同じ話がつまらないと感じるのは、学校や会社だけでなく恋愛でも同じ。
まぁ、楽しかった思い出話、例えば楽しかったデートの話や、二人で行った旅行の話などをたまーに写真を見ながらするは楽しいし、『これからも彼女(彼)のこと大事にしよ♩』と、どこか温かい気持ちになったりもしますが、共有できない話、ただの自慢話、過去の喧嘩の原因をむし返すような話は超絶つまらないです!

つまらない話を繰り返すって、有意義なコミュニケーションではないですよね?むしろ雑談以下です。彼との絆を深めたいなら、過去のつまらない話は蒸し返さない方がいいですよ。

なのでデート(特に交際前のデート!)では、以前のデートで話した内容はなるべく避け、新鮮な話題を☆

■決め付けて話すのは相手に価値観を押し付けているのと同じ

「〇〇ちゃんって内向的だよね」とか「絶対その髪型は合わないって!」と決めつけて話してくる相手にイラッとしたことないですか?
よっぽど相手が自分のことを理解してくれている、且つ自分も相手を信頼している場合なら決めつけ発言であっても相手の言葉も耳に入りやすいのですが、そこまでお互い理解できてないし、しっかり信頼関係もできてない状態での決めつけ発言は、関係の破壊活動と同じかと。

決めつけで話されるのは、価値観を押し付けられたみたいでどこか心地悪いもの。彼と信頼関係がしっかり築けているならまだしも、まだ不安定な関係なら決めつけ発言は、二人の関係をもっと不安定なものにします。
なので、合コン等で「〇〇君、絶対草食系だよね」なんて決めつけで言わない方がいいですよ。

■自分の意見のないまま否定しない!

相手の意見を頭ごなしに否定するのは、どこか幼稚なコミュニケーションです。
もし、相手の意見が自分の意見と違っても「うん。そうだね。そういう意見もあると思う。でも私は」と、一旦相手の意見を受け入れてから自分の意見を述べたほうが、相手も聞く耳を持ってくれます。

女子の中には彼の意見や提案に簡単に「それは違う!」とか「いやだ」とか「ムリ」と、否定だけして自分の意見を述べない人もいるのでは…?
否定をするのは簡単です。けど否定をするのなら相手が納得できるように自分の意見も一緒に述べるべきです。
否定プラスアルファがないと、二人のコミュニケーションはアップデートしないですよ?もし、デートや合コンで相手男子と意見が違っても、頭ごなしに否定しないように!

■終わりに

彼との仲をも左右するコミュニケーション。
ただ話せば自動的に距離が縮まるというものではありませんから、上述3つは意識して控えたほうがいいですよ。
「合コンやデートは誘われるけど、次につながらない!」という女子、ちょっとコミュニケーションを改めてみるのはいかが?(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事