2018.06.22

同棲生活で「彼女どころか家政婦状態」になってしまう理由と解決策

彼のためにご飯をつくり、彼のために掃除と洗濯、寝る時間もバラバラで、夜の生活は「彼がしたいときだけ」などなど…。同棲しているのにろくに話もせず、彼との関係がまるで「彼の家政婦」と化しているなんてことはありませんか?今回は、そんな状況に陥りがちな女性の特徴と、そこから抜け出す方法をご紹介します。

■彼氏を甘やかす

当たり前ですが、まさに家政婦のごとく家事をほとんど女性がやってしまうと、彼が甘えてしまうのは当然です。また、「彼が家事をやっても遅いし中途半端」と感じて結局「自分がやったほうが早いし確実」と考え、彼に「やらなくていいよ」と言っていませんか?彼のためと思ってやっていることですが、彼のやる気をわざわざ潰しているだけ。本当の意味で彼のためになっていません。

彼のためを思うなら、家事を分担し、彼に役割を与えてください。また、彼のできが悪くても指摘したりせず、「すごいありがとう!助かった!」とほめてあげましょう。そしてそのうえで「こうするともっと助かる」とアドバイスするのがコツです。

■彼氏にはっきりものが言えない

「彼に言いたいことが言えない」というのも特徴のひとつです。もともと性格がおとなしくて口にしづらい、というタイプの女性は、LINE、手紙などで伝えてみるのも手です。

性格的なもの以外だと、「立場が彼のほうが上」というパターンもあります。例えば、彼のほうが高収入で、金銭的な負担の割合が異なる場合など。彼に負い目を感じていると、立場的になかなか言い出しにくいということもあると思います。

しかし、だからといって家事をすべて女性側がやる必要はありません。明らかに不公平な場合、言うべきことはしっかり言いましょう。家事は仕事の負担と同じだと考え、プラスしてお互いの家で過ごせる時間も鑑み、バランスを調整するのがコツです。例えば、同じぐらいの時間家にいるとして、金銭面の負担割合が7対3なら、家事は3対7にすることで公平になります。

■簡単に別れられない理由がある

もしかして、彼との別れが怖くて言い出せないということはありませんか?多いパターンとしては「結婚を考えるなら年齢的にも彼が最後のチャンス」というような状態です。別れられない、または別れるのが怖いので、どうしても嫌われないように努めてしまう女性も多いでしょう。
ただ、今のままでは不満だけがつのり、仮に結婚してもうまくいかない可能性が高いといえます。ある程度覚悟を決めて対応しないと、状況はどんどん悪化する一方でしょう。

おわりに

同棲時点ですでに家政婦状態なら、結婚後も同じかさらに悪化するでしょう。「今だけだから」とがまんしようとするのは間違いです。早めに考え、早めに行動することが現状から抜け出すためのポイント。一刻も早く手を打ちましょう。(水林ゆづる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事