2018.06.06

「出会いなーい」が口癖になってない?運命は自分で切り開け!

毎日毎日、会社と自宅を行ったり来たりするだけの日々。仕事は忙しいし、ちょっと「いいな♡」と思った人には既に彼女がいるし、素敵な出会いなんてありゃしない!……なんて自暴自棄になっていませんか?そんなあなたに、運命を切り開くためにできること、お伝えします!

◆待ってるだけで出会いがやってくる?

大・大・大前提として、ただなんとな~く日々を過ごしているだけでは、出会いが向こうからやってくるなんてことはありません。道を歩けばイケメンとぶつかる。それは、ドラマの中だけの話。

「そんなことわかってる!でも……」

ドラマみたいなミラクルじゃなくたっていい。普通に誰かと出会って、普通に恋をして、普通に結ばれて、幸せになりたい!

もし、あなたの願いがそうなら、出会いを求めて自らアクションを起こしていくしかありません。待っているだけで幸福が向こうからやってきてくれるほど、人生は甘くないのです。

◆幸せへの第一歩!まずやるべきことは?

とはいえ、「出会いを求めてがっつくのって、なんかみっともないしダサい……」そんなふうに思っていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。むしろ「出会いなーい」「どこかにいい人、いないかなぁ?」なんて愚痴ばかりを並べて、そのくせ何の行動にも移さない人の方がよほどみっともないし、ダサいです。

何かを得たければ、まずは行動あるのみ!です。では、具体的にどんなステップを踏んだら良いでしょうか。

○合コンや街コン、婚活パーティーなどへの参加

餅は餅屋。出会いは出会いを提供するイベントです。ということで、ありきたりではありますが、友達に声をかけて合コンをセッティングしてもらったり、街コンや婚活パーティーへ積極的に参加しましょう。一度の参加で当たりを引こうと思わずに、複数回チャレンジすることが大事です。

こういったイベントを敬遠してしまう人もいますが、ひと昔前のいわゆる「お見合いパーティー」に比べて、格段に参加しやすくなっています。それに、イベント自体も楽しめる内容に変わってきています。

ガチで婚活!というものから、比較的ライトな恋人、お友達を探す感覚でカジュアルに参加できるものまで幅広くありますので、自分のスタイルに合ったイベントを探してみましょう。

特に街コンの場合は参加人数が多く、同性ペアで参加するものが多いです。出会い系のイベントデビューには、おすすめできますよ。

○条件を絞りすぎない

「何度も出会い系イベントに足を運んでも、なかなか良い人に出会えない。なんで?」という場合、相手に対して理想が高すぎないかを再確認した方が良いでしょう。

たとえば年収は○万円以上、職業は安定の公務員、義両親との同居は絶対に回避したいから長男はNG……などですね。

もちろん、誰しもが絶対に譲れない条件を持っているでしょう。出会いのために、すべてを妥協すべきだとは思いません。

しかしだからといって、あれもこれもと条件を足していって選択肢を狭めては、出会えるものも出会えませんよね。そもそもそんな優良物件は、とっくに買い手がついているものです。

マストな条件はせいぜい一つまで、あとはすべてベターで。そういった考え方をすることで、結果的に良い出会いに恵まれる可能性はグンと高まります。

◆意識を変え、行動を起こす。それが出会いを運んでくる

「出会いがない」といくら嘆いても、空から素敵な出会いは降ってきません。

それならどうするか?出会いを求めて、自分からアクションを起こすほかありません。

「ガツガツしているみたいで恥ずかしい」という気持ちは、この際きれいサッパリ捨てましょう。欲しいものがあるのに、行動せずに愚痴ばかり言っている方が、よほど恥ずかしいことだからです。

まずは意識を変え、そして行動につなげる。そこから着実に、素敵な出会いへの道がつながっていくはずです!(七尾なお/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事