2017.11.16

「一緒にいない時間」こそが、ふたりの信頼と愛情を深めるとき

好きな男性とは、いつだってずっと一緒にいたい。

その気持ちはとても素敵ですしとても大事ですが、本当にずっと一緒にいると、やっぱり窮屈さを感じることもあるもの。

その窮屈さが苦痛に変わってくると、「どこかへ逃げ出したい」という考えも芽生えてくるのです。

単に「会いすぎると飽きる」というよりも、「一緒にいない時間」で愛情が育つのです。

■「一緒にいない時間」に大切さを知る

「別れてみて、初めて彼女の大切さを知った」。
彼女と別れた後に、そうしみじみと感じるという男性はとても多いです。
一緒にいるときにはわからなかった彼女の存在の大きさを、ひとりになったときに初めて実感したからこその言葉なのでしょう。

ずっと一緒に過ごしていると、どうしても相手の悪い面が目につくようになるし、そうやってマイナスイメージが強くなると、さらに悪い面ばかりをあら探しするようになったりもします。

でも、一緒にいない時間には、相手の存在のありがたみや重要さを知ることができる。「彼女のいい面」を認識することができる時間が、一緒にいない時間でもあるのです。

■「好き」という感情にも気づける

また、一緒にいるときは一緒にいることが当たり前になりますし日常にもなるので、そこからマンネリを感じ始めてもしまうもの。

「愛している」とか「好き」という感情に気付かない空間では、「本当に好きなのかな?」とか「このままでいいのかな?」なんて考えが頭に浮かんだりもするのでしょう。

ただ、「一緒にいない時間」を持ってひとりになることができれば、素直に「好き」という気持ちに気づけたりもしやすいです。
一緒にいるときには恥ずかしくてフタをしていた感情を、少しだけ解放することができる時間でもあるのでしょう。

■「信頼関係」も深めることができる

「一緒にいない時間」を持つことは、お互いに信頼し合っているからこそできること。

「自由な時間を与えたりしたら浮気をされるかもしれない」と疑ってばかりいたら、信頼関係なんて築けません。それがわかっているからこそ、ひとりの時間を与えてくれる彼女には、男性も大きな絆を感じるのです。

自分を信頼してくれている相手には、愛情を感じるし、自分にとっても信頼できる相手となります。そして、「一緒にいない時間」があっても、お互いを疑ったり、裏切ったりすることがなかったふたりは、さらにその信頼を深めます。

一緒にいることだけに幸せを感じるのではなく、一緒にいないときに信頼や安心を感じることができる関係性になれたら、ずっと愛情も持続するはず。
そして、そんな彼女のことは、男性は軽い気持ちで裏切ったりはできないものですよ。

おわりに


「会えない時間にこそ愛情は深まっていく」とよく言われますが、そこに気づけるかどうかが重要でしょう。

「一緒にいない時間」もお互いに持つことは、愛情を再確認できる時間にもなるでしょうから、とても大事なものですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事