2017.03.22

私たちがワンナイトの関係から恋をはじめることができたわけ

よく「付き合う前にエッチをしちゃったら、彼のセフレになって終わり」なんて言いますよね。でもエッチをきっかけに、本気の恋に発展した男女も存在するようです。
そこで今回は「エッチから恋をはじめることができたワケ」について20代女性に話を聞いてみました。

1.身体の相性が良かった

「男友達とエッチをしちゃったんだけど、ビックリするくらいお互いに気持ち良くて。『もうこのまま付き合っちゃおっか~』って話になって、彼と恋人になりました。」(25歳/アパレル)

エッチをしてみたら思いのほか相性があったので、そのままお付き合いをスタートさせたとの意見。たしかにこれならワンナイトラブで終わることもなく、カップルとしてのスタートをきれそう。でもこればかりはエッチをしてみないとわからないことなので、対策のしようがないですよね。「私のエッチで彼を虜にする自信がある!」という人にしかおススメはできないかも…。

2.お互いになくてはならない存在になれた

「職場の先輩と身体の関係になってしまいました。でもその後も仕事では支え合ったり、プライベートでは悩みを共有し合ったりしていたんです。そしたらお互いにいなくてはならない存在になれて。いまでは正式にお付き合いをしています。」(24歳/事務)

身体だけでなく心から必要とされる存在になれれば、彼のセフレになることを回避できるでしょう。エッチをしてしまった後でも、彼にとって特別な女性になれるように振る舞ってみましょう。彼から「ずっと一緒にいたい」と思ってもらえれば、自然とお付き合いに発展するかもしれません。

3.彼がほかの女性に振られた

「彼女持ちの男性とセフレ関係になってしまいました。でもずーっと耐えていたら、ある日彼が振られちゃったみたいで。そしたら彼から『やっぱりお前が一番だ』と告白してもらえました。」(20歳/大学生)

彼が本命に振られたから、セフレの自分に彼女枠が回ってくる。これは良いのか悪いのかわかりませんが、現実に一番よく聞く話でもあります。でもたとえ付き合うきっかけが「2番目からの繰り上がり」だったとしても、その先彼とラブラブでいられるのならアリなのかもしれません。エッチをしてしまったあとでも、彼の恋の状況によっては少し様子を見てみても良いかも。

4.エッチ後に冷たくしていたら…

「気になっていた彼とお酒の勢いでベッドイン…。これはやっちゃったなぁと思って、あえて彼を避けていたんです。そしたら向こうのほうから『最近冷たくない?』と気にかけてもらえるようになりました。」(22歳/大学生)

好きな人とエッチをしてしまったら、焦りのほうが先行してしまいますよね。だからといって必要以上に彼に迫ったり、彼女面をするのはNG。男性はあなたの存在を負担に感じ、逃げて行ってしまいます。ここはあえてちょっと冷たく接するくらいのほうが、彼に気にかけてもらえる可能性があがるはず。駆け引きをうまく利用してくださいね。

おわりに

彼と身体の関係を持ってしまったとしても、その後の対応によっては彼女に昇格できることがあるようです。
とはいってもエッチからの恋はリスクも高いため、できることなら避けるようにしましょうね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事