2017.03.15

ヨレヨレダボダボはNO!男ウケしないニット・セーターの着こなし

まだまだ寒いこの時期。男性に人気のニットやセーターは、とっても重宝しますよね。これから春先の時期にも薄手のものが活躍するはず。
ニットやセーターの柔らかい素材は、男ウケがいいアイテムの代表と言われています。しかし、実は意外と見られているのがその着こなし方。ニットやセーターを着るときに注意すべきポイントについてご紹介します。

1.毛玉が付いている

ニットやセーターにつきものなのが、毛玉。小さなものでも、意外と男性は見ていますよ。お気に入りのデザインだと、ついついヘビーローテーションしてしまうでしょうから、たくさん着ることで、毛玉が付いてしまうのは仕方がないこと。しかし、それを放置してしまうと、男ウケしないニットやセーターになってしまいます。せっかくの素敵なニットやセーターを、毛玉で台無しにしてしまってはもったいないですよ。毛玉取り専用の機械などを使って、こまめにお手入れしましょう。

2.黒ずんでいる

ニットの黒ずみは、清潔感が損なわれてしまって男ウケしない可能性大です。ざっくりとしたニットやセーターからのぞく、華奢な指先やデコルテラインは、男性からの注目を集めやすいポイント。そんな袖口や首回りに黒ずみがあると、男性はガッカリしちゃいます。特にホワイトやピンクなど、明るいカラーのニットやセーターは黒ずみが目立ちやすいので注意しましょう。色柄物でも安心な漂白タイプの洗剤を使うなどして、ニットやセーターをキレイに保って、清潔感あふれる着こなしを意識してくださいね。

3.伸びている

ニットやセーターが伸びてしまっていると、だらしのない印象に見られてしまいます。特に首周りは注意が必要。特に、頭の出し入れをする首周りは一番伸びやすい箇所です。ざっくりデザインのゆるめニットは、女性が華奢に見えやすく男性からは好印象ですが、伸びているのはタブーなので気をつけてくださいね。お気に入りのものかもしれませんが、同じもの・似たものを適度に買い替えるようにしましょう。

4.穴が空いている

ざっくり編んであるタイプのニットやセーターは、着ているうちに網目が偏って、穴が空いているように見えることも。そんなニットやセーターは、男性から見てガッカリなポイントになりかねません。本当に穴が空いている場合は、そこからほつれて、どんどん穴が大きくなってしまう可能性があるので、着る際にしっかりと穴が空いていないかチェックしてくださいね。穴の空いていない上品なニットやセーターの着こなしで、デートを楽しみましょう。

モテ着こなしを意識しよう!

女の子の魅力を引き出してくれる、ニットやセーター。清潔で、お手入れが行き届いたものをチョイスしてお出かけしてくださいね。見られていないようで、実は見られているかもしれませんよ。(chika/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事