女性なら誰しも「小顔」に憧れますよね。ムダなお肉のない頬にシャープな輪郭。もし、小顔だったら…。ハイネックも似合うし、キャップやニット帽などおしゃれの幅も広がるのに・・・と考えたことはありませんか?毎日マッサージをしてもなかなか顔のお肉って落ちないから悔しいですよね。ですが、メイクで「小顔」を手に入れることができれば毎日のメイクも楽しくなりますよね。顔に立体感を与えることで、小顔に見せることができます。いつものメイクに少し手を加えるだけで、小顔を手に入れることができれば自信がつくこと間違いなしです。

オネェ芸能人から学ぶ小顔メイク



オネェ芸能人で有名なはるな愛さんは、おでこの生え際やもみあげの部分を埋めるように塗り小顔に見せているのは有名な話ですよね。顔に影があるのとないのでは全然違ってくるので、はるな愛さんの小顔メイクには衝撃を受けたことを覚えています。


ここで重要なのは、小顔に見せるためには「シェーディング効果」を使うこと。



ブラウン系のシェーディングパウダーを大きめのブラシにのせ、フェイスラインに沿っていれていきます。注意したいのがつけすぎてしまうと、首の顔との色の違いが目立ってしまい効果が出なくなってしまうこと。ですので、バランスを見ながら少量ずつのせていきましょう。


シェーディングの効果をより高めるためにハイライトで肌に光を出します。頬やTゾーンに入れると、立体感がでるので若々しい顔になります。シェーディングとハイライトは一緒に使うことで、それぞれの役割を果たすのです。光と影を利用する事で立体的な顔をつくり小顔効果を発揮します。



同じような方法でもうひとつ、ファンデーションを使って出来るものもあります。いつも使っているファンデーションと1トーン暗いファンデーションを準備します。そこで、普段通りにファンデーションを顔全体に塗った後に、1トーン暗いものを少量、顔の影にしたい部分にのせていきます。


つける位置はシェーディングと一緒でおでこの生え際や顎・フェイスラインになじむように塗っていきましょう。自然にグラデーションが出来て小顔に見せることができます。


小顔に近づく「立体感メイク」



アイメイクは視線を目に集中させるために華やかなメイクを心掛けましょう。パールやラメの入ったアイシャドウを使うと華やかな印象になります。グラデーションで、顔の中心に視線がいくようにアイメイクをしていくと印象が変わります。


アイライナーはまつ毛の隙間を埋めるようにし、目尻を跳ね上げると横に幅が広がるので、小顔効果を期待できます。目の際には、濃い色で締めましょう。ただし、太すぎや長すぎは逆効果となるので、一度自分の目の形と、どのように演出したいのかを把握する事が近道です♪



まつ毛のポイントは目を大きく見せることなので、マスカラで1本1本をのばすような感覚でふさふさまつ毛にしましょう。塗りすぎないように、マスカラを使用する前は一度ティッシュで軽くふき取るとダマになりにくくなります。付けすぎはまつ毛を下げてしまう事が多いので、乾いたらまた付けてバランスを見ましょう♪


つけまつげをつける場合は、黒目のちょうど上の部分にボリュームがあるものだと黒めが大きく見えます。また、涙袋をつくるだけでも小顔に近づきます。



アイシャドウはピンクやベージュなど肌なじみのよくラメが入っているものを準備します。薄いラベンダーカラーを使用すると透明感のある涙袋をつくることも可能。目の下にふんわりとつけるだけで、ぷっくりとした涙袋を手に入れることができます。


あまり色が濃すぎたりラメが強すぎてしまうと、一昔前のギャルメイクになってしまうので、つけすぎないようにしましょう。



何気なくつけているチークにも、実は小顔メイクが隠されているのです。チークをつける位置は、頬骨からこめかみに向かって入れます。まるく入れてしまうと顔が膨張されて見えてしまうので気をつけたいところです。


頬にチークを入れた後に、顎にもサッといれると小顔効果が期待できます。両頬と顎で逆三角形のトライアングルがに見えシャープな輪郭を作りだせるのです。



最後はリップメイクです。近年多い赤リップだけを使用するのでは、せっかくのメイクバランスも崩れてしまいます。リップはチークと似たようなカラーを使用すると失敗しにくいです。


ただ塗るだけでなく、ちょっとしたひと手間でリップライナーで唇の形を描くだけで、シャープやセクシー、可愛いといった印象の変化を与えることが出来ます。



いかがでしたか?顔の形の理想と言われているのが「たまご型」。まずは自分の顔の形がどのタイプかで、シェーディングやハイライトの位置・アイメイク・唇の形を調節してみましょう。


「難しい!!」と思われがちですが、コツを使えば簡単に小顔に見せる事は可能です。チャレンジして楽しんでメイクしてみましょう♡



<監修者情報>


【カシワバ マリコ】


監修者情報

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー


1982年、札幌生まれ。学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。


【取得免許】メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級


【主な活動】札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト