梅雨のシーズンは湿気の多さと汗のかきやすさが合わさって、とにかくメイク崩れが気になりますよね。ですがそのメイク崩れ、メイクをする時のちょっとしたポイントでかなり防げるってご存知でしたか?今回は、梅雨の時季に注意したいメイクポイントと、外出先でもささっとできるメイク直し術をご紹介します!

1. 朝のスキンケアにメイク崩れのワナが!



朝、メイクをする前に洗顔〜保湿までをしっかり行なっている人は多いと思います。もちろんそれは過剰な皮脂の分泌や乾燥を防ぐためにも必要なケアですが、保湿をしてすぐにファンデーションを塗ってしまってはいませんか?
これはメイク崩れの原因に。必ずハンドプレスなどをしてしっかりとお肌に保湿成分を浸透させてからベースメイクを行うようにしましょう。


2. ファンデーションの前には下地を


<商品名> ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地/2,800円(税抜)


保湿が終わってすぐにファンデーションを塗るのはもちろんのこと、お肌にそのままファンデーションを塗ってしまうのもNG。必ず化粧下地をつけるようにしてください。
化粧下地をしっかりお肌に塗り込むだけで、化粧の持ちは大幅に変わってきます。


また、下地も適当に塗るのではなく、スポンジなどを使ってしっかりと塗り込むのが大切です。
そして、ファンデーションはできる限り薄く塗るようにしましょう。梅雨の時季だけは、ファンデーションを使わずにBBクリームやCCクリームのみで仕上げるのでもOK。必要以上の厚塗りは、メイク崩れの原因になりますので要注意を。


3. メイクが崩れてしまった!どうする?



どんなに朝のスキンケアやベースメイクに力を入れても、メイクが崩れてしまうことってありますよね。そんな時は下記のポイントを守って、簡単にメイク直しをしましょう。



①メイクオフはティッシュを使う



よれてしまったファンデーションや浮いてきた皮脂をオフするためにあぶらとり紙を使う方も多いのではないでしょうか。
実はあぶらとり紙、皮脂がたっぷりと取れる分、お肌に必要な分の皮脂までとってしまい、かえって乾燥を招く原因になってしまうことも。
メイクオフをする時は、ぜひティッシュを使うようにしましょう。よれてしまったファンデーションもしっかり落とせますし、皮脂もほどよくオフしてくれますよ。



②ミストを使って水分を与える



メイクをティッシュでオフしたら、次は失ってしまったお肌の水分を補給します。
アヴェンヌウォーターなどのミストタイプの化粧水をお肌にかけ、手のひらでプレスしながらお肌に水分を与えましょう。ミストタイプなら目元のメイクが崩れる心配もありません。



③おしろいでささっとメイク直し
 


再度下地〜ファンデーションまでをもう一度丁寧につけるのはとっても大変。メイク直しは、粉おしろいで簡単に済ませちゃいましょう。
軽くメイクをオフしたとはいえ、まだまだしっかりとファンデーションも下地もお肌に残った状態ですので、上からぽんぽんとパウダーを乗せてあげるだけで十分にメイク直しができますよ。



いかがでしたか?
ポイントさえ抑えていれば、梅雨のメイク崩れも怖くはありません。ベースメイクをしっかりするだけで、メイク崩れはかなり防ぐことができますよ。それでもやっぱり心配という人は、もしものためにメイク直しに必要なミストとおしろい、ティッシュをしっかりポーチに忍ばせておきましょう♪