美容師さんに聞いた!美容院でのOK・NGアクションとは

美容室の待つところ

美容院に行くときの服装や、シャンプー中、カラー中の行動に気を使ったこと、ありますか?実はよかれと思ってやっていた行動が意外とNGだったり、私たちが知らない事実があるんです。こんなときはどうすればいい?どんな振る舞いが正解?美容師さんの本音とともに、美容室でのOK・NGアクションを紹介していきます!

 

 

 

着ていく服やスタイルのOKとNG

いつも美容院にはどんな服装で行っていますか?実はその日のコーディネートが、美容師さんがヘアスタイルのテイストを考える大事なポイントになっているんです。

カット台と鏡

 

OK▶︎好みのテイストが分かる服装

普段通りの、自分が好きな服装で行くのが美容師さん的にもありがたいみたい。

 

「その人の普段のコーディネートやメイクの雰囲気を見てテイストを考えることが多いので、いつも通りがベストです。パッと見て”どんな雑誌が好きか”、”どこで買っているのか”などもリサーチしていますよ。」との返答が。ピアスはしていってもOKですがカット前に外してもらうことが多いそう。

 

 

NG▶︎手抜きコーデや厚手のパーカー

どうせ髪を切りに行くだけだし…と適当な格好で行ってしまうのはNG!

「ノーメイクやスウェットコーデは避けてもらいたいですね。いわゆる”お家スタイル”はその人のテイストが読みにくいので、似合うヘアスタイルを提案するのが難しくなるかも。」

 

そして、最大のNGは厚手のパーカーなんだそう。「襟足が切りづらいんです…脱いでもらうわけにはいかないのでちょっと大変なんですよね。」ということなので、フード付きのトップスは避けるのが正解です。他にもローゲージのニットは毛が入り込んでしまうので、気になる人は着ていかないことをおすすめします。

 

 

 

シャンプー中のOKとNG

シャンプー中、どう過ごしていますか?寝ているという人もいれば、ずっと目を開けているという人も…よかれと思ってやっていたことがNGだと知って衝撃を受けました。

シャンプー台

 

OK▶︎気にせずリラックス

「目を開けていても寝ていても、どちらでも気にしていませんよ。リラックスしていてOKです。美容師さんが頭の後ろに立ってシャンプーをする際はガーゼをかけず、横に立ってシャンプーをする際はガーゼをかけるなんて違いもありますよ。」

 

と教えてくれました。ガーゼ有り無しの違いはそこだったんですね。

 

 

NG▶︎首に力を入れる

首辺りを洗ってもらうとき、頭が重そうだから…と力を入れている人、いるんじゃないでしょうか。

 

「首辺りを洗うときに手で首を持ち上げますが、首が軽いと洗いづらいんです。首の重さを手で受けて洗う感覚が備わっているので、力を入れられてしまうと洗う際に背中側に水が入ってしまうような感覚になってヒヤリとします。」

 

これは意外な真実かも。首の力は抜いて美容師さんにゆだねましょう。

 

 

 

カット&カラー&パーマ中のOKとNG

いざ席に座ってカット・カラーやパーマをするときにも美容師さんならではの感覚がありましたよ。

美容室の席

 

OK▶︎自由に過ごす

「カット中は基本的には雑誌を読んでも携帯を見ていてもOK。昼寝をするほどリラックスしている人もいますよ。カラーやパーマ中は液が垂れないようにタオルなどでしっかりガードしているのでご心配なく!自由に雑誌を読んだりしてお過ごしください♪」

 

 

NG▶︎下を向きすぎ

「前髪やラインを決める時は首が下がり過ぎていると誤差が出てしまうので、”ちょっとだけ前を向いてもらえますか?”と言われたらしばし顔を上げてもらえると助かります。ただ、ストレートネック気味の人は首からガクッとうなだれてしまうと切るのが難しいですね〜。」

 

最近ではスマホが原因でストレートネックになっている人も多いので気をつけないといけないですね。ショートからミディアムの人はその影響がもろに出るので気をつけましょう。

 

 

 

他にも気になるいろいろを解決!

他にも気になることがいくつかあったので聞いてみました。

ヘアケアグッズの棚

 

美容師さんとのトークはするべき?

「美容師さんに話しかけられるのが苦手という人多いみたいですね。無理にトークはしなくてもいいと思いますよ。いつも通りの自分でいればいいので、無理に背伸びしたりしなくてOKです。」

 

ただ、髪の毛のプロならではの情報を聞くチャンスでもあるので髪の毛の悩みや疑問などあったら聞いてみるのもいいですよ。美容師さんの中にはメイクに詳しい人も多いので、知りたかったことを教えてもらえるかも♡

 

 

髪のセットを自分からお願いするのはアリ?

「美容師さんの中には、今回はナチュラルに仕上げよう!というフィーリングであえて巻かないこともあるんですよ。言い出しづらいと思うので、そんなときは”普段は巻いてるんです”とか”なんかいい巻き方とかありますか?”みたいな言い回しをしてくれると勘付きます。もちろん単刀直入に言ってもOKです。」

 

自分から言ってもいいんですね♪美容院のあと出かける予定があるとセットしてもらえるのはとてもありがたいので、気にせず伝えてみましょう。

 

 

 

美容院で気分よくきれいになりましょ♡

美容院に行く目的にもパターンがあって「美容院を楽しみにしている人」「セルフプロデュースの一環として」「伸びた髪をスッキリしたい人」の3つに分かれるそう。美容師さんはそんなところまでしっかりチェックしてくれているんですね。でも、きれいになりたい気持ちはみんな同じ♡美容師さんの意外な本音を知ったらお互いに気分よく過ごせそうですね。

 

 

 

監修

監修者
美容師 齋藤 厚
吉祥寺の東急裏にあるサロン「anmani吉祥寺」のディレクター。”誰でも小顔にするカット”に定評があり、小顔にするための前髪〜顔まわりの理論で多くの顧客を抱えている。女性の”きれい”や”素敵”を引き出すために日々研究し、特に大人っぽいスタイルが得意でメイクもこなしている。