お洒落と一言で言ってもパターンは様々。しかしながら大人感や品の良さ、こなれ感といった要素は外せないポイントです、それを簡単に叶えてくれるのが、同色系でまとめる“ワントーンコーデ”です。難易度が高そうなイメージもありですが、着こなしのコツをしっかり抑えておけば、たちまちお洒落度アップが叶います。それでは早速取り入れたい3つの着こなしのコツをチェックしてみましょう。

ワントーンコーデのコツ① 濃淡をつけてグラデーションで仕上げる

ワントーンコーデを上手に着こなすコツの1つ目が「濃淡でグラデーションを作る」こと。ナチュラルなメリハリ感が出てぼやけた印象になりにくくなります。

出典:WEAR

初心者さんにもトライしやすい組合せが、ベージュ×ホワイトでまとめたワントーンコーデ。バッグやアクセ、そしてシューズまで同系色でまとめるだけでこなれ感をキープしつつ爽やかな印象に仕上がります。

落ち着き感たっぷりのワントーンコーデならベージュ×ブラウンの組合せで。

出典:WEAR

ベージュにブラウンというと秋っぽい雰囲気になりそうなイメージですが、足元に白を合わせたり、トレンドのPVCバッグを合わせれば涼やかさをさり気なくプラスされます。また、幼い印象になりがちなハーフパンツは、ブラウンをチョイスすることで大人感たっぷりに履けますよ。

ワントーンコーデのコツ② 異なる素材や差し色をプラスする

着こなしのコツ2つ目は「同色系でも異なる素材を合わせたり、小物で差し色をプラスする」ことです。

出典:WEAR

サラッとした印象のベージュのロング丈ワンピにリブ素材のホワイトレギンスをレイヤードするとバランス良い今感たっぷりのスタイルに。また、足元に差し色のカーキ色サンダルを合わせることで全体の印象を引き締め、野暮ったさを回避することができますよ。

ワントーンコーデのコツ③ 肌見せで抜け感を演出

これからの季節にもポイントとなる3つ目のコツは「肌見せして抜け感を演出する」ことです。

出典:WEAR

ロングカーデとロングスカートのセットアップで作るブラックトーンスタイルの場合は、首元をスッキリとさせたり、程良く素足が覗くサンダルを合わせると清涼感を出せます。また、リネン素材のアイテムやカゴバッグなどで季節感を出してあげると、ブラックトーンでも重たい印象になりません。

全身をベージュで統一させたワントーンコーデは落ち着き感のあるナチュラルな雰囲気たっぷりですが、肌見せすることで女らしさをプラスできます。

出典:WEAR

Vネックで首回りをスッキリさせたり、足元にバブーシュを合わせることで、女らしさ漂う大人のリラクシースタイルに。また、トレンドでもあるロング×ロングの組み合わせの場合は、ウエストマークするとメリハリが出てスタイルアップした着こなしを愉しめますよ。

自然とこなれ感が出てお洒落度もグッと高めるワントーンコーデ。ぜひ3つのコツを参考にして今季も大人っぽい着こなしを叶えてくださいね。<text:Hiromi Anzai>