福岡の絶対外せない名物グルメ30選

福岡で人気のグルメと言えば、屋台、ラーメン・水炊き・うどん・もつ鍋など、よりどりみどりです。そこで現在、福岡在住のグルメライターが、天神や博多エリアでおすすめの人気店や名物料理を徹底レポートします。もつ鍋(P1)、水炊き(P2)、辛子明太子(P3)、博多ラーメン(P4)、鉄板餃子(P5)、ごまさば(P6)、がめ煮(P7)、とりかわ(P8)、焼きカレー(P9)の順にご紹介します♩

1. 福岡の名物グルメ「もつ鍋」3選

福岡で外せないグルメのひとつつがもつ鍋!という人も多いのでは?しょうゆ味・みそ味・しお味など、いろいろな味のスープが楽しめるのも魅力のポイントです。

ここでは人気店の「やま中」や、住吉神社の近くにある「牛もつ鍋 おおいし」、ランチでも楽しめる「もつ鍋 おおやま」の3店舗をご紹介します。

1. 屈指の名店!「博多もつ鍋 やま中」

場所は地下鉄空港線・赤坂駅から大正通りを南方面へ3分ほど進んだ右手、スーパー・サニー赤坂店の横の階段を上がった2階です。

外観はシンプルで「高校生未満のお子様の入店は、お断りしております」との注意書きが。以前は、現金のみのお取り扱いでしたが、現在はカード払いもOKです。

エントランスは高級感があり、満席の場合に待つイスや照明もゴージャスで、もつ鍋屋さんらしからぬ雰囲気です。ホテルのようなフロント、遊びゴコロのある女子トイレ、階段の踊り場と各所にこだわりを感じます。

総席数は220席ほどで、テーブル席やお座敷、個室を用意。ゆったりとくつろげる個室は掘りごたつで利用料は、3,000円からです。
▽もつ鍋・1人前(税抜1,600円)

人気のもつ鍋は、みそ味・しょうゆ味・しゃぶしゃぶ風の3種類で、2人前から注文できます。あらかじめ軽く煮込まれているので、少し煮込んで味わうことができるのも嬉しいポイントです。

実際に食べた人は「スープがやさしくて絶品、豪華絢爛な店内とのギャップがすごい」「もつがプリプリで奥深い味」「もつの鮮度がいいのがわかる」と感想をもらしています。
【店舗情報】
■店舗名:博多もつ鍋 やま中 赤坂店
■最寄駅:地下鉄空港線・赤坂駅
■住所:福岡市中央区赤坂1-9-1
■電話番号:092-716-2263
■営業時間:17:00~23:30
■定休日:水曜・年末年始
■禁煙・喫煙:不明
■wifi:不明
■個室の有無:あり(有料)
■公式HP:http://motsunabe-yamanaka.com/

2. 人気のもつ鍋に舌鼓「牛もつ鍋 おおいし」

JR博多駅からは徒歩で10分ほど、西鉄バスを利用すると約8分の住吉バス停で下車し目の前です。道路をはさんでスグ近くに住吉神社があります。

大通りに面していますので迷わずたどりつけるでしょう。店舗の外観は和の雰囲気で燈籠横の暖簾をくぐってお店の中へと入ります。

店内は大きな座敷の広間に、仕切りを立てて席を用意。テーブルが26あり定員は104人です。内装は高級感があり、ステキな生け花が迎えてくれますよ。

卓上に置かれるコンロは電子タイプです。客層は地元のサラリーマンやOLはもちろん、遠方からの観光客も多く訪れています。
▽もつ鍋・1人前(税込1,350円)

牛もつ鍋の種類は、みそ味・しょうゆ味・水炊き風の3種類で注文は2人前からです。スタッフのおすすめは、4種類の味噌をブレンドしたみそ味だそう。

「味は濃いめだけどサッパリとした口あたりでおいしい」「このボリューム、さすがもつ鍋の本場・福岡」「最後にちゃんぽん麺を投入するのがおすすめ。味わい深いスープを吸い込んでておいしい」と評判です♩
【店舗情報】
■店舗名:牛もつ鍋 おおいし 住吉店
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡市博多区住吉4丁目8-21
■電話番号:092-476-3014
■営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
■定休日:月曜
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.motunabe-oisi.com/

3. 気軽に楽しめる「博多もつ鍋 おおやま」

JR博多駅から徒歩で約2分、筑紫口側の博多デイトス1階、博多ほろよい通りにあります。店の外には提灯がかけてあり、もつ鍋のおいしそうな画像も。

近隣にはKITTEの9階に「KITTE博多店」、同じくKITTEの地下1階に「カウンターKITTE博多店」、また博多駅東には「博多駅離れ」と姉妹店が点在しています。「KITTE博多店」は団体向け、「博多駅離れ」は接待などにおすすめだそうです。

博多デイトス内の店舗は、どこも賑わっていますが、おおやまは1番奥にありながら昼夜を問わず行列ができることも。店内はテーブル席のみで32席ほど用意されています。

客層は老若男女を問わず、おひとりさまでも気軽に入りやすい雰囲気です。ランチタイムは11時から14時まで。すんなり座る為には開店直後がおすすめです。
▽もつ鍋定食・1人前(税抜1,280円)

もつ鍋の種類は、1番人気のみそ味・ニンニク不使用の水炊き風・しょうゆ味の3つ。通常は2人前からの注文ですが、ランチのもつ鍋定食は1人分を楽しめるのが魅力のポイントです。

食べた人は「もつ鍋は選べて、博多三大珍味のおきうと&辛子明太子・ゆず大根・ご飯 or ちゃんぽん麺と〆までついてお得」「もつたっぷりでおいしい」を感想をのべています。
【店舗情報】
■店舗名:博多もつ鍋 おおやま 博多デイトス店
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス1階(博多ほろよい通り)
■電話番号:092-475-8266
■営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30) ※ランチタイム11:00~14:00
■定休日:なし
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK(ランチタイムは全面禁煙)
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.motu-ooyama.com/

2. 福岡の伝統料理「博多水炊き」

秋田のキリタンポ・東京の軍鶏鍋・京都のかしわ鍋と並んで4大鶏鍋の1つと言われる福岡の名物料理、博多水炊き。澄んだ鶏ガラスープの旨みに魅了される人もいるほどです。

ここでは超人気店の「水炊き 長野」や、博多水炊き発祥の店と言われる「博多水炊き発祥の店 水月」、濃厚なスープが印象的な「金のわらじ」の3店舗をご紹介します。

1. 誰もが絶賛する老舗「水炊き 長野」

地下鉄空港線・中洲川端駅の7番出口から徒歩で約10分、あるいは西鉄バスの対馬小路停留所から歩いて3分ほどの場所に店舗を構えています。古門戸町交差点の近く、青いのぼり&店舗名の看板を目印に向かうとわかりやすいでしょう。

入口には目に心地よい緑が置いてあり、和の落ち着いたたたずまいです。のれんの向こうが玉砂利になっていて、歩いて店内へと進みます。

店内も落ち着いた雰囲気で、どっしりと腰をおろしたくなる座敷や、仲間と気軽に食事が楽しめるテーブル席が用意されています。地元・観光客を問わず人気があるので、直前での予約は厳しいようです。あらかじめ余裕をもって予約を入れておきましょう。

予約して出かけるとテーブルの上には、鍋や料理などがセッティングされています。食べ方はベテランの仲居さんが、丁寧に教えてくれるので一見さんでも大丈夫。ただし、せっかちはいけません。慌てず仲居さんにおまかせしましょう。
▽水炊き鍋 2,400円

接待でおもてなしをする際に、こちらの水炊きを利用する人も多いそう。それくらい間違いない味&接客だと実感されているのでしょうね。

実際に食べた人は「スープを水筒に入れて持ち帰りたいレベル」「他店と比べて肉の量がたっぷりでプルップル」「スープに旨みが凝縮されている」と大絶賛しています。
【店舗情報】
■店舗名:水炊き 長野
■最寄駅:地下鉄空港線・中洲川端駅
■住所:福岡市博多区対馬小路1-6
■電話番号:092-281-0105
■営業時間:12:00~22:00
■定休日:日曜
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK
■wifi:不明
■個室の有無:あり
■参考URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000010/

2. 名物・博多水炊きの元祖「水月」

西鉄天神大牟田線・平尾駅を下車し歩いて約10分の場所に店舗を構えています。平尾の交差点から高宮通りを天神方面にまっすぐ進み、日産プリンス福岡・平尾店を左手に入り、100mほど歩いた右手です。

店舗は一軒家っぽい造りで春先には店の横に桜が咲き誇ります。ちなみに支店はありませんが、水炊きセットは通販や空港などで購入可能です。

福岡市博多区須崎町で明治38年に創業し、平尾に移転して60年を過ぎた老舗店です。客層は男女を問わず、学生や観光客、サラリーマン、女性だけのグループなどです。駐車場は店舗前に3台分を用意。

店内は落ち着いた和の雰囲気で、1階は座敷と掘りごたつ、2階は大広間です。個室は、当日の予約は不可で前日までの完全予約で対応されています。鍋奉行は仲居さんがやってくれますので、お任せしちゃいましょう。
▽元祖博多 水炊き Bコース(税込5,300円)

1階の小上がり席で楽しめる「元祖博多 水炊き Bコース」。内容は、とり皮酢・旬の小鉢2品・水炊き(骨付・ミンチ)・野菜・おじや or 地獄炊き・香の物がセットになっています。

食べた人は「スープは白濁ではなく澄んでてにごりがないから、時間と手間がかかっているハズ」「スープが繊細でおいしい」「水と鶏のみでとったスープおいしい」「だんごがフワッフワ」「仲居さんが代わる代わる登場、個性豊かで楽しい」と感想をのべています。
【店舗情報】
■店舗名:博多水炊き発祥の店 水月
■最寄駅:西鉄天神大牟田線・平尾駅
■住所:福岡市中央区平尾3丁目16-14
■電話番号:092-531-0031
■営業時間:17:00~22:00(L.O.20:30)
■定休日:平日の月曜(原則)・年末・年始・お盆
■禁煙・喫煙:分煙
■wifi:不明
■個室の有無:あり
■公式HP:http://www.suigetsu.co.jp/

3. 一人ランチにもおすすめ「金のわらじ」

福岡市営地下鉄・薬院大通駅から徒歩で約5分、西鉄バスの場合は、南薬院バス停で降りて徒歩で1分ほどの場所にあります。薬院大通駅からは、城南線を南薬院方面に向かい、新出光のスタンドを左に入り、横の茶色のビルの1階です。

営業中は店舗名の看板が出ますが、ないと素通りしそうなほど派手な装飾はされていません。またランチタイムに臨時定休(特に夏場)されることもありますので、わざわざ足を運ぶのであれば確認しておいたほうが無難です。

店内はキレイな小料理屋か居酒屋さんといった雰囲気で、2人掛けのカウンターが3つほどとテーブル、掘りごたつが用意されています。壁に飾られた絵が独特でステキです。ぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに水炊きで有名な老舗「新三浦」のご家族の方が、金のわらじをされているそう。夜は一品メニューも充実しており、仕事帰りのちょい飲みにもピッタリです。また、おひとりさまランチを楽しむ人の姿もチラホラと。
▽ランチ・水炊き小鉢定食(税込1,000円)

鶏水炊き・鶏スープ・プレートに小鉢5種・ご飯・漬物と、モリモリの内容の定食です。水炊きを1人鍋で味わえるだけでも贅沢気分を満喫できますよね。

実際に食べた人は「かなり濃厚な鶏スープでおいしい」「他の店舗に比べて昼も夜も、かなりコスパよし」「小鉢は濃厚な卵焼きやポテサラなど、いろいろ楽しめる」「水炊きは塩をたらして食べるとおいしさが増す」など感動している人が多いようです。
【店舗情報】
■店舗名:金のわらじ
■最寄駅:福岡市営地下鉄・薬院大通駅
■住所:福岡市中央区薬院4-18-26
■電話番号:092-524-0461
■営業時間:
ランチタイム:11:30~14:30(日曜ランチ休み)
ディナータイム:18:00~23:00(L.O.22:00)
■定休日:水曜(ランチ臨時定休あり・要確認)
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■参考URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40030794/

3. 福岡土産の定番「辛子明太子」3選

スケトウダラの卵巣を唐辛子や調味料で漬け込んだ辛子明太子。福岡土産の定番といえば、まず辛子明太子を思い浮かべる人も多いのでは?だからと言って福岡県民がよく食べるかといえば、そうでもありません。

ふくや・福さ屋など有名なメーカーがありますが、ほかにも名店はいっぱいあるのです。ここでは日本初・明太子料理専門店「元祖博多めんたい重」や「やまや」「稚加榮(ちかえ)」をピックアップしてご紹介します。

1. 日本初!明太子料理専門店「元祖博多めんたい重」

地下鉄空港線・天神駅の16番出口から歩いて5分ほど、天神中央公園の近くにあります。住所は西中洲ですが、西鉄福岡(天神)駅からも、ほど近い場所です。

ファンの人ならご存知でしょうが、EXILEのメンバーも来店されたことがあるそう。外観は重厚感があり、おいしいものをいただけるのでは~と予感させてくれるような雰囲気です。

店内はおしゃれな雰囲気で1階はカウンター席&テーブル、2階にもテーブル席が用意されています。2人から利用可能な個室もあり、キャパは111席ほどです。

ただし人気店ですので、なるべく予約を入れて出かけるようにしましょう。営業時間は7時から22時半と、通し営業で年中無休なのも魅力の1つです。
▽元祖博多めんたい重(税込1,680円)

見た目のインパクト大な「元祖博多めんたい重」。使用されているのは、自家製明太子です。味の均一化を図るため昆布など、さまざまな旨み成分を取り込んで調整。贅沢なおいしさで、明太子が苦手な人でもおいしく味わえるそうです。

実際に食べた人は「手作業で丁寧に巻かれた明太子はなめらか~」「明太子は旨みたっぷりでご飯がすすむ」などと感想をもらしています。
【店舗情報】
元祖博多めんたい重
■最寄駅:地下鉄空港線・天神駅
■住所:福岡市中央区西中洲6-15
■電話番号:092-725-7220
■営業時間:7:00~22:30(L.O.22:00)
■定休日:年中無休
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:不明
■個室の有無:あり
■公式HP:http://www.mentaiju.co.jp/main.php

2. 明太子メーカーが展開「やまや」

JR博多駅より徒歩約2分、筑紫口を右に出て進んだ新幹線高架下にあります。やまやの提灯&赤いタペストリーを目印に向かうとわかりやすいでしょう。ランチタイムは行列ができていることもありますので、遠くからでも「あのお店かな」とわかるかもしれません。

今や北海道から関東、関西など全国展開していますが、やはり観光客の人が多く訪れています。満席の場合は名前を書いておけば、その場を離れても構いません。意外と回転は早いので、あまり遠くい行かないようにしてくださいね。

店内は2人がけの椅子を配置したカウンター席や、テーブル席、掘りごたつ、座敷などが用意されています。11時から14時までのランチタイムは、辛子明太子・からし高菜・ご飯が食べ放題です。

観光客だけでなく地元の人も足しげく通うのは、そこに魅力を感じているのかもしれません。ちなみに九州地区は、この博多店と「月庭 西中洲店」の2店舗のみ。関東や関西の方がお店の数は圧倒的に多いです。
▽鶏の唐揚げ明太風味定食(税込1,000円)

ランチタイムは、博多郷土料理がめ煮(筑前煮)定食など4種類を用意。いずれも税込1,000円と会計しやすいのも魅力の1つでしょう。

食べた人は「明太も高菜も価格を気にせず味わえる」「サックサクの唐揚げはもちろん、ご飯もおいしいので明太がすすむ」「テーブルの器に明太も高菜もギュウギュウ入ってる、こんな幸せが1,000円で」と嬉しい悲鳴の感想をのべています。
【店舗情報】
■店舗名:博多もつ鍋 やまや 博多店
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡市博多区博多駅中央街1番地1号
■電話番号:092-412-0888
■営業時間:
ランチタイム:11:00~14:00
ディナータイム:17:00~23:00
■定休日:年末年始
■喫煙:ランチのみ完全禁煙
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.y-shokukobo.com/

3. 明太子食べ放題「稚加榮」

日本最大級のいけすを備えた料亭・稚加榮。地元の人はもちろん、外国人をはじめ多くの観光客が訪れています。場所は地下鉄空港線・赤坂駅の4番出口から歩いて5分ほどの場所です。

外観はレトロモダンな雰囲気で、料亭といってもかしこまる必要はありません。特に週末は開店前から行列ができることが多いので、早めのおでかけをおすすめします。

店内に足を踏み入れると巨大ないけすを囲むカウンター席や、座敷や掘りごたつ席、個室(30室)もあり、キャパは750席ほどです。

全体的に落ち着いた雰囲気ですが、いけすを撮影する人たちの姿で賑わっています。女子会や接待、冠婚葬祭など、さまざまなシーンで活躍してくれるのも魅力のポイントです。
▽和定食(税込1,500円)

ランチメニューは和定食&そば定食の2つ。和定食は、刺身、天ぷら、煮物、茶碗むし、漬物、ご飯、味噌汁(カニ汁など)と、かなりボリュームがあります。

チューブ入りの明太子は食べ放題と、サービス精神旺盛です。実際に食べた人は「いけすを眺めながらランチできるなんて幸せ」「刺身は色があざやかで天ぷらはサクサク」と口コミしています。
【店舗情報】
■店舗名:稚加榮 福岡店
■最寄駅:地下鉄空港線・赤坂駅
■住所:福岡市中央区大名2丁目2-17
■電話番号:092-721-4624(9:00~)
■営業時間:11:00~22:00(お昼の定食は11:30~14:00)
■定休日:無休
■喫煙:分煙
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://chikae.co.jp/

4. 屋台でも楽しめる「博多ラーメン」3選

福岡といえば塩でもなく、みそでもなく、しょうゆでもない豚骨ラーメン。もちろんほかの味を提供する店舗もありますが、豚骨ラーメンの店の数は圧倒的です。博多名物の屋台でも提供するお店は多数あり。

ここでは超人気店の「博多らーめん ShinShin」や、海外でも展開する「博多一風堂」、パンチの効いたスープが魅力の「博多ダルマ」をご紹介します。

【エリア別】厳選!地元の人もおすすめする博多の人気屋台13選

1. 華丸・大吉さんも推す!「博多らーめん ShinShin」

地下鉄空港線・天神駅、4番出口から歩いて4分ほどの場所、安国寺の南側に店舗を構える、博多ラーメン Shin-Shin 天神本店。ブルーの看板や、のぼりを目印に向かうとわかりやすいでしょう。

行列ができていることもありますので、遠くからでもスグにわかるかもしれません。人気店にもかかわらず日曜日が休みなので(祝日の場合は翌日)、休日に行こうと考えている人は気をつけてくださいね。

店内入ってスグに丸太椅子に座るカウンターがあり、テーブル席も用意されています。キャパは、両方あわせて28席ほど。ズラリと飾ってある有名人の色紙が、なかなかのインパクトです。

ちなみに博多華丸・大吉さんも行きつけの店としても知られています。客層は老若男女問わず、地元の人から観光客まで親しまれているようです。
▽Aランチ・博多ShinShinらーめん(税抜550円)

通常600円ですが、平日の11時から14時までのランチタイムのみ550円で味わえます。豚骨に極細麺の、まさにオーソドックスな博多・長浜スタイルです。ビジュアルは濃い感じじゃないのに味はしっかり。

実際に食べた人は「そうめんのように極細な麺にスープがほどよくからみ、ツルツルっといただける」「スープもチャーシューもめちゃウマ」「数ある天神界隈のラーメン屋の中でも、圧倒的に人気があるが食べてわかる」などと感想をもらしています。
【店舗情報】
■店舗名:博多らーめん ShinShin 天神本店
■最寄駅:地下鉄空港線・天神駅
■住所:福岡市中央区天神3-2-19 1F
■電話番号:092-732-4006
■営業時間:11:00〜翌3:00(ランチメニューは11:00~14:00)
■定休日:日曜 ※祝日の場合は翌日
■喫煙:不明
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.hakata-shinshin.com/

2. 高菜・もやし食べ放題「博多一風堂 西通り店」

西鉄天神大牟田線・西鉄福岡(天神)駅から徒歩約5分。ソラリアプラザや岩田屋がある、きらめき通りを抜けて西通りを目指します。西通りに出たら左折し、右手の1つめの曲がり角を曲がってスグです。

2017年2月に大幅リニューアルして外観が目立つようになったので、スグにわかるでしょう。ちなみに2つめの角を曲がった先に大名本店がありますので、間違わないようにしてくださいね。

1階は「一風堂スタンド」で2階が「一風堂 西通り店」です。出入り口は同じで、西通り店に向かう場合は階段を上って進みましょう。一風堂といえばスタッフの連携の良さで知られていますが、1階も2階も◎。

西通り店は赤と白のキュートな椅子が置かれたカウンター席や、テーブル席を用意。取り放題のもやしや、高菜などの薬味もリニューアル前と同様に健在です。
▽白丸元味(税込750円)

大黒柱的な看板メニューの1つが白丸元味です。一風堂いわく創業当時から今に引き継ぐ原点の味だそう。見ためがシルキーで食欲をそそられますよね。

実際に食べた人は「うんうん一風堂と言えばコレ、ときどき無性に食べたくなる」「スープが見ため通りコクがありまろやか」「シンプルだけど奥深くておいしい」とやっぱり定番の味に満足しているようです。
【店舗情報】
■店舗名:博多一風堂 西通り店
■最寄駅:西鉄天神大牟田線・西鉄福岡(天神)駅
■住所:福岡市中央区大名1-12-61 2F
■電話番号:092-707-3203
■営業時間:月~木・日祝 11:00~26:00、金・土・祝前日 11:00~翌3:00
■定休日:年末年始
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.ippudo.com/

3. 門外不出の豚骨ラーメン「博多だるま」

地下鉄七隈線・渡辺通前駅より徒歩で約5分、出入口2を出て左に進み1階がセブンイレブンの藤井ビルを右手に入ります。つきあたったら左、そしてスグ右と進み、つきあたりを左折。最初の曲がり角を右に入って60mほど進んだ右手です。

外は博多だるまの看板や提灯、コカ・コーラのベンチなどがあり賑やかな雰囲気で、営業中は「あいとうよ」のお知らせ板が出ています。

店内はカウンター席とテーブル席がありキャパは39席ほどです。人気店のため、満席のことも多く、そのときは外のベンチで待つことに。ただし回転は早いので、そんなに待つという感じではありません。

壁にある有名人のサインも人気の証でしょう。11時半から24時半まで通し営業なので、使い勝手の良さも魅力のポイントです。
▽ラーメン(税抜700円)

デフォルトのラーメンは700円で替玉するとプラス150円です。博多だるまは、暖簾わけやFC展開はされていません。だるまオンリー、門外不出の豚骨ラーメンだそう。

食べた人は「麺にスープがよく絡んで一体感が素晴らしい」「スープは濃厚だけど意外とアッサリ」「一般的な博多ラーメンの麺よりさらに細い」「豚骨臭がスゴいけれど食べすすめるうちにうまみに変わる」と話します。
【店舗情報】
■店舗名:博多だるま 総本店
■最寄駅:地下鉄七隈線・渡辺通前駅
■住所:福岡市中央区渡辺通1-8-25
■電話番号:092-761-1958
■営業時間:11:30~24:30(L.O.24:00)
■定休日:元旦
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://ra-hide.com/

5. 博多のソウルフード「鉄板餃子」3選

福岡のソウルフードとして有名なのはラーメンや明太子ばかりではありません。2015年度にiタウンページが発表した調査結果では、人口10万人に対して餃子店の数が1位の浜松市に対して2位につけた福岡市。

鉄なべとは名前どおり鉄の鍋で焼いた餃子のことです。ここでは福岡で鉄鍋が味わえる「博多祇園鉄なべ」や「もり家」「游心」の3店舗をご紹介します。

1. 行列の先にはバリウマ!「博多祇園鉄なべ」

うまさはテッパンと評判の博多祇園鉄なべ。地元・福岡を離れて暮らす人も、戻ってきたときはココ!という人が多いと言います。

アクセスは、地下鉄空港線の祇園駅・5番出口から徒歩で3分ほどの場所です。真っ赤な看板と暖簾を目指して行くとわかりやすいでしょう。

店内には有名人の写真とサイン色紙がビッシリ。キャパは120席で、手前にカウンター席があり、中にテーブル席、奥に座敷席が用意されています。

開店時間前から行列ができていることも多いそう。人が多いためか店内は活気があり賑わっています。ショッピングモールのキャナルシティ博多や、櫛田神社が近くにあるため、観光客も多く訪れているようです。
▽餃子(税込500円)

その日に仕込んだ手作りのみを提供しているという自慢の餃子。1人前は8個です。画像で見ると大きそうですが、小さめなので3人前くらいペロリといけちゃいます。

「キレイに鉄板におさめられて運ばれてくる」「かなり熱いので猫舌の人は要注意、しかしカリカリでおいしい」「にんにくの香りが食欲を刺激する」「普通の餃子では味わえない食感とうまみ」と好評です♩
【店舗情報】
■店舗名:博多祇園鉄なべ
■最寄駅:地下鉄空港線・祇園駅
■住所:福岡市博多区祇園町2-20
■電話番号:092-291-0890
■営業時間:17:00~23:00
■定休日:日曜・祝日・盆休み・年末年始
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://www.tetsunabe.co.jp/

2. 名物が大集合!「鉄なべ餃子のもり家」

JR博多駅の博多口から、はかた駅前通りに進み、博多駅前2丁目交差点を左折。2つ目の交差点を左折し左手です。隣は「てっ平」という食事処で、専門学校が複数入ったビルが道路をはさんであります。

入り口には店舗名の看板があり、そこから地下1階に進むと店舗です。看板が小さめなので見逃さないよう気をつけてくださいね。

餃子がおいしいのはもちろんですが、もつ鍋も人気メニューの1つです。店内は足を伸ばしてゆったり過ごせるほりごたつや、接待や記念日にも最適な個室を用意。

奥の方には2人で座れるテーブル席もありデートにもピッタリです。清潔感もあり照明も暗めで落ち着いて過ごせますよ。
▽鉄なべ餃子(税抜450円)

店内で味わえるのは、コース料理をはじめ、博多名物の酢もつ、もり家特製ごまタレ刺、ホルモン鉄き、手羽煮、博多辛子明太子など。九州産の豚肉と野菜であんをつくった餃子は、カリッモチッでおいしいと評判です。ちなみに1人前は8個なので画像は2人前ですね。

実際に食べた人は「プリプリで次から次に手がのびる」「最後まで冷めずに味わえる」「餃子もおいしいけど水餃子もいける」と感想をのべています。
【店舗情報】
■店舗名:鉄なべ餃子のもり家
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡市博多区博多駅前3-23-12 博多光和ビル地下1階
■電話番号:050-5872-7070
■営業時間:17:00~24:00 ※餃子がなくなり次第、閉店することも。他の時間帯、昼間については要・相談。12月は予約で15時以降来店可能。
■定休日:不定休
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK
■wifi:不明
■個室の有無:あり
■参考URL:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40034892/

3. とっておきにしたい隠れ家「游心(ゆうしん)」

JR博多駅から歩いて約9分、あるいは西鉄バス・TVQ前より徒歩で2分ほどの場所にある「游心(ゆうしん)。博多駅の博多口を出て左に進み、西日本シティ銀行を過ぎて右折。突き当たりを左に進み、1つめの角をまっすぐ歩いて、こくてつ通りを目指しましょう。

通りに出たら左折し、向かって右手の2つめの角を曲がり30mほど歩いた場所です。外観はコンクリート打ちっぱなしで、いたってシンプル。博多駅前の賑わいとは離れた静かな場所です。

店内は全体的にシックな雰囲気で、光が揺れるテーブル個室や、カップルに人気のテーブル席、 はなれ風の座敷席、スタッフとの距離が近いカウンター席などが用意されてます。

たくさんのお酒のボトルがキープされているのも人気店の証拠でしょう。こんなオシャレなところで餃子が食べられるのと思う人がいるかもしれません。しかし価格は普通の居酒屋レベルです。安心してお店に入ってくださいね。
▽博多餃子(税抜 380円)

游心が極めたのはビールに合う餃子だそう。皮は中力粉を強力粉でコーティングした3重構造だと言います。見ためも皮がパリパリですよね。

「肉のうまみを感じる餃子」「めちゃめちゃおいしくてスグに追加したほど」「皮パリパリでうま過ぎる」「鉄鍋ごっつい、ずっとアツアツで楽しめる」「ほかの料理も全部おいしい」と大好評!
【店舗情報】
■店舗名:游心
■最寄駅:JR博多駅
■住所:福岡市博多区住吉2-7-7 ラ・コンチェルト1階
■電話番号:092-282-3553
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:不定休
■禁煙・喫煙:全席喫煙OK
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■参考サイト:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40000393/
■公式HP:http://yuu-shin.jp/

6. 鮮度抜群!「ごまさば」3選

ごまさばは福岡を代表する郷土料理の1つです。鮮度のよいサバを使用し、甘口しょうゆがベースのタレをかけ、ゴマやネギ、わさびをトッピング。居酒屋などで提供する店舗も多くあるようです。

ここでは、おいしい魚が味わえる長浜鮮魚市場会館近くの「博多ごまさば屋」や、五島サバを堪能できる「きはる」、フードメニューが豊富な「博多 表邸」をご紹介します。

1. お得なランチが大人気「博多ごまさば屋」

最寄り駅は、地下鉄空港線・赤坂駅ですが、西鉄福岡(天神)駅や、地下鉄空港線・天神駅からも徒歩圏内です。

赤坂駅からは5分程度で、まず大正通りを通って昭和通りを目指します。交差点で信号を渡り、天神方面を目指して歩いた左手です。営業中は「商い中」の看板が出ています。看板の店舗名の文字のロゴが可愛らしいのが印象的です。

店内は、おひとりさまでも利用しやすいカウンター席が13席と、2名でかけるテーブルがつ、4名がけのテーブルが3つ用意されています。

店内に入ってすぐに食券を買うスタイルです。席についてお店の人に券を渡しましょう。カウンターの上に、ごまさばのおすすめの食べ方が書いてあるので初めての人は参考にしても。
▽ゴマサバとサバ塩焼き定食(税込800円)

博多名物のごまさばがついたお得なランチメニュー。まず刺身でアツアツの白飯をいただきましょう。後半は、残りのゴマサバを全てご飯にのせてダシをかけ、お茶漬けで食べるのがおすすめです。

食べた人は「文句なしにおいしい」「長浜鮮魚市場直送の新鮮な魚だから間違いないうまさ」「ヘルシーだから女性の1人客も多いのかな」「コスパ良すぎ」「ご飯の大盛り無料だって、お得~」と大絶賛しています。
【店舗情報】
■店舗名:博多ごまさば屋
■最寄駅:地下鉄空港線・赤坂駅
■住所:福岡市中央区舞鶴1丁目2-11 おがわビル1階
■電話番号:092-406-5848
■営業時間:
ランチタイム:11:30~14:00
ディナータイム:17:40~23:00
■定休日:日曜
■禁煙・喫煙:喫煙席あり
■wifi:不明
■個室の有無:なし
■公式HP:http://hakatagomasabaya.com/

2. 予約必至!絶品 五島サバ「きはる」

地下鉄七隈線の天神南駅から歩いて5分ほどのビル2階にある「きはる」。駅からは出入口6を出て右手、国体道路を中洲・博多方面へ向かいましょう。春吉交差点のスグそば、ローソンの先を右手に曲がった場所です。

店舗の外に五島サバ・きはると書かれた提灯が飾ってあります。また、きはると書いた大きなタペストリーも。観光客からも人気で予約