肌着とは言わせない!レギンスコーデがこの冬再ブームの予感

ピタッと足に密着するような履き心地と、ストレッチの効いた素材で、今日はバレないようにラクしちゃおう♡なんて日に活躍してくれるレギンス。無駄のないスッキリとしたシルエットを作ってくれるので、シンプル派にも人気。ゆるピタのコーデにも、レイヤードスタイルにも活躍してくれるんです♡

白のニットにグレーのレギンスを履いた女性出典: ZOZOTOWN

最近は黒だけでなくカラーも豊富だったり、こなれ見えが叶うリブタイプも増えていて、おしゃれさんの間では人気沸騰中のアイテム!今っぽい着こなし見本を、色別に紹介していきます。

 

失敗しないレギンスコーデなら黒をチョイス!

黒スキニーが使いやすいように、レギンスも黒を選べばとりあえず間違いありません◎何よりキレイめコーデからストリートテイストまで馴染んでくれる万能アイテムとして重宝するはず♡

ベージュのボアコートに黒レギンスを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

トレンド感溢れるもこもこアウターを活かして、下半身はスッキリとしたレギンスでコーデ。さりげなく入ったスリットデザインが、インナー感を取り除いてくれますね。

 

ベージュのトレーナーに黒のレギンスを履いた女性出典: WEAR

オーバーサイズのスウェットは、ライン入りのレギンスでスポーティーなスタイルで着こなします。見せて隠す、のバランスをうまく使うことで下半身が華奢に見えるので、メンズっぽいコーデなのに女性らしさを表現できるプチテクに♡

 

ベージュアウターに黒レギンスをきた女性出典: ZOZOTOWN

ハイヒールと合わせれば、着ている方は楽チンなのにシュッとしたスタイリングに見せてくれるラッキーなコーデ。小物やコートもレディライクなものを選べばレギンスだってデートコーデに使える♡

 

ベージュのニットに黒のレギンスを履いた女性出典: WEAR

周りと質感で差をつける、フェイクレザーのレギンスもおすすめ。光沢を抑えたセミマットな素材なら意外とコーデに馴染んでスタリッシュに見せてくれます。あえてスニーカーやスウェットでハードさを抑えて着たい!

 

カーキジャケットでミリタリーマリンコーデ出典: WEAR

マリンとミリタリーをミックスさせたコーデに、ラフさをプラスしてくれるレギンスのレイヤード。キメすぎてないくらいがちょうどいいんです♡足首を見せることが大人っぽさもキープするコツですよ。

 

こなれ見えNo.1なら迷わずグレー♡

程よいリラックス感が出て、こなれて見える!と人気なのがグレーのレギンス。正直、野暮ったく見えそう…と思いがちですが、レギンスコーデをよくする人には欠かせないカラーなんです!では、どうコーデに取り入れてるか見てみましょう。

黒ニットにグレーレギンスで合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

デザイン性が強いトップスには、シンプルにレギンスを合わせるくらいがベストバランス。黒ボトムスだと、モードでキメすぎた印象になりそうな時には、グレーのレギンスをチョイスするとラフさがプラスされて隙のあるコーデに変身。

 

黒ニットにグレーレギンスを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

黒ボトムスより着痩せ効果がない分、トップスとのバランスも需要になってきます。トップスはオーバーサイズだと安心。お尻を隠すのに足りない場合は、シャツやカットソーをあえて見せながら長さを盛るのもひとつのテクです。

 

カーキのアウターにグレーのレギンスを履いた女性出典: ZOZOTOWN

こちらもヒップラインをしっかり隠しつつ、ゆるピタコーデをしっかり表現した楽チントレンドスタイル。コーデが縦長にボリューミーになるときは、まとめ髪にするだけでスッキリとした印象になりますよ!

 

ニットカーデにグレーのレギンスを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

カットソー×レギンスの楽チンコーデは、長めのコーデで縦長ラインを作るのがポイント。ベレー帽やサングラスのよそいき感とラフなスタイルのバランスが絶妙にマッチしてこなれ見えが狙えます。

 

ベージュのコートに黒のスカートを履いた女性出典: WEAR

寒さが厳しい日には、スカートの下にグレーレギンスをイン。黒レギンスよりあえて感が出るのでレイヤード慣れしている上級っぽさがアピールできちゃう!色を多く使ってもまとまって見えるのは、モノトーンのカラーをしっかり配分しているから◎

 

ガーリーさも欲しいならホワイト&ブラウンタイプ

ぴったりとしたレギンスはどうしてもスポーティな印象になりそうで…女性らしさも欲しい!と思いますよね。そんな人には、ホワイトやベージュ、ブラウンなど柔らかい色味がおすすめ。意外と持ってないアイテムだからこそ新鮮なコーデが作れるんです♡

茶色のスウェットに白のレギンスを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

白のボトムスって、キレイめすぎてコンサバっぽいイメージですが、レギンスなら余分なデザインがなくカジュアルに着やすいんです♪ヒップラインが目立つので、ロング丈のトップスと合わせるのがベター。足元はコントラストがはっきりしすぎない淡めカラーか、履き口が浅いシューズを選ぶと脚長効果がゲットできますよ。

 

ブラウンのムートンコートにレギンスを合わせたコーデ出典: WEAR

全体的な柔らかい色味とイメージをキープしてくれるベージュのレギンス。色浮きしそうとコーデに悩んだ時は、とりあえず同系色でまとめるのがおすすめ。小物で引き締め効果の黒を取り入れれば完璧です♡

 

白のワンピースにベージュのレギンスを履いた女性出典: WEAR

冬のファーアイテム使い、レイヤードのテクニックも取り入れたスタイリングは、ベージュのレギンスでカジュアルダウン。足元をスッキリ見せてくれるローファーバブーシュは、ご近所感を減らし、トレンドも取り入れれてレギンスと相性抜群!

 

シャツワンピースにレギンスを着た女性出典: WEAR

ブラウンのレギンスは、パキッとしすぎる色味が苦手な人におすすめ。引き締め効果もありつつ、柔らかいイメージをキープできますよ♪スキニーよりはスッキリと、タイツよりも肉厚なレギンスが、ワンピのレイヤードにしっくり来るんです♪

 

この冬はレギンスコーデにハマりそう♡

ベージュのリブレギンスを履いた女性出典: ZOZOTOWN

スカートやワンピースのインナーとしてはもちろん、一枚で履いてもスタイリングを作ってくれるレギンス。あれ、もしかして最強?何よりフィットしてストレッチの効く素材は、どんな日でも履きたくなるほどの魅力ですよね。レギンスコーデを習得して、いつもより楽チンおしゃれな冬ファッションしてみませんか?