年末に向けて「忙しくて一日中ほぼ同じ姿勢」という毎日を過ごしていると気をつけたいのが“下半身のむくみ”。特に太もものむくみは「いつも履いているパンツがキツく感じる」などの悩みに繋がりやすいもの。そこで実践したいのが、太もも(前側)の筋肉全体の柔軟性キープに役立つ簡単ストレッチです。早速やり方をチェックしてみましょう。

|太もものムッチリ感を予防する簡単ストレッチ

(1)床に四つん這いになり、片方の脚を体の外側に大きく前に出し、つま先を体の外側に向ける

※前に出した足の膝は直角に曲げた状態で垂直に床に着きます

(2)(1)の姿勢をキープしたまま両肘を床に着き、上半身を倒した状態でゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻す

※姿勢キープ時は後ろ側に残した脚の太もも(前側)が伸びていることを意識します

この一連の動きを左右各3回を目安に行います。

このストレッチを行う際に注意すべきポイントは「前に出した足を体の外側に倒れないように垂直に床に着いた状態をキープする」ことになります。

上写真のように実践時に前足が体の外側に倒れてしまうと筋肉を十分に伸ばすことができず、期待した効果が得られないので、常に「前脚の膝を倒さない」ことを心がけて実践しましょう。

また、姿勢のキープが難しい方は(1)の時に「前脚のつま先を体に対して真っ直ぐにする」と、筋肉への負荷が軽減されると同時に、姿勢をキープしやすくなるので試してみてください。

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると太もも周りの筋肉が伸びて動きも良くなるのを実感できるはず。ぜひ実践して、下半身のむくみに悩まされることのないスッキリとした太ももに整えていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店トレーナー/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>