なんとなく暗めカラーが主体になってしまったり、ありきたりなニットスタイルになってしまったりとマンネリになりがちな冬コーデ。そんなコーデがマンネリしがちな冬はホワイトカラーを取り入れてパッと華やかさをプラスしていきたいところです。

そこでオススメなのがボトムスにホワイトカラーを合わせること。ニットやファーなどとも相性抜群なので新鮮な冬コーデを愉しめます。早速、今すぐマネしたくなるホワイトボトムスを使った着こなしをチェックしてみましょう。

|キメすぎないシックなクールスタイル

ただ履くだけで存在感抜群なホワイトのワイドパンツは、今季トレンドのロングコートと合わせてシックでクールな印象に。

出典:WEAR

コートとボトムスにボリューム感があるときは、トップスはコンパクトにまとめるのがポイント。足元はあえてスニーカーでカジュアルダウンさせてキメ過ぎ感を出さないようにすることもこなれた着こなしを叶えるコツですよ。

|クリーンで気どらないホワイトコーデで女っぽく

クリーンなイメージのホワイトコーデは、寒空の冬こそ女っぽさをグッと高めてくれます。

出典:WEAR

ニットの温かみのある素材感がホワイトのパキッとした印象をやわらかくしてくれるので、クールさを抑えたコーデを愉しめます。また、Vネックニットでデコルテラインの素肌感を出してネックレスを合わせれば、華奢感と上品な色っぽさもプラスされます。

気どらないキレイめなホワイトコーデを愉しみたいなら、ホワイトデニムでハズすのがオススメ。

出典:WEAR

ホワイトのワイドデニムパンツなら、素材感でカジュアルっぽさが出るので、キメすぎないキレイめコーデに仕上がります。トップスにベージュのニットやバッグやシューズにファーを取り入れて、温かみをプラスさせると季節感を演出できますよ。

|野暮ったさが出ない大人カジュアルの秘訣は素材選びにアリ

ホワイトというとシックやキレイめという印象が強いですが、カジュアルスタイルとも相性抜群。

出典:WEAR

ホワイトボトムスにコンサバなイメージがあってトライしにくいという方に好都合なのが、コーデュロイ素材のホワイトパンツ。程良いラフ感を演出する素材なので、デニムに代わる冬の定番ボトムスとして活躍してくれること間違いなしです。

カジュアル感の強いスウェットパーカーに大人なニュアンスをプラスさせるなら、ハリ感のあるボンディング素材のホワイトボトムスを合わせるだけで野暮ったさがなくなります。

出典:WEAR

足元まで全体的にモノトーンに落とし込むことが大人っぽさをキープするコツです。また、スウェットパーカーもグレーを選びがちですが、ホワイトにするとグッとこなれ感がアップしますよ。

クールからキレイめ、カジュアルスタイルまで叶うホワイトボトムスは、1本ワードローブ入りしていると冬コーデの幅も広がり重宝するアイテムです。クリーンで洗練されたホワイトが映える今こそ、ぜひトライしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai top image出典:WEAR