美髪を叶えたいなら!正しい髪の乾かし方をマスターすべき!

「トリートメントやセットを頑張っているのになぜか髪が決まらない…」そんなふうにぼんやりと髪の悩みを抱えている人は、毎日行うドライヤーの使い方を見直した方がいいかも!ブロー次第でヘアスタイルの完成度って全然違うんです。今回は、つい良かれと思ってやってしまいがちな”NGな乾かし方”と合わせて、正しい髪の乾かし方をご紹介。仕上がりがグッと変わるので、ぜひ試してみて♡


そのやり方、実は間違っているかも!これが正しい乾かし方

お風呂上がり、髪を乾かすときってどんなふうにドライヤーを使っていますか?しっかり意識しているつもりでも、意外と無意識にやってしまっているNG項目があるかもしれませんよ!

 

お風呂上がりすぐドライヤーはNG!

お風呂から上がってすぐドライヤーを手にとるあなた…それはNG!ドライヤーをかける時間は短い方がいいので、タオルドライでしっかりと水気をきることが大切。でもごしごしと髪同士を擦り合わせるのは×です。頭皮を優しくマッサージし、毛先はタオルではさんで水気を取りましょう。

 

また、このような洗い流さないトリートメントを使用するときは、このタイミングでつけるようにしましょう。私は濡れている髪にたっぷりと使用しています。そうすることで、ブロー後の髪がきれいに仕上がりますよ♡

 

ドライヤー前に髪をとかすのはNG!

タオルでドライしたら髪をとかして…とやっているあなたNG。濡れている髪というのはダメージを受けやすくなっているので、ブラシを使用すると髪が切れてしまう可能性も…!なので、手ぐしでほぐすか、使用するとしても目の荒いものを使用するようにしましょうね。

 

ドライヤーが近すぎるのはNG!

早く乾かしたいからってドライヤーを髪に近づけすぎるのはNG!ドライヤーと髪の距離は最低でも15cmは離して、熱い風が一箇所に集中して当たらないように気をつけましょう。ドライヤーを左右に動かして風が当たる場所を分散させると、頭皮が乾燥しすぎないのでおすすめです◎

 

ツヤ髪を叶えるには♡乾かす順番も大切

①前髪&根元から

はじめに前髪と根元を乾かすようにしましょう。根元を乾かせば毛先も自然と乾き、ドライヤーを使う時間を短縮することができます。髪を持ち上げて風を当てることで、より短い時間で乾かすことができますよ。前髪を乾かす時には正面から風を当てるのではなく、少し上から風を当てるようにすれば真ん中で髪が別れてしまう心配もありません。

 

②キューティクルに沿って上→下に乾かす

髪を乾かすときにはキューティクルの向きに合わせて、上→下に向かって乾かすようにしましょう。そうすることで、キューティクルが整い、美容室帰りのようなツヤっとした髪に仕上げることができますよ。手ぐしで整えながら行うとより効果的です!

 

③毛先は半乾きくらいでOK

上→下の向きで乾かし、毛先が半乾きくらいまで乾いたら一旦STOP!ここからは、仕上げに入ります。

 

ドライヤーの冷風は仕上げのときに使うのが◎

仕上げの時には、冷風に切り替えます。冷風を髪全体に当てることで熱で開いていたキューティクルを閉じることができ、よりツヤ感がUPしますよ。自分の理想のスタイルに合わせて、ブラシや手ぐしで整えながらブローしましょう。


毎日やることだからこそ!正しい乾かし方をマスターしよう♡

ドライヤーは毎日やることだからこそ、正しい使い方をマスターして続けて行くことが大切です。美髪は1日にしてならず!ということで、みなさんも今回ご紹介した髪の乾かし方を実践して、憧れのツヤ髪を手に入れちゃいましょう♡