2018.08.05

【保存版】汗ジミ対策始めましょ。目立ちにくい&目立ちやすい色と素材まとめ

今年の夏は例年以上に暑い…!
暑いと、気になってくるのがわき汗。
せっかくおしゃれにコーデしても、わき汗のシミが目立っちゃったら台無し。

そこで今回は、汗が目立ちにくい色や素材をまとめてみました♡

目立ちにくい色はコレ

▽黒

出典:zozo.jp

もともとの色が濃いダークカラーは、汗や水に濡れても色が変わりにくいです。

中でも着回しできて使いやすい黒色は、夏のモノトーンスタイルにも引っ張りだこ!
汗を目立たせたくないという日は黒トップスに頼りましょう。

▽ネイビー

出典:zozo.jp

ネイビーも、汗が目立ちにくいダークカラーのひとつ。
黒より柔らかい印象をまとえるので、きれいめにまとめたいオフィスコーデやデートにおすすめ!

▽白

出典:zozo.jp

明るめのカラーだと、白色が目立ちにくくてgood。
レフ版効果も加わって、顔まわりがパッと華やかにみえます♡

ただし、白のトップスは汗をかいたまま放っておくと黄ばみの原因になってしまうので、洗濯やクリーニングにはしっかりと出してしまいましょう!

目立ちやすい色はコレ

▽グレー

出典:zozo.jp

ベーシックカラーでどんなお洋服にも合わせやすいグレーですが、水分に触れると色が変わってしまいます…。

ただしインナーが透けにくいカラーなので、夏場に着用する際は汗が表にひびきにくいインナーを着込んで汗染み対策をしてね。

▽ベージュ

出典:zozo.jp

ベージュも汗染みが目立ちやすく、濃い色に変色してしまいます。
どうしてもベージュを取り入れたいという人は、ボーダーやドットなど柄のトップスを選ぶのがおすすめ。
目の錯覚で、汗を目立たなくしてくれますよ!

目立ちにくい素材はコレ

▽ポリエステル

出典:zozo.jp

ポリエステルは速乾性に優れた素材のひとつ。
汗をかいても、乾く時間が早いので安心♡
さらっとした素材で、夏に欠かせない爽やかさが魅力です。

▽レーヨン

出典:zozo.jp

レーヨンは、肌に触れるとひんやりと感じ、汗をよく吸収してくれるので夏にぴったりの素材。
さらに消臭効果もあるので、気になる匂いも中和させてくれます。

繊細な素材かつ、水を含みすぎると縮んでしまうので洗濯の際は注意が必要です!

▽サテン

出典:zozo.jp

ソフトな肌触りが魅力のサテン素材。
パジャマなどにもよく使われていますよね!

とにかく速乾性に優れているのと、つるんとした見た目で光を集めるので視覚的にも目立ちにくいんだとか。

目立ちやすい素材はコレ

▽綿

出典:zozo.jp

お洋服の定番素材・綿は、吸収性が良すぎるがゆえに、汗が目立ちやすくなってしまいます。
汗をたくさん吸ってしまうと、風通しも悪くなってしまい悪循環に…!

綿100%のお洋服を着るときは気を付けて。

▽麻
出典:zozo.jp

夏らしい素材の麻ですが、実は綿よりも吸収力が高く、汗が目立つ素材。
麻のトップスを選ぶ際は、黒もしくは白色のを選ぶようにするのがおすすめです!

目立ちにくい色や素材をマスター!

汗染みが気になって、思いっきりおしゃれを楽しめないという子は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
汗と上手に向き合って、猛暑を乗り切ろう!(A K A R I/ライター)

(HCファッション編集部)

※写真は全て、権利者の許諾を得て使用しています。

関連記事