2018.07.10

いい恋を掴む女性が「出会い」のシーンで必ずやっていることって?

同じ学校、同じ会社など条件は一緒でも、いつの間にか出会いを見つけて常に彼氏がいる子、そうじゃない子っていますよね。その違いって気になりませんか?筆者の周囲で、常に出会いが途切れない女性が意識的にやっていることについてこっそり聞いてみました。

・ケース1 「長文」LINEを送る

 「知り合ったらその日のうちに必ずメールか、LINEを送ります。書く内容は、その日に話して印象に残った話題や、相手が食べていたもの、飲んでいたもののことなど。自分のことを覚えてくれていると思われて悪く思う人はいないので、大勢の会でも私のことを確実に覚えてくれます。そのおかげで次回会ったときに飲みに誘われることも多いんですよ」(28歳/飲食店開発会社勤務)

とくに仕事で知り合った相手の場合には、その日のうちに長文のメールを送っておくとかなり相手に良い印象を与えることができるので、次回会ったときに断然会話が弾みやすくなるそうです。

しかも、この彼女の場合は男性だけではなくて女性にも同じようにやっています。私も10年近く前の初対面のときに仕事関係のパーティーで名刺交換して少し話しただけなのですが、長文メールをもらって、その後実際に飲み会にも誘ってもらったのが縁で、今でも友人関係が続いています。

全員にとりあえず送る、というのはハードルが高そうですが、ある程度、文面は使い回しで構わないので「その日に」「10行以上の長文で」送ると、ポイントが高いよう。読みやすいように、適度に改行を入れることも忘れずに!

・ケース2 好みじゃない男性と知り合ったときは別の飲み会につなげる

「友達から男性を紹介されたとき、正直相手が好みじゃないことってありますよね。でも、そこで断ってしまうのはもったいないです。『友達に○○さんにすごく合いそうな子がいるので今度合コンしませんか』などの言い方で別の飲み会に広げていきます。今の彼ともそれで知り合いました」(25歳/制作会社勤務)

一度の飲み会や紹介で知り合える相手の数には限りがありますが、好みの人がいなかったとしても次につなげるようにすれば「出会いがない」という問題にはなりにくいですよね。

「好みじゃないから無視しよう」ではなく次につなげるくらいの気持ちで全員と関わるようにするとぐっと出会いは増えるのではないでしょうか。

・ケース3 自分から連絡をする

「可愛い子ほど『男から連絡して来るのが当たり前』って思ってるけど、待ってるだけだともったいないですよ。連絡しようと思っていても忙しくてタイミング逃しちゃってる男性も多いんだから、変なプライドにとらわれず自分から連絡したらいいんですよ」(23歳/ゲーム会社勤務)

「出会いがない」と言っている女性が意外とやっていないのが自分から動くことなのかもしれません。男性が特別「いいな」と思っていなかったとしても、連絡が来ればそこから一気の進展することってあります。よほどモテる男性でなければ、女性から連絡が来る、デートに誘われるということがあまりないからこそ、価値が上がるということもあるでしょう。男性に限らず、思い切って久しぶりの友人に連絡してみると、飲み会に誘われたりする機会も増えるかもしれませんね。

おわりに

彼女たちの話を聞いていて感じたのは、普通の女性は「好みの男性だけに気に入られようとしてうまくいかない」パターンが多いけれど、出会いを生かせる女性はすべての出会いを縁としてとらえて大事にしているということです。

知り合った相手が好みじゃなかったとしても、その友達をたどっていけば運命の相手に行き着くかもしれません。そう考えると、全ての出会いが大事に思えてきますよね。

ある程度のマメさは必要ですが、恋活アプリなどで直接知らない人とたくさんやり取りするよりも、実際に会った人とのご縁を大事にして広げていくほうが運命の出会いまで近道かもしれませんね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事