2018.07.08

男あるある?「ふたりでいるのに、ゲームする」彼の言動の理由とは

ちょっとスキマ時間があれば、すぐにスマホでゲームをしたりしている彼。それを横目に、「それ今する必要ある?」とイライラしてくる彼女。よくある風景だと思います。

とはいえ、2人でいても特に何もすることがない時間ってあるじゃないですか。「2人の時間を大切にして欲しい」と言ったところで、「じゃあ、何をするんだい?」となるのがオチ。そうなったとき、いい提案ができる気がしなかったので、わたしはもう諦めました(笑)。

しかし、「あなたが自由に過ごすなら、わたしも自分のやりたいことに没頭してもいいわけね」そう思えるようになると、それまで以上に2人でいる時間が快適になるんです。これに至るまでに、わたしなりに彼を受け入れるために考えたことをお話しようと思います。

●2人でいるのに「1人でもできること」をするのはどうして?

お家デートや旅行中の宿泊先など、まったり過ごせる空間にいると、彼はすぐに自分1人の世界に引きこもってしまう。何をするわけでもないけど、せっかく2人でいるのだから、1人でできることは今やらなくてもいいんじゃないかとイライラしてきますよね。

彼の態度に「2人でいる意味ある?」とすら聞きたくなってきます。彼女をこれほどイラ立たせておいて、しれっとゲームをしている男性は、いったい何を考えているのでしょう。

そもそも女性はストレス解消として、「悩みを人に話す」ということを良くしますよね。対して、男性はあまりそういったことをしません。女性のように「わかるわかる」と共感し合うことでスッキリするという文化があまりないんですよね。では、彼らはどうするのか?ストレス発散のために「1人の時間」を過ごすのです。それは、どんなに彼女のことが好きでも、彼女といる時間がどんなに楽しくても、変わらない性質です。

2人でいるときにひとり時間を確保するなんて、わたしは彼の癒しになれてないの?なんて感じてしまうかもしれませんが、とことん疲労していたり、悩みごとについて考え込んでいるときって、楽しい話をするにしても、遊ぶにしても、まずは自分自身を整えないと、心や身体がついて行かないときってありますよね。いろいろなことを同時に考えられる女性に比べ、1つのことしか考えられない男性のほうがこの傾向が強い気がします。

そして、これも男の性でしょうか。彼女には出来るだけ弱ったところを見せたくないという気持ちがあるからこそ、「ひとり時間で自分を整える」ことの重要度が上がるのです。

平日が残業続きであったり、考えることが多かったりして1人の時間がろくに取れず、週末にデートの予定が入っていたりすると、「弱くない、かっこいい俺」が整わないまま、あなたと会うことになってしまいます。
ひとり時間を楽しんでしまう彼にとっても、あなたとのデートはとても貴重な時間。疲れていることであなたに当たってしまったり、取り乱したところを見せたくはないので、2人でいる時間にも「身だしなみを整える時間=ひとり時間」を確保する必要が出てくるというわけです。

「ひとり時間」と「あなたと過ごす2人の時間」は、どちらも欠けてはならない大切なもの。こう考えると、「わたしよりもゲームが大事なの?」という発想にはならなくなりますね。彼が1人の世界に引きこもってしまったときは、「あ、カッコ悪いところを見せたくないんだな」と思って、そっとしておいてあげましょう。

●そんな彼の愛し方

本来ひとり時間を確保するのは「1人じゃないとできないこと」をして、ストレスを発散するためなのですが、彼女と一緒にいるときにひとり時間を満喫しているということは、「あなたは邪魔ではない」「あなたになら邪魔されてもいい」と感じているからだと思うのです。

かまってくれないことや、2人の時間を大切にしていない彼に腹を立てていたかもしれませんが、実は、彼にとってその時間はゲームなどの娯楽と、あなたとの両方に癒される大切な時間だったのです。もちろん、「ひとり時間が多いんじゃない?」と思えば、それを伝えてよし。

軽く考えて、「しょうがないなぁ!」とか言いながら、彼のひとり時間を有効活用して、読みかけの本を読んだり、溜まってしまったLINEの返信をする時間に充ててみるもよし。バランスよく時間を使えるようになると、ふたりともが良い時間を過ごせると思いますよ。(ヒラタイカホノ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事