2018.07.08

「ちゃんと別れるから」は実現しない。浮気や不倫に引きずられる女たち

彼氏のような存在はいるけれど、彼には他にも付き合っている彼女や定期的に会っている女性がいたり、そもそも既婚者で妻子ある身だったり…。そんな男性との浮気や不倫に苦しんだりしている女性は少なくありません。

デートやエッチはするけれど、なかなか彼女や妻と別れてくれないのは、なぜ?男性の「ちゃんと別れるから」は実現するのでしょうか。

別の女と別れてくれないのは、別れる必要がないから

「好きな男のたった一人の特別な女性になりたい」そう一途な想いを募らせるのは素敵なこと。でも他に彼女や妻、子供がいる男がどんなに愛情の込もった言葉をかけ、情熱的なエッチをしても、虚しく感じる瞬間が来るのは事実です。

「妻とはうまく言ってなくて、家にいるのが辛い」「彼女との別れ話がなかなか進まなくて…」そう彼が言っていても、案外、苦しんでいるのは女性だけで、男性は本妻とも愛人とも気持ちいい思いをできるその状況を楽しんでいたりするもの。
男の本音を言ってしまうと、そんな楽しい状況をやめたくないから、本妻とも愛人とも別れない。別れる必要がないと思っている。だからこそ、こんな状況になっているのが、何よりの証拠でしょう。

男のストレス解消が浮気

そもそものきっかけは、彼女や妻がいるけれど何かしらの不満があって、別の女との新しい関係が平行して始まる、というもの。
ありがちなのが、彼女や妻が認めてくれない、褒めてくれない、家にいても居心地が悪い、そしてセックスレスであるという不満を別の女性と一緒にいることで、ストレス発散しているというパターンで始まった浮気です。
最初は出来心のつもりで、遊びの女とも簡単に別れられるはずだったのに、時間が経って情が深まってしまい、なんとなくどちらと別れるのも面倒になって、そのままズルズルと関係を続けていく…。という形で、浮気・不倫の泥沼にハマってしまうのです。

女に責められたくらいじゃ男は別れない

本妻・本命彼女か愛人・浮気相手のどちらかが彼の二股に気づき、もう一人の女と別れてほしいとせがんでも、男は全く行動に移そうとしない。なぜなら、2人の女がいてやっと解消されているストレス問題だから。「ちゃんと別れるから」と曖昧な言葉や言い訳で濁すだけです。

遊びの彼女に言わない男の本音は、こういったものでしょう。浮気相手1人に絞るほど、浮気相手は本妻のように気が利かないし、家庭的でもない。ましてや既婚者となれば、離婚するためにお金も時間もストレスもかかり、子供と会えなくなるリスク、社会的な地位や評判が傷つくと思うと、痛手が大きすぎる。
しかし本妻1人に絞るほど、本妻と一緒にいても浮気相手ほどは癒されない。いつかは終わる二股関係だからこそ、自分のの気が済むまで続けたい。

本命にも浮気相手にもそれぞれ良いところがあり、男の心と体を掴んで離さない。その意味では、「好きで、一緒にいたい」という気持ちは事実なのです。

別れようと思えば可能なのに

現実には、3組に1組が離婚をし、カップルはくっついたり離れたりを繰り返しています。別れようとすることは可能なのに、それを男がしない。どちらの女の気持ちに関しても軽く見ていて、結局自分のことが一番可愛いという、女にだらしない男なのです。

好きな男のことは、どんなことでも可愛く見えてくるでしょう。嘘っぽい言い訳も本当だと信じたいし、気まぐれに囁いた愛の言葉こそが真実だと思いたいのが、女というものかもしれませんが、現実は違うのです。

待つ女は心がすさむ

甘い言い訳や嘘を本気にして信じて、待っているうちに女の心はすさんできます。いつか本命彼女になれると信じているけど、いつまでも報われず、ずっとずっと待っている苦しさ。こんな状況を作り出している彼の気持ちを変えようと努力をするよりも、付き合う男自体をさっさと変えてしまったほうが、ずっと簡単に幸せになれます。
どんな男にも不満や短所はあるけれど、女にだらしない男はどこまでいっても治りません。仮にあなたが本命になれたとしても、彼がまた別の女と浮気することで新たな快感を得るかもしれないという不安がこの先もずっと続くだけなのです。

それは男選びが悪いのかもしれない

世の中には努力して得られることはたくさんあるけれど、恋愛に関しては「相手による」部分が大きいのです。あなたが努力していることは、違う男との次の恋愛には活かせるかもしれません。今の彼が努力し甲斐のある男かどうか、それはもうあなた自身がとっくに気づいてるんじゃないですか?
浮気男と恋愛中に「私が本命だもん」と信じられるような情報ばかりを集めて都合の悪いことには目をつぶる、そんなことは、そろそろやめにした方がいいかもしれませんよ?(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事