2018.07.05

【それ、愛情じゃなくてデートDVじゃない?】「強要」は愛じゃない

こんにちは、美佳です。
女子の中には、彼から「バカ」などのきつい言葉を浴びせられる、男のいる飲み会に行くのを禁止されて常にGPSで監視されている、などなど彼の行き過ぎた言動に対し反発するのではなく「彼は私を愛しているから、私にちょっと厳しいんだ」と、正当化してしまっている人いません?
けどそれ、ただのデートDVという可能性も無きにしも非ず…。

彼の言動が愛情かデートDVか、今一度見直してみましょう。

■デートDVとは5つのタイプDV

デートDVとは恋人間の間でおこる暴力のことで、単に殴る、叩くなどの「身体的暴力」だけでなく、「精神的暴力」「行動の制限」「経済的暴力」「性的暴力」の5つのタイプに分けられます。
さっくり述べますと、

◎「身体的暴力」
殴る、蹴る、髪を引っ張る、物を投げる、殴るフリや刃物等で脅すなど、文字通り身体的な暴力。

◎「精神的暴力」
「バカ」「デブ」等の言葉の暴力。「女のくせに」などの性差別発言。大声で怒鳴る、無視する。「別れたら自殺してやる!」などの心が傷つく暴力のこと。

◎「行動の制限」
「他の男の連絡先は消せ」「他の男と口きくな」等の行動の制限。GPSで常に居場所を監視する。趣味をやめさせたり、友達との約束を却下するなど、無理やり自分の思い通りにコントロールする暴力。

◎「経済的暴力」
デート代を支払わせる。高価なプレゼントを要求する。「返すから」と言って返したこともないのにお金を借りる(お金を渡さないとキレる)などの金銭面で相手を苦しめる暴力。

◎「性的暴力」
体調が悪いからと断っても無理やりエッチさせられる。望まないプレイを強要される。避妊を求めても避妊に協力してくれない。恥ずかしい動画や写真を撮影しようとする。など、望まないエッチをさせられること。

「あ、彼に当てはまる……」と思った女子!それ、彼の単なる嫉妬とかわがままではなく、デート DVじゃないですか?

■嫌なことを「強要」されるならDVと捉えていい

とはいえ、情があると単に彼の嫉妬なのかわがままなのか、それともデートDVなのかわからないこともありますよね?
まぁ、嫌なことを強要してくるのならデートDVと捉えていいのではないでしょうか。あなたにきちんと拒否権を行使できるのであれば、嫉妬や愛情ゆえではあるけど、彼の理解が足りなかっただけの言動とも言えるかもしれませんが、普通に考えて、嫌がることを「強要」するって、愛情からくる行動ではないですから。

また逆にあなたが彼にデートDVをしてないかも考えてください。
彼のスマホ勝手にチェックして女子の連絡先消してません?
彼のSNSを常に監視し、気に食わないことがあると激怒したりしてません?
「誕生日はエル〇スのバッグじゃなきゃヤダ!」など、無理に高価なもの買わせようとしてません?

彼からのデートDVもそうですが、自分も彼を苦しめていないかちょっと気をつけてみてください。

■おわりに

「きっと彼は変わってくれるはず!」と、彼のDVに悩まされながらも彼に愛情を注ぎ続ける女子もいるでしょうが、筆者的には、変わってからまた付き合いましょうよ……と言いたいところ。
とはいえ、好きだとなかなか離れられないですよね。なので、周りの人または相談窓口などでアドバイスをもらうのもいいかもしれませんよ。(美佳/ライター)

参考:『デート DV110番』http://ddv110.org/
高崎市 市政情報DV(デートDV)ってなに?
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014011700901/

(ハウコレ編集部)

関連記事