2018.06.28

失恋したら、ハイ、次の恋♡それ、ちょっと待った!

「振られちゃった」「恋人と別れた」何度しても、いくつになっても、失恋はつらく、苦しいもの。これまでの時間や思いがすべて泡となって消えたようで、ものすごい喪失感に襲われます。その言いようもない寂しさと、あなたはどう向き合いますか?もし「他の男性に慰めてもらうからいいもん!」と安易に考えているのであれば、ちょっと考えてみた方がいいかもしれません。

◆あなたの「失恋の乗り越え方」はなんですか?

ある人は、暗~い失恋ソング漬けになって、とにかく涙が枯れるまで泣くかもしれない。またある人は、女友達を誘ってパーッと騒ぎまくるかもしれない。はたまたある人は、仲良しの男性のもとを訪れ、慰めてもらうのかもしれません。

失恋の傷を癒やすには次の恋!なんて言われることもあるように、早々に、次なる彼氏候補に目を向けるという手もあるでしょう。そこまで打算的でなくても、ズバズバ厳しいことを言ってくる女友達より、優しい男友達に逃げたい……という甘い考えが浮かぶかもしれないですね。

でももし、それが失恋時のおきまりパターンになってしまっているのなら、「ホントにこれでいいのかな?」と考えてみてください。

◆安易に「次の恋」に逃げない

失恋して寂しいとき、男性に逃げてはいけない理由は、2つあります。1つは、失恋して傷心状態にある女の子に、男性の優しさは毒となるから。もう1つは、自分を見つめ直す機会を損失してしまうからです。1つずつ説明しましょう。

◯男性の優しさは毒となる

傷ついているとき、人の心はとても揺らぎやすく、もろい状態にあります。ちょっと優しい言葉をかけられると、それだけで相手を好きになったりするものなんです。

それが健全な恋なら何も問題はありません。でも、相手の男性に下心があったら?その場の雰囲気に流されて、そのまま体の関係を持ってしまったら?

これまでの良い関係性は間違いなく崩れ去るでしょう。他にも、思いがけないトラブルに発展するかもしれません。傷心の女の子が男性に甘えるというのは、意外とリスキーな行為なのです。

◯自分を見つめ直す機会を損失してしまう

そもそもの発端は失恋ですが、なぜそんなことになってしまったのか。時には、その理由をゆっくり考える必要もあるでしょう。

特に恋人と別れることになった場合、10:0で相手が悪い、というケースは稀です。もし自分自身にも別れの原因があったのなら、そことしっかり向き合う必要があるでしょう。

「自分がこの先どうすべきか」を考えていかなければ、また同じ失敗を繰り返してしまうかもしれませんよね。

◆自分と向き合うことが、次の恋につながる

失恋の痛みは苦しいもの。できることなら、「今すぐにでも忘れたい」「優しく甘やかしてくれる人のもとへ行きたい」そう思うのは当然のことでしょう。

でも、それが本当に自分のためになるのか?一度自分の胸に手をあてて、考えてみて欲しいです。すべての起こったことには、原因があるもの。一度の失恋から、学べることはきっとあります。

安易な道に逃げずに、じっくり自分と向き合ってみること。それが自分の魅力アップにもつながり、次の恋を運んできてくれるはずです。(七尾なお/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事