2018.06.24

ケンカになるとすぐ「別れよう」という彼。その真意&対処法って?

わたしもかつて、なんでそんな簡単に「別れたい」って言えるの?とか、何度も同じことを繰り返しているのに彼にすがり付いてるわたしってなんなんだろう、と思っていた時期がありました。脅されているようで気分は最悪だし、それでも別れたくないと思っている自分の情けなさ…。けれど、こういうときこそ、弱みに付け込まれたとは考えずに、自分がどうしていきたいかだけを見つめることが大切です。

●なんですぐに「別れよう」と言うの?

ケンカの大小に関わらず、何かにつけて「別れよう」と言ってくる彼は、いったい何を考えているのでしょう。本心からそう思っているとき以外、大切な人に向かってむやみやたらに言ってはいけない言葉です。威力がある言葉だからこそ、そんなにすぐに別れを切り出せるほど手軽な関係だったのかと、自分のすべてが傷つけられるような感覚に陥りますよね。


でも、彼の目的はいたって自分本位なもので、あなたが傷つくことなどお構いなし。なんでそんなことを言うの?と聞けば、彼は「別れるしか解決方法が見つからない」や「どうやっても価値観が合わない」など、それっぽく聞こえる理由を述べてくると思います。けれど、その裏に隠れた本当の理由は「自分に自信がない」というのがほとんどです。


●彼は本心では別れたいと思っている?

あまりにも頻繁に「別れよう」「別れたい」と言ってくるものだから、彼は本当はいつでも別れたがっているのに、私がすがり付くから付き合ってくれているのかな?と、虚しい疑問も生まれますよね。

あなたがすがり付かずに別れを受け入れた場合、彼の反応は性格によって変わりますが(逆にすがり付いてくるorプライドが高く引っ込みが付かなくなって本当に別れる)、どんな性格であっても変わらないのは、「あなたに愛されていたい」という気持ちと「別れたくない」という気持ち。ケンカになって2人の関係に危機を感じると、彼はあなたに愛されていたと思う一方で、自分に自信がないので、あなたの気持ちを確かめるような行動、つまり「すぐに別れようと言う」ことをしてしまうのです。少し歪んだ愛の形ではありますが、すぐに「別れよう」と言ってくる彼は、本当は別れたいとは思っていないのです。

あなたが「無理矢理に彼をつなぎとめているのでは?」と悩んでいるのなら、その心配は無用です。そもそも恋人関係は平等であるのが基本。自分を大切に思うのなら、「付き合ってもらっている」という考え方はしなくていいのです。


●今後の2人の間に力関係が生まれないために

別れようと言われると、何も考えられなくなって、「私が悪かった、ごめん」と、後先考えずに、とりあえずこの場を収めようとして謝ってしまいがちです。けれど、これを繰り返すうちに、毎回謝っている側は、自分のほうが弱い立場のように感じて確実に心をすり減らしていくし、この関係に疑問を深めていくと思います。


「別れたい」と言ってくるときの彼は、「別れる」か「別れない」かの二択でしか、あなたの愛を確かめる方法がないと思っています。なので「別れたいと思う原因を2人で解決していくことはできないのか」という新たな選択肢を提案してみると、彼が感じている不安を癒す方法が見つかるかもしれません。こうして話し合うことで、毎回一方的に別れを切り出されるばかりでなくなり、「別れよう」と言われた側の負担も減らしていくことができます。


●彼のその癖は「別れたいと言わないで」と約束しても治らない

「別れたい」と言われるということは、彼の不安定な気持ちが問題であったとしても、2人の関係で改善すべき部分があるいうことなのだと思うので、「別れたいって簡単に言わないで」と言ったところで、彼は同じことを繰り返します。なので、彼がそう言ってしまうのはなんでなんだろう?と、根っこの部分に目を向けると、また違った解決方法が見えて来るかもしれませんね。(ヒラタイカホノ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事