2018.06.22

彼が結婚を考えられないただ一つの理由

結婚を考えられないなんて、私のことそれほど好きじゃないの?その場の彼女で終わりなの?そう不安を感じる女性もいることでしょう。けれど、彼はあなたのことをちゃんと好きだし、一緒にいたいとも思っている。じゃぁ、なんで??

こんなとき男性は、居酒屋でビール片手に同僚に言うのです。「決め手に欠ける」と。

この決め手とはなんなのか。男性自身も言葉にできない無自覚な『本音』について、お話しいたしましょう。

●「結婚」の2文字に翻弄されるカップルの悲しいすれ違い

それは、久々に男友達と飲みに行ったときのこと。そういえば仲のいい彼女とはどうなったんだい?てな話を振ると、別れていたことが発覚。

別れた原因は、かまってちゃんだった彼女的には俺の愛が足りなかったんだろうと、振られた彼は言う。夜は深まり、私は今ひたすら結婚がしたいと暴露すると、彼は「そう言えば『結婚は今は考えてない』て言ったことあったなぁ」とほろ酔いの表情でさらり。え、原因それじゃん。(即座に指摘させていただきました。)

いつかは結婚しようと思っていたから、貯金を始めた頃だったようで、彼的には本当に『今は』結婚を考えていなかっただけ。けれど、彼女からしたら死活問題。きっと傷ついたに違いない。彼にとって私の存在はその程度だったんだ、という悲しい気持ちは、なかなか忘れられないものです。そもそも、付き合っていて好きだとも言ってくれるのに、結婚を考えられないという思考回路というか、神経が理解できないですよね。いつとまでは言わなくとも、考えていてはほしいというのが、女心でしょう。

彼の様子からすると深い意味はなく、本当になんの気なく答えたようですが。
そうして、彼が気付かないうちに、2人の距離は少しずつズレていったのでしょう。

●「結婚したいって言うなら努力をして!」そんな彼の言葉のウラを読み解く

その後もぽつりぽつりと、彼は語ってくれました。結婚したいって彼女もよく言っていた、と。
でも、結婚したいと言うだけで何も行動しなかった彼女に「結婚したいって言うなら、そう思わせるような努力を見てせ欲しかった」とも。
結婚したい身である私は、「どういう努力をしたら結婚したいって思うの?ねぇ!」と、まるで結婚したい女性代表のように、前のめりになって問い詰めました。

彼曰く「俺好みの料理をしてくれたり、掃除を頑張ってくれたり…かなあ」と。なんと曖昧な。そんなこと結婚したい女性の大多数が実践済みですがなにか?ケンカを売りそうになったけれど、冷静に考えてみれば、男性もどうしたら自分が結婚したいと思うのか答えられなくて当然。

ロマンチックとは程遠い私の父でさえ、なんでお母さんと結婚したの?という質問に「お母さんを誰にも盗られたくなかったから」と答えていました。こんなふうに、リスクしかない結婚を男性が望むとすれば、男性自身も気付いていない、本能を刺激されたときだけなのです。

●彼に結婚を決心させるのに、あなたが出来ること

結婚を決心できない理由はたくさんありますが、そこに隠れている本音は『独占したいと思えてない』のただ一つ。となると、女性側が努力するべきなのは、いつかの幸せのために身を削って彼に尽くすことではなく、どうしたら彼に『盗られてたまるか!』と思わせることが出来るのか、よーく考えること。男性は、その女性のことを思っている時間が多ければ多いほど、手放すのが惜しいほど好きだと実感するものです。これをベースに考えると、LINEのしすぎや、尽くしすぎはあまりよくない気がしてきますね。

結婚したいからそばに居るよりも、結婚したいから、ある程度の距離を保つこと。付き合っている段階で、すべてをさらけ出したほうが信頼関係を築けそうですが、それでは結婚しなくても、彼はあなたを独り占めできてしまっている状態。

男性は自らが頑張って、あなたの知られざる魅力を手に入れたいのです。そpの具体的な行動こそが、結婚だと言えるのかもしれません。

彼はただ、自分の隣で楽しそうに笑って、幸せそうに過ごしているあなたを捕まえたくて、結婚したくなるのです。彼があなたへ求めているのは、我慢を強いることでも、複雑なことでもなかったのですね。

2人の未来のことは安心して彼にたくしてしまいましょう。男性は信頼されると、より愛情を注いでくれるようになるそうですよ。あなたはただ、自分を楽しませるように生きていれば、それだけで充分です。(ヒラタイカホノ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事