2018.06.18

本命女子に対して男子がみんな「ガツガツ!」くるとは限りませんよ?

デートをしていると、「この人私のことどう思ってるんだろうなー」なんて考えてしまう瞬間があると思います。

そして、そんなことを考えてしまうということは、その男子から具体的にアクションがなくて、何目的で私をデートに誘ってるのかがよくわからないからだと思います。
そりゃ「ガツガツ!」してたらある意味わかりやすいのかもしれませんが、実際、男子はみんな本命女子に対してそうあるかというと、全然そんなことはありません。
むしろ、本命だからこそ消極的で、良くも悪くも「紳士」になってしまうことがあるんです。

1.無理には誘わない

「ぐいぐい誘ってくるのが本命の合図」と思うのは少し違うかもしれないと、私は経験に照らして思います。

もちろんぐいぐい来るのが、「私に興味がある」ということの表れなのはそうでしょう。だけど、その「興味」がロクでもない興味ということもよくある。はっきり言えば、エッチしたいだけとか。

本命なら、むしろこちらの気持ちを全力で尊重して、「本気でデートをしたいと思ってもらえるまで気長に待つ」「無理に誘っても意味ない」という考え方になるので、「ごめんやっぱりその日難しいかも」とこちらが言えば、「そっか、わかった。残念だけど、また誘うね」とあっさりしている(ように見える)。逆に身体だけが目的の人は、こういうとき「えー、ちょっともダメ?夜遅くてもいいから」と見苦しく引き下がります。「しつこい」と思われてもいいや(ヤレれば)と思っているからですね。

2.めっちゃあっさり帰らせる

その子を本気で思っている男子ほど、こちらが「帰ろうかな」という前に「そろそろ帰りますか?」と切り出してくれることが多いです。

それにはいろいろ理由があって、ひとつは「お持ち帰りだけが目的と思われたくない」という、つまりは誠実と思われたいという気持ちがありますね。

また、「相手から『ごめんもうそろそろ帰るね』と言われるのが少しダサいので、だったら自分から促した方がマシだから」みたいな考えの男子もいます。要するに、相手から先に「帰っていい?」と言わせるのは、まるで自分が「隙あらばお持ち帰りしようとしてるやつ」に思われるかもしれないということで、あくまで「紳士」を演じようと頑張っているということです。

実際、「もうちょっと一緒にいてもいいんだよ?」という気持ちがあるけれども、「今日は帰ろうか。また会おうよ」と言ってくれる男子って、なんか信頼できますよね。少なくとも「終電のがそうよ」なんて平気で言ってくる人よりは。

3.「つまらなそう」に見える

私の知り合いでひとり、本気女子の前だと、途端につまらなくなる男子がいます。その人は、飲み会とかそういう場ではたくさん面白い話をしてみんなを笑わせるタイプの人なのに、(本人曰くではありますが)本気で好きな人の前だと、すごくテンションが低くて、口下手で、まあ言ってしまえば「つまらなそう」にしている。そしてそれを見た相手が、「ああ、私といるの楽しくないんだな」と勘違いしてしまう悪循環。

もちろん、好きな人の前ではどんなときよりハイテンションという人もいるわけですが、どちらにせよ、「いつもどおりでいられない」人が多いんです。

おわりに

もちろん、「この要素さえあれば絶対にあなたは本命だ」というわけじゃありません。ただ、「ぐいぐい来てないのは私に興味がないからだ」「強引に関係を進めようとしないのはそういうことだ」という風なマインドを持ってしまうと、あなたのことを本気で思っているかもしれない人を見逃してしまうかもしれませんし、また、反対に、あなたの身体しか見てない男子にときめいて、ついて行ってしまうかもしれません。

どうでもいい子にこそ、オラオラいける。大切な子には慎重になってしまう。
この男子の心理をひとつ覚えておいてほしいと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事