2018.06.10

恐怖!ハイスペ男子の「ダークトライアド」って知ってる?

こんにちは、美佳です。
恋活・婚活で人気の高いハイスペック男子。
まぁハイスペと言っても色々ありますよね。経営者だったり、大手企業の役員だったり、開業医だったり……。ただ共通しているのは、「仕事がデキて、稼いでいる」という成功したイメージでしょう。

そんなハイスペ男子は魅力的ではありますが、ハイスペなりの欠点も、もちろんあります。

よく言われるのは「ダークトライアド」。ハイスペ男子はダークトライアドと呼ばれる「ナルシスト・サイコパス・マキャベリスト」な面を持っている人が多いのです。今回は、それについて少し話しましょう。

■自分大好き!自分最優先なナルシスト!

ナルシスト。ご存知の通り自分大好きな人のこと。成功者の多くはナルシスト傾向が強いです。自分大好きなため、他人よりも、そしてパートナーよりも自分を最優先しがちですね。

事実、筆者過去に数名経営者とお付き合いしましたが、高確率でナルシストでした。人にもよりますが、一見、物腰やわらかで謙虚そうに見えても、人の予定を聞いているふりして、結局自分に合わせるように持っていったり、話題の中心にいたい願望が強かったり、チヤホヤされたい人が多め。

ナルシスト度合いにもよりますが、基本自己チューなので高確率でパートナーを振り回すタイプです。引っ張って行って欲しい女子なら良いのでしょうが、対等に支えあって付き合いたい女子からしたら、一癖も二癖もある相手だと思います。

■人の気持ちに鈍感で共感能力が低いサイコパス!

成功したハイスペの多くがサイコパス傾向です。リーダーシップはあったりするのですが、他人の気持ちに鈍感で共感能力の低め、ホントに。

他人の気持ちに鈍感、というか……まぁ、どちらかといえば大して相手に興味がないから気持ちを知ろうとしてない、共感しようとしてないという感じもありますがね。

なので、彼女が「会いたい!」と言っても「忙しいから無理」と、普通に“しょうがないじゃん、忙しいんだもん”と言わんばかりにデートをバッサリ断ったりもします。申し訳なさも少なめです。

ただ、統率力があったりもするので彼の周りに崇拝者的な存在がチラホラいたりとカリスマ性のあるサイコパスもいます。とはいえ、他人の気持ちなんてあまり考えてないので、常習的に嘘をつくことも。

「彼は私の気持ちを全然わかってくれない…」「彼はいつも自分本位で行動する…」とお悩み女子の彼氏はサイコパス気質だったりしますね。

年収や地位が上がるにつれサイコパス傾向が強くなるようなので、高収入ハイスペ男子希望なら、その辺の覚悟は必要かもしれません。

■自分の利益のためなら手段を選ばないマキャベリスト!

マキャベリストってあまり聞かない言葉ですよね。簡単にいえば、自分の利益のため、目標達成のために手段を選ばない人のことです。
成功したハイスペ男子は、手段を選ばなかったから成功した、ということも多いにあります。

事実、筆者とある経営者と付き合っている時に、彼に某アーティストのライブに誘われたのです。けど、ライブ1週間前に体調を崩したら「早く治してよ、病人と行っても面白くない」とキツイ言葉を浴びせられました。(今思う、この時点で筆者が彼を振っておくべきだった…)

で、ライブ二日前に「だいぶ良くなったよ」と彼に連絡を入れたら「完治してないの?俺はライブを全力で楽しみたいから別れよう」と、ライブと天秤にかけられ振られました。彼こそまさに他人の感情に鈍感なサイコパスで、目標達成のためなら手段を選ばないマキャベリストでしたね。自分の利益・目的のために、ある日突然別れを宣告する人もいます。ハイスペ男子と付き合えてもずっと一緒に居られるとは限らないのです。

■終わりに

魅力的なハイスペ男子。けど、ハイスペなりの欠点もあります。
まぁハイスペ男子の全員が全員ではないですが、ざっくり言うと「自分本位」な人が多いということ。振り回されたくない!というのならハイスペ男子はオススメしません。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事