2018.06.09

恋愛とは別物なんで。「彼と結婚して大丈夫?」チェックリスト

「好きだけど、それだけで結婚して大丈夫?」「今の彼氏が旦那さんになるって、なんだかピンとこないんだけど……」結婚に憧れを抱きつつ、同じくらい不安を持っている女性たち。それだけ、結婚が女性のライフサイクルに及ぼす影響が大きいからでしょうね。さて、今おつき合いしているあなたの彼、結婚しても本当に大丈夫?そのあたりをばっちり見極めるための、チェックポイントをお伝えします!

◆結婚は「好き」だけでは乗り越えられない「生活」だ

現代では恋愛結婚が主流です。筆者の親世代では、まだまだお見合い夫婦も少なくなかったようですが、今はあまり見かけませんよね。つまり、見渡してみると周りの夫婦のほとんどが、恋愛を経て結婚に至っているわけです。

だからこそ、結婚は恋愛の延長線上にあるものというイメージが強いのですが、実際にはそうではありません。いや、ちょっとはその要素もありますが……。

ズバリ言ってしまえば、結婚は単純な「好き好き、大好き!」という勢いだけでは乗り越えられない「生活」です。惚れた弱み、恋は盲目、あばたもえくぼ。多少の短所ならば喜んで目をつぶってあげたくなる恋愛と、結婚は大きく違います。

だからこそ、結婚する前に「この人と本当に結婚していいの?」と不安になるし、その不安を解消するためにもしっかり目を見開いて、相手を見定める必要があるのです。

◆「この人と本当に結婚していいの?」あなたの彼をチェック!

では、「結婚」というテーマを基準にすると、彼はどんな存在なのでしょう。

○生活力はあるか
結婚は生活です。恋愛が日常生活に彩りを与えてくれる存在だとしたら、結婚は日常生活に溶け込むもの。その結婚生活を充実したものにするためには、夫の「生活力」が欠かせません。

今や専業主婦世帯より、共働き世帯の方が多いと言われる時代です。「家事は女の仕事」なんて平然と言ってのけるような男性と結婚しては、先が思いやられます。

日々の料理は妻が担当するにしても、妻が仕事で家を空けるとき、自分のご飯は自分で用意する、洗濯機を回して洗濯物を干したり、ゴミの日にはゴミ出しをしたり……。そういった基本的な生活力が備わっていない相手との結婚生活は、とても消耗します。

母親が何から何までやってあげるようなタイプだと、自分のことすら自分でできない大人になりがちです。結婚してから「母ならこうしてくれたのに……」なんて文句を言われかねないので、彼の生活力については入念にチェックを。

○会話がしっかりできるか
何か問題が生じたとき、きちんと話し合うことができる人なのか。これは家族として長くつき合っていくうえで、重要なポイントになります。

「黙って言うこと聞いておけばいいんだよ!」なんてすぐに声を荒げるような人は論外ですが、真面目な話になるとコソコソ逃げ出すような人も問題です。

男性の中には「面倒な話はできるだけ避けたい」と考える人も多いです。「仕方ないなぁ」と許しているうちにいつの間にかストレスMAX!なんてことになりかねないので、何かあったら二人で話し合う、という習慣は早めにつけておきましょう。

○将来設計は
お見合いに比べて恋愛結婚では軽視しがちですが、これも忘れてはいけません。

・収入や職業
・仕事に対する姿勢
・将来的に子どもがほしいか
・親との同居は考えているのか

このあたりについては、とりあえず確認しておく方が無難でしょう。もっとも、結婚生活を続けるうえで考えや状況が変わることはありますが。

こういったトピックは、交際段階では話しにくい内容かもしれません。が、うやむやにして結婚し、その後トラブルになって離婚……というケースも少なくないのです。

言いにくいこと、聞きにくいことほど、結婚前にきちんと確認しておくことが大切です。

◆愛情だって大切です

結婚する前のチェックポイントということでいろいろ挙げてきましたが、何を置いても愛情が大事なのは間違いありません。愛なき結婚生活ほど寂しく、味気のないものはないでしょう。

ただし、愛があれば何でも乗り越えられる!というほど甘いものでもない、ということは頭の片隅に入れておいてくださいね。(七尾なお/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事