2018.06.08

男からの返信が途絶えるLINEには、特徴がある!

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。日本人の約8割が毎日愛用しているLINE。恋愛コミュニケーションにおいても無くてはならない存在だというのは、みなさんおわかりかと思います。そんなLINEをうまく使いこなせるかどうかで恋愛が成就する確率も大きく変わってきます。今回は、男とLINE交換まではうまくいったのに、LINEをし始めると徐々に返信が途絶える女の特徴について男目線で書いてみたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

1.一方的に追っかける女は面倒臭い

男もLINE交換をするということは、好意が確実にあるとまでは言い切れませんが、あなたの印象はよかったということです。おそらく印象が悪ければLINE交換なんて後々面倒なことになると思ってしません(笑)。

そこから何回かLINEのラリーを繰り返すうちに、「おや、おや」と思いはじめて、最後は面倒臭い女だなとレッテルを貼られてフェードアウトするパターンが多々あります。基本、男は興味ある獲物を追っかけたい生き物。だからLINEでも男におっかけさせないと男は飽きてしまうわけです。LINEの返信が途絶える人は、例えば質問攻めにしたり、褒めそやして好きアピールをしたりと、男を一方的に追っかけていませんか?

2.LINEの内容が重い YESorNOで答えられない

先程お伝えしたように、男はLINEでも女を追っかけたいんです。それなのに女から追っかけられるLINEには胸焼けさえ覚えます。その代表的なLINEが内容が重いやつです。もう少し具体的に言うならYESorNOでは答えられないようなもの。たまにならまだ許せるんですが、それが毎回だとさすがに辛いです。LINEは基本テンポが命ですから、なるべく3行くらいで簡潔な内容でラリーしたほうがいいです。もし、重たい内容で彼と話したいのであれば、LINEじゃなく電話か直接会って話すことをオススメします。

3.いらないギャップ

ギャップがある女はモテるというジンクスはあります。確かにプラスのギャップなら最高です(笑)。ただ見た目が大人しく清楚な感じなのにLINEがギャルっぽいセンテンスやスタンプだと、違和感を覚え、男としてはひいてしまいます。他にも、まだそんなに親しくないのにすぐタメ語で距離を詰めてくる下手なLINEも返信が途絶えがちです。「せっかくライン交換できたんだし、会ったときとは違う感じも見せたい」と思ってのことかもしれませんが、「思ってたのと違ったな…」とマイナスになってしまっては意味がありません。相手の男がどんなタイプかわからないうちは、無難にデスマス調の丁寧な言葉でやりとりしたほうがアンパイです。

4.連投の恐怖

重たい内容のLINEと同様で、男性が返す前にどんどん送ってくる連投タイプも「胸焼けLINE」です。たまに、LINEアプリの通知バッチの数字が多くて楽しみに開けてみると、全てその子からのLINEだったりすると、ちょっと男としては怖いです(笑)。そうですね~、1回に送るアベレージは3吹き出しくらいにしましょう。

おわりに 

好きな想いを伝えたいから、どうしても長めのLINEや多めの吹き出しになってしまいがちです。つきあって安定期に入れば問題ないんですが、まだつき合う前やつき合って時期が浅い時から、今回紹介したLINEを送られると男としても嫌気がさしてしまいます。ぜひその好きな想いをグッと我慢して、男から追っかけさせるLINEをやってみましょう。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事