2018.06.04

25歳を超えたら恋愛もオトナの恋愛にシフト

こんにちは、美佳です。

筆者、ここ数年によく周りから「やっと大人っぽくなったね」とか「年相応のファッションになってきたね」と言われます。
別にエイジストは好きじゃないし、エイジストになるつもりもないですが、まぁある程度「年相応」というのは大事だと思うのです。
言葉遣いも、お酒の飲み方も、ファッションも、そして恋愛も!

じゃぁ、どんな恋愛をオトナの恋愛というのだ?と疑問に思う女子もいるでしょう。オトナの恋愛についてざっくり話そうと思います。

■連絡が少なくても良い関係が保てるのがオトナ

まずコミュニケーションツールとして欠かせないLINE。
好きな彼とはマメにLINEでやり取りすることでしょう。

けど、「なんで返信くれないの?」「私から連絡しないと連絡くれないよね?」など、LINEが原因で喧嘩になってしまうのはちょっと幼稚だなと思うのです。

ふたりの恋愛を繋ぐメインがLINEになっていたら、その関係は遅かれ早かれ終わりますよ。

学生の頃は恋愛中心の生活でも、歳を重ねるごとに仕事や友達付き合い等でそれなりに忙しく、恋愛中心の生活ではいられなくなってきます。

LINEありきの恋愛は25歳まで。オトナになってまでLINEに振り回される恋愛はちょっと痛いです。

■全てを共有しようとするのは幼稚すぎる

次にプライバーについて。
「お互い秘密ごとはなし!」というカップルもいるでしょう。
けど、全てを共有しようとするのは如何なものかと思うのです。

全てのSNSで彼とつながる、互いのスマホはいつでも覗いてよし……などなど。
それで安心できる!という女子もまぁいるでしょう。
でも、そこまでしないと彼を信じれない、安心できない関係って微妙だと思うのです。

パートナーを不安にさせない努力は大事だと思いますが、無駄に決まりごとを作らなきゃ続かない関係ってどうなのでしょう?
また、強制的に相手にもプライバシー開示させる関係ってどこか乱暴な気がするのです。

「秘密ごとはなし!」って一見ラブラブで信頼し合っている感じにも思えますが……筆者的には依存的な気がしてなりません。
別にお互いがいなくても、お互いそれぞれの人生は成り立つはずです、オトナならね。
なのに、そこまでして繋がろうとするのはオトナになりきれてない証拠なのでは?一心同体じゃないと付き合った感じがしないのは、きっと自立できてないからですよ。

25歳超えたら、それぞれに世界があることを受け入れた方がいいかと。

■駆け引き・腹の探り合いではなく本音で語れる雰囲気作りを

最後に本音。「彼が何を考えているかわからない」「彼が浮気しているかもしれない」と、駆け引きやカマかけ、腹の探りあいをする女子もいるはず。けど駆け引きやカマかけ、腹の探り合いをしないといけない関係は25歳まで!

そんなトリックのような、ゲームのような恋で絆なんて生まれませんよ。

25歳過ぎたら腹の探り合い等するのではなく、しっかり本音で語ること。
お互い本音が語れるように、話しやすい雰囲気作りをすること。
相手の意見が自分の意見と違っても、頭ごなしに否定しないこと。
相手が間違いを犯しても、謝ってくれたのなら心から許すこと。

一人で「彼、浮気しているかも…」と悪い妄想を膨らませて、予感を的中させてしまうくらいなら、彼としっかり本音で話しましょう。
本音が言えない関係なんて恋に恋しているのと変わりません。

■終わりに

無駄に情熱的で盲目チックな恋愛もいいですが、25歳を過ぎたら精神的な繋がり重視の恋愛にシフトしましょう。そのためにも、しっかり彼と向き合うことが大切です。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事