2018.06.03

彼の浮気が許せないのは「大好き」だから。別れるより許した方がいい訳

こんにちは。沙木貴咲です。彼氏が浮気しているとわかった時、まず一番に「自分がどんな感情を抱いているか?」を確かめることが大事です。

悲しみ?怒り?呆れ?失望?

浮気した彼をどう感じたかによって、その後の対処法が変わってくるでしょう。

■とにかく「怒り」!

彼氏が浮気したとわかって怒りがこみ上げてくる場合、「それでも彼が好き」が本当の気持ちです。
自分を裏切ったことを許せないと口では言っても、心ではやっぱり彼を大事に思っているでしょう。怒りに任せて別れたなら、冷静になってから後悔してしまいます。きっと復縁したいと思えてくるはず。

彼氏を愛しているから、悔しくてたまらないのです。それが、彼の浮気に対する怒りの正体。
別れるのが最善の方法とはいえません。

■彼の過ちを許す

怒りが爆発すれば、そう簡単には許せないかもしれませんが……この場合の解決策は「彼を許す」になります。
悪いのは彼氏とはいえ、あなたが許せるかどうかが、その後の恋人関係を決めるといっても良いでしょう。

浮気がバレれば、彼氏は平謝りするはず。それを受け入れて、「もう二度としない」と約束させたら、この話は終わり。
長期間に渡ってネチネチお説教をしたり、会うたびにヒステリックに怒鳴り散らしたりすると、彼もさすがにウンザリしてしまいます。

また、とことん怒って彼に謝罪させたのであれば、時間が経ってから「そういえば、あの時に……」と話を蒸し返さないこと。言いたくなるのはわかるのですが、話を蒸し返すと彼は気持ちが萎えてしまいます。自業自得ではあっても、不仲になるのはあなたの本意ではないはず。

彼氏とずっと一緒にいたいと願うなら、しっかり謝罪させた後は寛容に振る舞うこと。怒りよりも好きという気持ちに注目してみてください。

■それでも許せない時……

許すしか方法がないといっても、彼の浮気を思えば腹立たしくなります。そんなにすぐ心がスッキリするわけではないでしょう。

そういう時は、自分の中に湧き上がる感情を、素直に彼に伝えてみてください。
たとえば、「とてもショック。腹が立ってしょうがない。でも、別れたくないという気持ちがあって、やっぱりあなたが好き。好きだから悔しい。そんな気持ちを理解してほしい」と。

この時、感情的に責めることはしないように。怒りは自覚するとドンドン膨れ上がるもので、いつまでも文句を言い続けても、お互いに得はありません。
憎しみより愛を意識した方が、彼も深く反省してくれるはずです。

■悲しみ・呆れ・失望

彼の浮気を知って、呆れたり、「こんなヤツを好きになったのは間違いだった」と冷めた感覚が湧き上がったりしたら、お別れするのが最善です。

呆れ・失望の本質にあるのは、驚き。
最高の人だと思っていたのに、最低だと知って驚いた。誠実さを愛していたのに、実は真逆で驚いたなど、彼氏の人格を疑うような心境になっているはず。自分の中の常識を超えた裏切りに対して、「私はもう、あなたを受け入れることができない」と判断しているでしょう。

そして、悲しみが強く湧き上がった場合、精神的な傷が大きく、彼にどう対処するかよりも、自分の立て直しを優先してください。
未練があっても、自分を傷つけた彼と一緒にいることは、決してプラスになりません。一人になるのが怖くても、別れるのが良いのではないでしょうか。

■さいごに

どう対処するとしても、一番大事なのは自分です。
自分の本当の意志は「付き合い続けたい」なのか「別れたい」なのかを、まず冷静に見極めましょう。

そして、彼が全面的に悪いとしても、怒りを好き勝手に暴走させていいとは考えないように。真摯に謝ってくれたら、話はそこで終わり。時間が経ってから話を蒸し返さないこと。

怒っていつまでも責め続けるより、「こんなにも好きだから、残念だ」と一言告げた方が、彼は深く反省するはず。自分を恥じて罪悪感を抱き、二度と浮気しないに違いありません。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事