2018.05.23

愛され彼女は、ドレスよりもかわいいパジャマで勝負する

「好きな人のための頑張り」というものが、相手から常に気づいてもらえて評価してもらえるとは限りません。
恋をするというのは、その自分なりの頑張りの方向性と、好きな人の気持ちとを少しずつ折り合いをつけていくことなんじゃないかなって思うんです。
今日はそんなお話です。

■パジャマだけには興味を示した彼

はっきり言って私はおしゃれにかなり気を使うほうでして、そりゃ彼氏とのデートとなれば、タンスを全部ひっくり返しながら究極にマイベストな着こなしを探し出して本番に望んでしまうわけです。

だけど残念ながらたいてい私が付き合う相手は(というか世の中の男子ほぼみんなだと思いますが)「私の服がエロいかどうか」くらいしかロクに見てくれない。

私の脚とお尻とお胸がいかに魅力的に強調されているかしかろくすっぽ見ていないのです(「お胸」って)!

そんなふうに諦め掛けていた矢先、彼がなんと私のあるファッションをめちゃ褒めしてくれたんです。そう、そのファッションというのが、パジャマ。

たまたま某◯ェラピ◯で見かけて衝動買いをしたふわもこのパジャマを彼は、私がそれを着た初日に「それ、超いいじゃん!」とすごいテンションで嬉しそうに褒めてくれました。

小躍りする彼を前に私は遠い目で思いました。そういえば、男子って「中学のときのお古のジャージがいい!」「いや男物のTシャツの方がいい!」とか、女子のパジャマにだけは、いつになく激論を交わしていたなー、と。

きっと男子にとって「彼女のパジャマ」というのは、「俺が脱がせる服」っていう意味で、一番興味があるものなんだろうな……って。

自分がもっとも本気を出していたデート最中のファッションよりも、衝動買いした“ただの”パジャマが簡単に褒められたことには複雑な気持ちでしたが、それでもやっぱり、褒めてもらえたのは嬉しかったという記憶です。

■彼の好きそうなところでこだわってみる

てか私、自分語りしすぎぃいい! すみません。
でももちろん、一応ちゃんと伝えたいことがあって書いております。
それは、「せっかく好きな人のために頑張るのなら、気づいてもらえるフィールドで頑張りたいよね」ってことです。
私のパジャマはたまたまのビギナーズラックでしたが、それ以来、パジャマとか下着とか、彼が喜ぶところのおしゃれも以前より気にするようになりましたよ。

だってやっぱり、頑張るなら褒めてほしいし、認めてもらいたいから。

「結果より努力」なんて泥臭いことは言いませんよ私は。省エネでいいじゃないですか。ただでさえ女子でいるのは大変なことなんですから。

「手料理食べたい!」って言われたら「煮物」を思い浮かべるんじゃなくて、 スーパーでいい肉買ってきて焼けばいいだけ。「頑張らないと」と思うのも大事だけど、まずは手軽に「おいしい!」と言ってもらえた成功体験から始めた方が長続きもするしね。仮に煮物の腕は超一級なんだとしても、その子はひょっとしたらただの「肉焼き女」に簡単に負けてしまうかもしれません。

だから何かを始めよう、頑張ろうって思うときには、必ず好きな人の方向を向きながらそれをやるようにしてみてほしいんです。
そして、何よりもまず、「パジャマを『かわいい』って言わせる」というのにトライをしたことがない人はぜひ、さっそくやってみてくださいね(笑)。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事