2018.05.12

カン違いしてません?本気の恋愛と重い恋愛の違い

「わたし、重すぎてよく振られちゃうんです…」
そんな相談をたびたび受けます。しかし、振られる原因だと認識している、その“重さ”。どういうことなのか、本当に理解できているのでしょうか。

好きの気持ちが大きい、一途すぎる、そんなイメージでしょうか。
でも本気で愛されるというのは、彼にとってうれしいことのはず。
敬遠されてしまう「重い恋愛」と歓迎される「本気の恋愛」の違いとはどこにあるのでしょうか。

・ネガティブな好きとポジティブな好き

「元カノは、ことあるごとに『わたしのこと捨てないでね』と言ってて、その大きすぎる愛に耐えられないと思って別れたんだけど、『大好きだからずっと一緒にいたい!』って言ってくる今カノのことは俺も大好き。気持ちの大きさじゃなくて単に縋ってくる感じが嫌だったんだなって気付いた」(24歳/商社)

彼と別れたら生きていけない…そんなネガティブな想いで恋愛していませんか?
彼がいないと寂しい、ひとりぼっちに耐えられない、そんな理由で「捨てないで」と泣きつけば相手に暗くおも~い印象を与えてしまいます。彼とのお付き合いが楽しいから、彼のことが大好きだから一緒にいたい!そういう前向きな「好き」であれば彼もそれを前向きに受け取ってくれるはず。必死に引き留めなくても、これからもずっと一緒にいたい!と思ってもらえるのです。

・彼以外の世界があるか

「彼女から一筋に愛されることはすごく嬉しいよ!でも、友人とかやりたいこととかもゼロでただただ俺しかいないから俺だけに愛情注いでくる…みたいなのは重くてつらい。こっちもやりたいことを制限されるし嫌だな」(21歳/学生)

“自分だけを見てほしい”そう思うのは男子も一緒。だから一途で誠実な彼女が求められるんです。でもそれは「他の異性にふらふらしない」ということ。全てを捨てて彼に尽くすということではないんです。彼の為に授業も休んで、サークルも辞めて…そんなことをすれば、彼は彼女の友達の代わりや趣味の代わり、彼女の将来の心配までもしなくてはいけなくなってしまいます。その重圧に耐えられなくなってしまうのです。自分の生活を充実させたうえで、恋愛も楽しむ、そんな余裕が彼を追い詰めることなく愛を深めていくことが出来るのです。

・彼に与えられるものがあるか

「ギブギブギブの元カノ。デート代も俺、相談に乗るのもいつも俺、してあげるばっかで彼女が俺にしてくれることが本当になくて。はじめは年上だから仕方ないと思ってたけど、そのうち彼女が重い荷物みたいに感じてきて嫌になった。ある程度ギブアンドテイクじゃないと上手くいかないよ」(23歳/大学院生)

年下彼女にありがちなおんぶに抱っこスタイル。付き合い始めはそうやって頼られることに彼も喜びを感じるでしょうが、ずっとそのままではやっていけません。すべて自分が請け負わなくてはいけない状況に、彼も疲れてしまいます。彼のしんどい時に話を聞いてあげる、好きな手料理をふるまってあげる、など些細なことでもいいんです。自分を支えてくれる彼のために、あなたもしてあげられることをしてあげてください。

・焦っていないか

「付き合って2週間なのに『結婚してね』って言ってきた子にはドン引きした。もちろん好きだから付き合ったんだけど、そういうのって一緒に時間を過ごす中で感じるようになるのが普通でしょ?早く責任とらせたい…みたいな圧力が重く感じてしまう」(22歳/学生)

大好きな人とやっと付き合えた!となると関係をどんどん進めたくなる気持ちは分かります。でも、大切なのは彼を攻め立てることでなく、彼との愛を深めていくことです。そこをすっとばして、彼女という立場を死守しようと焦るから重いと思われてしまうのです。一緒に色々なことを乗り越えていけば絆が強まり、自然と家族に紹介されたり、同棲をはじめたり、そして結婚に至ったりと進展していきます。

急がば回れ。目標やゴールばかりにとらわれず、お付き合い自体を楽しみましょう。

おわりに

恋愛に大切なのは、お互いに愛し合うこと。一方的では上手くいきません。彼は操り人形ではないのですから、自分の気持ちを押し付けて好き勝手に時間や自由を奪うことは不可能なのです。
相手の気持ちを考え、2人の幸せも考え、思いやりのある行動を。愛で縛るのでなく、愛で包み込んであげましょう。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事