2018.03.21

春は花見の季節!彼との「お花見デート」を企画しよう

春といえばお花見ですよね。きれいな桜は見ているだけでも癒されます。この季節は、大好きな彼と「お花見デート」をしたいもの。こういう、季節特有のイベントは思い出に残りますからね。お花見デートを企画する上で、考えておきたいポイントをご紹介しましょう。

■時間帯はどうする?

お花見は時間帯によって、その雰囲気も様変わりします。


基本的には昼か夜。太陽の下で輝く桜を眺めつつ、明るく爽やかに、まったりデートするなら比較的暖かい昼がおすすめ。月に照らされた夜桜を眺めつつ、ロマンチックで静かな雰囲気のデートを楽しみたいなら夜が良いでしょう。もちろんデートのはじめの終わりで「両方楽しむ」のもありです。

もし早起きできるなら、人が少ない朝を狙うのもひとつ。施設によっては入れないことも多いですから、公園など「いつでも桜が見られる場所」を選び、寒さにも気をつけてください。

■食事はどうする?

お花見と言えば、桜を眺めながら食事するというイメージがあると思います。きれいな景色を見ながらの食事は、人一倍美味しく感じるものですよね。

手作りのお弁当を持っていくも良し、途中で買っていくも良し。

おすすめは手作りのお弁当です。彼の胃袋をつかむチャンス!凝ったものではなくても、おにぎりやサンドイッチで十分なので、料理が苦手な方もぜひチャレンジしてみてください。一緒に作る、なんていうのも、ワクワク感が膨らみますね。

荷物を少なくするなら近くのコンビニやファストフード店で現地調達したり、美味しいパン屋さんで買っていったり。デパ地下のデリで買っていく、なんてのもOK。あえて花見では食事はとらず、行き帰りに外食という手もあります。

■花見の楽しみ方

花見というと、毎年ニュースでは桜の下にブルーシートを敷いて楽しむ人達の映像が映し出されますが、楽しみ方はそれだけではありませんよね。ふたりのデートだからこそ、桜並木を散歩したり、乗り物から眺めたり。最近は、桜が見えることをウリにしたカフェなんかも多く、デートにぴったりです。


ふたりで寝転がれる程度のシートがあれば、彼と一緒にまったりできるのでおすすめです。また、お花見というとどうしても「桜のある広い公園」と思ってしまいますが、桜並木の遊歩道を散歩して、途中のベンチで食事をする、なんてのも立派なお花見です。テラス席から桜を楽しめるカフェなんかも人気ですが、この時期は予約が必要だったりするので、事前にチェックしておきましょう。

ほかにも、観光地ではバスやロープウェイ、遊覧船など、いろいろな乗り物から花見を楽しむこともできます。お花見を兼ねた旅行に出かけるのも良いですね。

■大事なのは「リラックス」できるかどうか

いろいろ名楽しみ方がありますが、大事なのは、「ふたりでリラックスすること」です。

お花見に来たのだから花を見ないと!と思うかもしれませんが、そういった楽しい雰囲気の中で彼と会話を楽しみながら、一緒の時間を過ごすことこそに意味があるのです。

また、天候の影響も大きいので、雨が降りそうなら無理せず中止する方が無難です。せっかく企画したからと無理矢理花見をしても、楽しめないどころか険悪なムードになりかねません。お花見は、「彼とさらに仲を深める、ちょっと特別感のあるデート」なのですから。

おわりに

いつも訪れている場所も、この時期だけは別世界のような雰囲気になります。もしスケジュールが合うようなら、ぜひ彼とお花見デートを楽しんでみてください。(水林ゆづる/ライター)

(ハウコレ編集部)
前田怜里/モデル)
島崎雄史/カメラマン)
JYO/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)
関連キーワード

関連記事