2018.03.16

好きでもない相手と付き合っていると、自分のことを嫌いになる【トイアンナのしくじり恋愛】

こんにちは、トイアンナです。「嫌いな人と恋愛関係になる」って、普通なら考えられないことです……けれど。現実には、よくあります。「最初はそうでもなかったのに、どんどん嫌いになってしまう」関係は。

「相手の欠点が目に付いて嫌いになってしまった」
「好きではないまま熱烈に口説かれて付き合ったが段々苦手意識が強くなった」
「彼の浮気を1度許したけれど、それから彼を見るたびに吐きそうになる」
こんな風に付き合ってから嫌いになってしまうと「じゃ、別れよっか」なんて気軽な決断は下せなくなります。最初はあんなに好きだったのに、嫌いになってしまったのはきっと自分のせいだ、と。

もうダメだ、と分かってから苦痛は始まる

好きでもない相手と付き合う。それ自体はよくあることですし、私はむしろ推奨します。だって付き合ってみないと、相手の良し悪しなんて分からないですもの。でも付き合ってから「やっぱりダメだった」「なおいっそう嫌いになった」というリスクもそこにはあります。

で、「この人はどうあがいても好きになれないな」と心が決まってから、苦悩は始まります。だって付き合うって決めたのは自分だし、相手は自分のことを好きでいてくれるんだから。悪いのは相手を愛せない自分だけです。

人には「返報性の法則」といって、恩を受けると相手に冷たくできなくなる心理が働きます。「いいじゃん、好きでもない相手なんだから。適当に尽くさせて捨てればいいよ」と無責任なことはできないのが人間ってもんです。愛されたら愛情を返さねばと考えてしまう。そして愛せない相手を愛そうとうすることは、苦痛でしかありません。

時間がたてばたつほど、嫌い度は高まる

けれど、そこで「あと数か月待てば変わるかも」と慣性の法則でダラダラ付き合い続けると恋愛はもれなく死にます。何か月待ったところで、相手はあなた好みに変わりっこないんですもん。むしろ気になっていた欠点がどんどん目立つようになるでしょう。

だから「この人との関係はもうないな」と決まってから取るべき最適な行動は「さっさと関係を切る」の一択です。相手が泣こうが喚こうが、無慈悲に関係を切る。そうすればざっくりと傷はつきますが治りも早い。そこでズルズルと関係を続ければ続けるほど、後で受けるダメージは大きくなります。

……なーんてこと、わかっちゃいるけど切れないんだこれが!! 

人の恋愛相談には正論を言えるんですけどね、自分が苦手になってしまっただけで相手に落ち度も何もないとき無慈悲に振るなんて簡単にできやしませんよ。だって相手からは尽くされて、愛されてるんですよ? そのうえで「無理っす、何なら付き合うほどに嫌悪感高まってます」って言えますか? 私はムリ。

早めに関係を切って元気になった体験談を聞く

「ここまで私を好きになってくれる人、もういないかも」「愛される方が幸せになれるって言うし」とぐだぐだしたい女子、つまり過去の私よ。そこへの処方箋はひとつしかありません。さっさと関係を切って一人の幸せを満喫できた先輩の話を聞くのです。

別れてスッキリした女子の話を聞いていると、グダグダと好きでもない相手に付き合う自分が愚かに見えてきます。そして気づきます。「この人と付き合うと、自分のことを嫌いになるばっかりだ」と。

好きでもない相手と、グダグダやりあう苦労を「愛されてるから幸せ」なんて妄想で覆い隠すのはやめましょう。不幸な二人より、幸せなおひとり様です。あの時はちょっとへこんだけど、一週間もしたら元気になれた。そんな体験談、周囲の友達にゴロゴロ転がっております。振るつらさは一瞬。継続すればそれだけモヤモヤが続きます。さあ、勇気を出して乙女たちよ。傷つけ、傷つけられて幸せになるのだ。(トイアンナ/ライター)

【トイアンナのしくじり恋愛】
(ハウコレ編集部)

関連記事