2018.01.11

彼とのデート代、どうするのがベスト?長続きカップルに見習うお金のお話

みなさんは彼とのデート代、どんな風に支払っていますか?
「男側が払うでしょ」といわんばかりに彼に任せっきりで彼がストレスを感じたり、逆に自分が払う金額が多くなりがちで不満な女の子も、意外と多いんです。でも、こういうことはきちんと整頓しておくべき!

これをきっかけに、彼との間のお金の問題はしっかり解決しておきませんか?

実はお金が原因でケンカしているカップルはとても多い

大抵のケンカの原因は彼がお金を出してくれなくて、女の子の負担が増え、それが積もり積もって爆発するパターンです。彼もまだたくさん収入があるわけでもないし、男同士で飲みに行ったりすることを優先するので、いつもお金がないんですね。

女の子は甲斐甲斐しくフォローしますが、「どうして私ばっかり!」とケンカになってしまう…。
でも、お金のことでケンカするとすごく後味が悪いので、みんななるべく避けているのです。

解決法1:お互いに払う部分を話し合っておく

例えばデートのランチ代はあなた、ディナー代は彼、カフェ代はあなた、お泊りするときは彼、というように、あらかじめ決めてしまいます。これでケンカはだいぶ減り、ストレスも大幅にカットされます。

お泊り代がちょっと大きすぎると彼の不満がたまらないように、時々あなたが出したり、お互い若くてお金もないから、と割り勘にしちゃうもの手です。

ポイントは、お互いに出せる金額をしっかり話し合い、無理しておしゃれなお店を選ばないなど、相手のお財布事情も考えてデートすることです。この方法は男女ともにやりくりを学べます。

解決法2:共同のお財布をひとつ作る

これは長続きカップルがよくやっている、ストレスフリーな方法。
あなたがお財布をひとつ買ってきて、毎月1日になったら「一人〇〇円」と決めて入れていきます。そして、デート代の全てはそこから支払うことで、ケンカとは無縁になれるのです。
お互いの収入の額を考慮して、彼は3万円、あなたは2万円、のように差をつけることもOK。

割り勘に近いお金の出し方だけど、レジでスマートにお会計が出来るので、お互い気持ちのいいやり方です。この方法で女の子は奥さん気分も味わえるし、やりくりの感覚も磨かれます。残ったお金は翌月に持ち越したり、二人で美味しいものを食べてもいいですね。

男性は財布の紐を握られるのが「嬉しい派」と「NG派」に分かれる

そしてこの、「女性が財布を管理する」ことへの意識に関して。
これって実は頭に入れておかないといけない問題です。

男性は女の子にお財布を渡してニコニコするタイプと、「絶対に嫌だ」とかたくなに拒否するタイプとに分かれます。これはその人の「生理的に受け付ける・受け付けない」の世界ですので、もし彼が一緒のお財布を嫌がったら、無理強いしないであげて下さいね。

お金の感覚が合ってくるともっと仲良くなれます

お金ってあまり口に出して話し合うことはないけど、生きていく上で絶対にないといけない大切なものです。二人で今月いくら使ったかを把握できるようになったらプロカップルです。長続きカップルは女の子が奥さん役を買って出て、共同財布の収支をメモしていたりします。

将来結婚したら、家計簿を付けたり貯金を把握したり、お金のお仕事は増えますよね。今からお金のことをしっかり考えて行動するのは、あなたにとっても彼にとっても、将来大きなプラスになる経験です。

彼と仲良く話し合いながら、二人にとってベストなお財布事情を見つけて下さい!(椎名うらら/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事