2017.12.29

世にも悲しき「残業男子」に染み渡る女子の慰めLINE

社会人男子の中でも、日常的に残業に追われる男子の精神的な疲労度といったら、もう平日の夜に「今日ご飯でもどう?」なんて誘ったらスマホの画面越しに呪いの矢でも飛んできそうな勢いです。

そんな勢いに乗った(?)彼らですから、残業男子に気のあるor好きな女子としては、LINEを送るときには特段の配慮が必要ですね。

では、残業男子の心の地雷を踏まず、かつ、彼らの心のオアシスになるような女子のLINEとは?

1.「あと2日!」

「残業しまくってる身としては、あと週末が来るまで何日か数えるのだけが心の支えだったりするから、『明日金曜日だぞ!』みたいに叱咤激励してくれるとやる気出たりする」(広告/24才)

リアルな意見……。
「あと少し頑張れば、休みだ……」というのを現実的に実感できるような励ましは人気でしたね。他にも、「今月は祝日多め!」とか。

それにしても、金曜日まであと何日あるかとか、そんなカレンダー見れば当たり前だろうが!みたいなことを何度も反すうして心の支えにしているとはなかなかウケますが、彼らも、頑張っている!

2.「私も残業……」

「一番励みになるのは、何と言っても同じ残業仲間からの応援だよね」(営業/23才)

これは間違いないでしょうね。痛みの分かるもの同士なら、「一緒に社蓄頑張ろう!」とか「残業ばっかりで、なんのために生きてるかわかんなくなるよね(笑)」とか、きつめのブラックジョークがいくらでも盛り上がりそうですね。

幸いなことに、残業のないあなたの場合は、「残業頑張ってる君に負けじと、資格の勉強頑張るね!」といったように、あなたの頑張りに感化されました感を出してあげると、むくわれた気持ちになるそうです。

3.「お仕事終わって、気が向いたらLINEください!」

「仕事終わりとかは、『こんな遅くに帰ってるの、友達の中で俺だけだろうなー』とか思いながら寂しく孤独に帰ってるから、わりと話し相手とかほしいんだよね。だから、急がれてもさすがに無理だけど、返信を楽しみにされるのは悪くない」(商社/25才)

返信を求めたら、ウザそうって感じるのはあるかもしれないけれど、「できたらでいいので」という留保をつければ問題ありません。

それよりも、彼が大変なことは承知の上で、それでもLINEしたいんですという素直な気持ちを表すことで、「求められてるんだ、俺」という安堵感を与えることができるんじゃないでしょうか。

まあ、それでもやっぱり、返信は期待できないかもしれませんけどね。気持ちが届くことが大事ってことです。

4.「今から飲まない?」

「俺は意外と、残業ある日に飲み誘われるの好きだよ。予定があったら、めっちゃ頑張って早く終わらせようって気持ちになるし」(法律関係/25才)

あとは、「確実に終電までに終わらなそうな人かは、逆に諦めていったん酒飲みたくなるんだよね」みたいな意見もありました。
いくら残業だからって、少なくともご飯は食べますからね(笑)。そこまで堕ちてません、彼らも。

だからそういうときには、職場の近くまで行ってあげることにした上でご飯誘ってあげたらいいんですよー。

おわりに

きっとあなたの好きな残業男子は、毎日頑張って一生懸命に仕事に取り組んでいるその姿が素敵なのでしょう。

そんな彼らのやりがい、辛さ、諦めない気持ちを尊重してあげつつも、「私はここにいるよー」というのをさりげなくアピールしていってあげてください。
「この子に支えてほしい」と思ってもらえるその日のために。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事