2017.12.19

「とにかく恋がしたい」という気持ちだけでは幸せにはなれません

「恋がしたい」とか「彼氏がほしい」なんて、会う度にいつも口にしている女性っていますよね。

しかし、恋愛に対する気持ちだけがどんどん先走ると、幸せへとつながっていくのは難しくなるものかもしれません。

■「恋愛への憧れ」だけなのかも

恋愛は大抵の場合、好きな男性や気になる男性ができて、どんどんその思いが強くなり、そのまま恋へ落ちていくという形が多いです。

でも、「とにかく恋がしたい」といった、一種の恋愛への憧れのような気持ちだけが先走ると、その形が大きく崩れていってしまいます。

一緒にいたいと思える人がいて初めてスタートする恋が、「恋がしたいから何とかして彼氏を探す」という、おかしな順序になってしまうのです。
それは極端な話、相手は誰でもいい状態であるとも言えます。

そういう状態になると、変な男にだまされやすくなる危険性も出てきます。いわば、基準がおかしくなってしまっているわけですから。

どういう恋がしたいか?どういう人と合うのか?といったことを無視して、相手がどういう人かきちんと理解しないままに関係を深めてしまうことは、恋が長く続かないだけでなく、キケンなことでもあります。

■「恋をすれば幸せになれる」と思いすぎ

なぜそんな思いになってしまうのかというと、「恋をすればきっと幸せな日々を送れるはず」という思いばかりが強くなっているからかも。

たしかに、恋人ができれば、毎日楽しくてワクワクして幸せな日々を送れることでしょう。

ただ、それはあくまでも、本当に好きな男性と付き合うことができた場合ですし、本当に思い合える相手とめぐり会えた場合です。そしてもちろん、その中でも悩みや不安はつきものです。

相手のことが本当に好きなのかどうかわからないまま付き合っても、幸せを感じられる可能性は極めて低いです。

最初のうちは彼氏ができたうれしさを感じることができたとしても、次第に「なんでこの人と付き合っているんだろう」なんて気持ちに襲われるはず。

それを理解しておかないと、強引に彼氏を作ったところで、すぐに別れを迎えてしまうだけでしょう。

■「満たされない原因」を恋愛にしてしまう

おそらくこういう「恋愛すれば幸せになれる」と考えるタイプの女性は、現状にあまり満足できていない部分が多いのかもしれません。
どことなく満たされない日々を過ごしていて、その状況を打破するためにも、「素敵な恋愛をして幸せな毎日を送りたい」という思いが芽生えるのでしょう。

ただ、満たされない日々の原因が、恋愛をしていないことだけにあると思い込んでしまうのはやや危険。

それでは根本的な改善にはつながらない恐れもあるので、結局は心が満たされるような恋愛もできないはずです。
「どうして私を幸せにしてくれないの?」と、全てを男性の責任にするような恋愛にもなってしまいやすいかも。自分がどういうところに物足りなさを感じるのか、一度立ち止まって考えてみる必要があるかもしれません。

おわりに


「恋がしたい」という思いは、誰しもが持っているものでしょう。でも、その漠然とした気持ちだけで恋愛をしても、きっとお互いに幸せだとは感じられないはず。強引に恋愛をしようとして焦ってしまうと、いい恋愛は手に入れられませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事