2017.12.15

ぜんぶ同じなんて、あり得ないよね?「価値観の違いで別れる」のホント

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
「価値観が違うから別れよう」と、フラれた経験がある人もいるのではないでしょうか。
でも、よく考えてみたら「価値観が違ったって、具体的にどういうこと?」って思いませんか?
今回は、「価値観の違いで別れる」ことの真意について掘り下げます。

「価値観が違う」ことが原因では別れません

実は、人は「価値観が違う」ことが原因では別れません。
そもそも、価値観という言葉自体、とてもあいまいなもの。

お金の価値観だったり、仕事に対する価値観など、さまざまなものを指します。
だから、価値観がすべて一致する人なんていないわけです。

家族だって「お金の価値観は一緒だけど、趣味の価値観は違う」だったり、親友だって「趣味の価値観は同じだけど、恋愛の価値観は全く違う」というのは、よくありますよね。
でも、それだけで「もう、この人と一緒にいるなんて無理!」ってならないはずです。

「価値観が違う」の真実

では、なぜ「価値観が違って別れる」ことになるのかというと、「価値観が違うことが気になる。気に障る」から。

つまり、相手との違いがあるかないか、ということではなく、その違いに対して「この人のここが嫌い」「この人のこれが理解できない」と思う気持ちこそが、別れの原因。

たとえば、自分は毎日でも連絡をとりたいのに、彼は必要事項でしかLINEも電話もしてくれないだとか、逆に自分は友達との時間や趣味の時間も必要なのに、彼は休日は恋人同士で過ごすものだと決めつけていていつもケンカになってしまうだとか、そうした違いによる「すれ違い」こそが「価値観が違うから別れよう」のもとなのです。

「価値観が違う」のに別れないカップル

「違うな」と思うことがまったくないカップルっているんでしょうか。
おそらく、ほぼゼロだと思います。
それなら、「価値観が違うから別れる」カップルと「価値観は違うけど幸せ」カップルの違いは何なのか疑問に思う人もいますよね。

その答えは、「価値観の違いが気にならないくらい、相手のここが好き」ポイントがあるかどうか。

趣味の価値観が違うけど、優しい彼が大好き!
お金の価値観は違うけど、頼りになる彼が大好き!
こんな風に思えるカップルは、価値観の違いなんて簡単に乗り越えられるんです。

彼に「価値観が違う」と言われたら

彼に「価値観が違う」と言われた人は、自分のすべてを否定されたように感じてしまうかもしれません。
でも、落ち込まなくて大丈夫。

前述したように、「価値観が違う」というのは、「〇〇なところが合わない」ということ。
あなたのことが嫌いという意味ではありません。

彼に「価値観違うよね」と言われたら、「具体的にどんなところ?」と聞いてみましょう。
そして、「確かにそれは違うかもしれないけど、〇〇なところは私たちそっくりだよね」と答えればOK。
ふたりの中に「違うところはあるけれど、しっくりくる」という意識が育っていきます。

おわりに

 
「価値観が違う」ことは、当たり前。
その上で、「でも、〇〇が好き!」に気づけるカップルは、違うからこそ補い合うこともできる、長く付き合えるカップルになれますよ。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事