2017.12.10

「まだ付き合ってないのに、雰囲気でキスしちゃった」その後、どうする?

まだ付き合ってはないけど、彼のことが好きだし、まあまあいい雰囲気。そんなときにキスをされた経験はありませんか?

幸せな気持ちだったけど、まだお互い告白前。女子としてはちょっぴり悩むところですよね。そこで今回は、そんなキスの後に踏むべきステップをご紹介していきましょう。

■彼との関係や想いを確認!

キスをしたということは、きっとお互い惹かれているはず。そういった意味では、ある意味キスは告白のようなものかもしません。しかし、そうではない場合も少なからず存在します。

まずは、彼とどういう関係だったのかを再確認してみましょう。まだ友達だったのか、それ以上だったのか。何回デートしたことがあるのか、お互いのことをどれだけ知っているのか。

そして、彼に対する気持ちも大切です。「好き」なのがたしかであったとしても、自分が「どんな人」を好きになったのか。冷静に彼の人となりを分析したり、長所も短所も考えたうえで、特別な関係になりたいと思っているのか考えたり。

「キスをした」という事実でふわふわ~っと流されて、本当なら「ちょっとここは気になる(嫌かも)」と思っていたような部分もスルーしてしまう可能性があるので、ちょっと冷静に洗い出してみるべきです。

まずは客観的に、大切にされているか、そして大切にしたい相手かを考えてみましょう。

■キスしたときの気持ちと許した理由を確認

まずは冷静になって、「キスをした時」のことを思い返していきましょう。キスをしたとき、自分はどんな気持ちだったのでしょうか?

複雑な感情だったかもしれませんが、必ずキスを許した理由や感じたことが思い浮かんでくるはずです。それを冷静に自己分析していけば、自分でも気づいていなかった気持ちが見えてくるかもしれません。

■早く会って、気持ちをたしかめる

キスをした事実をうやむやにしたり、キスぐらいいいじゃん、という流れにしたりするのは嫌!そう思っているのであれば、なるべく早く、ふたりきりで会う機会を作りましょう

突然のキスの後では会うのも、それについて話すのもとても勇気がいるものです。とはいえいまは、これからのふたりを左右するとても大切な時期です。

彼と一緒にいたい、ちゃんと恋人同士になりたいと思えるかどうか。自分の気持ちをまず確かめるとともに、彼があのキスをどう思っているのかも、しっかり聞いておきましょう。

特別な関係になりたいのであれば、「特別なことだった」という事実を共有することが大切ですよ。

■告白してから二度目のキスを!

雰囲気でしてしまったキスを、告白替わりにすることはおすすめしません。きちんと言葉で伝えるという行為を通過することで、お互いに、お互いを大切にしていく決意ができるからです。

そのため、お互いの気持ちを言葉で確認するまでは、次回のキスはお預け!次のキスに不安が残らないようにするためにも、ちゃんと告白しあって、改めてキスをするようにしましょう。

■おわりに

キスという行為自体は、唇を重ねるシンプルなものですが、いろんな気持ちが込められますし、いろんな気持ちが生まれるものです。

自分の気持ちを整理して、分析して、どうしたいのかをハッキリさせること。そして、うやむやにせず勇気をもって気持ちを伝えること。このふたつをクリアして、幸せなキスに繋げていきましょう!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事