2017.11.15

男子が「えこひいき」されて嬉しくないはずがないんです!

えこひいき、ぶりっこ、ウラオモテ。
女子が、自分が気になっている男子にだけとるこういった態度を揶揄する人(とくに女子)は多いですが、そんなものは、そのえこひいきを受ける男子からすればどこ吹く風。

度がすぎるものはよくないけど、自分だけ特別扱いされるのって、結局嬉しいものなんですよね。

今回は、えこひいきと恋の関係について考えてみたいと思います。

バッシングは妬み

「えこひいきをディスってるのって、どうせモテない女子だろって男子から見てて思う」(大学生/19才)

特定の男子にだけえこひいきをしていると、たいていは「あの子、腹黒っ」なんてバッシングを受けてしまうわけですが、こういったものは、基本的には妬み嫉みの類ですので、気にする必要はありません。

女子なら、バッシングしているのは、だいたいが「えこひいきをできない人」。

つまり、自分が好きな人に対して「あなたのことが好きなんです!」という気持ちを表明した態度をとっているとても素直な一面を見て、「自分はそういうこと、できないしな……。いつもシャイでかわいくない感じになっちゃう」と、羨ましがってるだけなんです。

だって、別にその子が特定の男子にえこひいきをしても、異性である自分には、なんのデメリットもないのに。それでもディスるって、もう妬み嫉みじゃなきゃなんなのって感じです。

男子からのは、あるとすれば非モテ男子からのもの。「俺はそんなこと誰からもされねーし」としょげて、えこひいきをする女子、される男子の両方を妬んでいるのです。

こんな陰口を叩かれるのが万が一耳に入ってしまっても、「ふーん、どうせ羨ましいんでしょー!」とのんきにしていればいいんですよ。

「ウラオモテある人」と思われないために

「えこひいきしてくれるのは嬉しいけど、ウラオモテある子なんじゃないかって、少し思われやすいかもね」(メーカー/23才)

周りの人からどう思われようと大したことじゃないけど、まさに自分がえこひいきをしている相手その人から「この人、ウラオモテありそうだよなぁ」と思われてしまっては元も子もありません。

実際、自分に対してえこひいきモードオンのあなたと、他の人に対してオフのあなたを見比べて、こんなふうに感じてしまわないとも限りませんからね。

そのためには、えこひいきの加減、やり方に気をつけることです。
例えば、えこひいきモードがオフのときにも、「お前に興味ないんだよ! 引っ込め!」みたいな態度は控えることです。恋に夢中で、好きな男子との距離を縮めるのに必死になっていると、ついつい、その男子以外や女子との絡みをおざなりにしがちです。

話しかけられても、心ここに在らずといった感じで冷たく接したり、そもそもコミュニケーションを極端に減らしたりすると、こういった事態に陥りかねません。
えこひいきのオンオフの落差は、なるべく小さくしておくことが大切ですね。

また、TPOも大切ですね。みんながいるような飲み会でえこひいきを使うのは、オンオフの差がはっきりわかりやすくなるのでなるべく控える。その代わり、LINEするときや、ふたりきりで話すときには思い切りターボにする。

周りからの批判なんて気にする必要はないけど、好きな彼自身があなたを評価するとき、「周りの意見」を考慮することもきっとあるでしょう。だから、無用な風評被害は、こうしてしっかり防止しておきましょう。

えこひいきは素直の証


先にも少し述べましたが、もともと、えこひいきというのは、「好きだから、その人に対してだけ特別かわいく思われたいって気持ちが素直に態度に表れたもの」なんです。

だったら、それを恥じる必要もためらう必要もないし、やっかみ女子みたいに、好きな人とそうじゃない人を無駄に平等に扱う博愛主義を取る必要もありません。

「えこひいきされて気持ちよくない男子なんていないでしょ。自分だけ色目使ってもらえるって、男子としては最高の名誉だよ」(商社/24才)

特別扱いされて、嬉しくないようの歪んで捻じ曲がった人なんて、そうそういません。
だから、好きな人には、素直にえこひいきをしていくべき。

ただ、そのために、無駄に周りを敵に回したり、また、そのせいで好きな男子から疑われるなんていう風評被害を受けても馬鹿馬鹿しいので、あんまり露骨にではなく、さりげなく、巧妙に、したたかに、がえこひいきの秘訣です。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事