2017.09.29

恋愛対象外です!男が無意識に出している「興味なしサイン」

男性は、恋愛対象として見ていない女性からアプローチされたときには、無意識的にサインを出しているものです。

そのサインにちゃんと気づいて、改善すべき部分は改善していく、もしくは諦めて他を探すなどしないと、いつまでもムダな時間と労力を欠けることになってしまいます。

そこで今回は、男が無意識に出している「興味なしサイン」を紹介します。

1.「レス」が全然こない

「興味のない女性からのLINEは、返信も遅くなっちゃうかも」(27歳/男性/金融)

「好きでもない女の子からのどうでもいいLINEには、返信する気になれない」(26歳/男性/飲食)

気になる男性にLINEを送ると、いつもどのくらいで返信がきますか?
すぐに返信がきたり、遅くてもその日のうちに返信がくるのであれば、好意もあるのかも。

逆に、いつも数日経ってからだったり、既読無視なんてこともよくあるのであれば、あなたには興味がない証拠。

その状況で、特にこれといった用件もないLINEを送り続けてしまうと、確実に嫌われてしまうだけなので、それだけはやめておきましょう。

2.「カッコつける気」がゼロ

「好きじゃない子の前では、カッコつける意味もあまりない気がする」(31歳/男性/アパレル)

「カッコイイところを見せたいと思うかどうかで、自分の本気度もわかるかも」(26歳/男性/マスコミ)

当然ですが、好きな女の子の前では男性はカッコをつけるもの。
好意を持たれたいので、少しでも自分を良く見せようとするはず。

そういった素振りが一切見られず、ダサい格好を平気でしてきたり、自分のダメな部分も全く隠す気がないのであれば、あなたは恋愛対象外かもしれません。間違っても「素を見せているのは、心を許してくれているから」なんてプラスに見てはいけません。

あなたに“女”を感じていない可能性も高いので、ときにはちょっと色っぽい姿を見せたりして、“女”を意識させてみることも大事ですよ。

3.「2人きり」は拒否される


「興味のない女性とは、2人きりで遊びに行ったりはしないかな」(27歳/男性/広報)

「2人きりになっちゃうと、変に誤解させちゃいそうだから嫌ですね」(26歳/男性/不動産)

好きでもない女性とは、男性はなかなか2人きりで会ったりはしません。
「みんなで遊ぼう」とか「○○も呼ぼう」なんて言われてしまうことが多いのであれば、遠回しに「興味なしサイン」を出されているのでしょう。

そういった場合は、焦っていきなり2人きりになろうとするのではなく、まずはみんなで遊んだりして少しずつ距離を縮めていくことが、間違いなく最善の方法ですよ。

4.「目」が全く合わない

「どうでもいい女性の話って、真剣に聞く気にもなれないかも」(28歳/男性/飲食)

「ちゃんと目を見て話を聞くのは、本気で好きな女性の場合だけ」(30歳/男性/商社)

会話をしているときも、目が全く合わなかったり、どこかうわの空な返事が多いのは、あまり真剣にあなたの話を聞いていない証拠。
そしてそれは、あなたには興味がないというサインでもあります。

例えば、男性の好きなものなど興味を持ってもらえるような話をするようにしたり、自分がたくさん話すよりも男性の話を聞くという姿勢を取るようにすると、少しずつあなたへも関心を持ってくれるようになりやすいかも。

おわりに

今回紹介したような「興味なしサイン」を男性が出していた場合は、あなたの言動などを改善していかないと、なかなか距離を縮めることもできないでしょう。

一気に深い仲になろうとせず、少しずつでいいので壁を壊していくようにすれば、あなたを見る目が変わる可能性もありますよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事