2017.05.10

なんでこうなるの!?「好きじゃない男」にばかり言い寄られる原因

好きな男性ではなく、なぜか興味がない男性ばかりから言い寄られてしまうようなことってありませんか?

そういう状況になってしまうのには、実は女性の方にも原因があったりもするのです。

そこで今回は、「好きじゃない男」にばかり言い寄られる原因を紹介します。

1.誰にでも「やさしい」

「みんなにやさしく接している女の子って、みんなから好かれちゃうから、男もどんどん寄ってきちゃいますよね。羨ましそうにも見えるけど、大変そうな気もします」(24歳/女性/販売)

誰にでもやさしく接することができる人は素敵ですし、みんなから愛される人でもあるでしょう。ただ、「もしかして俺のこと好きなのかな?」と感じる男性が多くなってもしまいやすいもの。
特に男性はこういった勘違いをしがち。その気がないのであれば、距離を縮めすぎてしまうのは危険な面もあります。「友達」であることをハッキリ言ったりと、ときに線引することも重要。変に勘違いさせてしまうことがないようにだけは、気をつけておきましょう。

2.「好きな人」の前では緊張しすぎる

「何とも思っていない男性の前では普通に話せるんですけど、好きな男性の前だと緊張しちゃってうまく話せなくなっちゃいます。だからうまくいかないんですよね」(25歳/女性/WEBデザイナー)

好きな男性の前では、緊張していつもの自分ではいられなくなる。
これは女性であれば、誰もが経験することでしょう。うまく話せなかったり、素っ気ない感じになってしまったりということが続くと、「俺のこと嫌いなのかもな」と男性にも思われてしまいます。逆に、「どうでもいい男性」の前なら緊張もしないので、自然な笑顔で楽しく過ごせる。そのときの雰囲気が魅力的で、男性が気になり始めてしまう…というパターンだと、「どうでもいい男性」からばかり好かれることになりますよね。

緊張してしまうのはわかりますが、せめて愛想だけでも良くしておかないと、好きな男性からはいつまでも好意を持ってもらえないかも。

3.押されると「断れない」

「はっきりと嫌だと言えないから、変に男性に気を持たせることになっちゃうこともある気がします。いけないとは思うんですけど、なかなか断れないんですよね…」(27歳/女性/IT)

押しに弱くて断ることができない女性は、好きでもない男性からも言い寄られてしまいやすいです。はっきりと嫌だとは言わないので、男性の方も「押せば何とかなるかも」と考えます。断るべきところはしっかりと断らないと、男性にも誤解を与えてしまうだけ。相手に申し訳ないという気持ちになるのかもしれませんが、まずは自分の気持ちが一番大事ですよ。

4.「理想」が高すぎる

「理想があまりにも高い女性は、なかなか理想通りの男性が近寄ってきてくれませんよね。結果的に、興味のない男性から言い寄られることが多くなっちゃうのかも」(26歳/女性/美容師)

「好きな男性からは言い寄られない」という女性は、理想が高すぎるというケースもあります。それなりに男性からは声をかけられているのに、理想が高すぎるせいで、「どうでもいい男からばかり」と思ってしまっているだけなのかも。「興味ない」とばっさり捨ててしまわず、少しは向き合ってみると、意外と「どうでもよくない」、自分似合う人かもしれませんよ。

おわりに

「好きじゃない男性」から言い寄られてばかりいるのであれば、自分にも改善すべきポイントがあるのかもしれません。ときには断る勇気も、しっかりと持っておくべきでしょうね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事