2017.04.26

「未完了な気持ち」は残さないで!長かった片思いの諦め方

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

長く叶うことのない片思いは、それだけ時間をかけてきたぶん、諦めるのが難しいものです。

自分なりに何度も諦めようとしたけれど、諦めきれなくて辛い…という人もいるのではないでしょうか?恋は理屈ではなく感情の問題ですから、余計に難しいのだと思います。

しかし、どんなに思い続けてもかなわない、どんなにアプローチしてもかなわない。そんな風に、諦めるべき恋があるのも確かです。

今回は、長かった片思いを諦める方法について、効果的なものを4つお伝えしていきます。

1.あなたの気持ちをしっかりと伝え、玉砕する。

人は未完了な気持ちが残っていると、いつまでも引きずってしまいます。

たとえば、好きな人に告白できなかったというのは、自分の思いが未完了であるということになるので、いつまでも好きな人が忘れられません。

もし、相手に気持ちを伝えず、今も引きずっているのであれば、気持ちを完了させるために、告白した方が良いでしょう。

そして、ハッキリと断られることが出来れば、諦めがつくかもしれません。
ただし、相手の方があいまいな返事をすると更に、片思いを長引かせてしまうこともあります。

告白する前に、ハッキリ言ってほしいこと、ハッキリ言われないと次に進めないことを伝えるのがポイントです。

2.片思いの相手と、目に触れる機会を減らしていくこと。


片思いの相手と会う、見る機会を減らしていきましょう。

彼がいる集まりには出かけないなど、リアルの場で会わないようにしたり、SNSなど、ネット上でも目に触れないようにするのです。

もちろん、こちらから連絡も取らないようにしますし、相手からも連絡が来ないようにします。片思いの人の情報が入ってこなければ、時間とともに自然と思いは小さくなっていくはずです。

3.片思いの相手を思い出させるものを全て遠ざける。

片思いの相手を思い出せるものを捨てたり、遠ざけましょう。
例えば、彼を思い出させる思い出の品、音楽、映画、場所などなど……。あなたの身の回りや生活圏内にありませんか?

彼と関連するものが全くない環境であれば、彼を思い出すことも少なくなりますからね。あとは、時間がたてばたつほど、彼への思いは小さくなっていくことでしょう。

4.新しい出会いを探すこと。

新しい出会いは、過去の恋を忘れさせる特効薬と言いますが、まさにその通り。

積極的に合コンや紹介など、新しい出会いを探し、彼を忘れるようにしましょう。特に女性は一般的に言われているように、恋は上書き思考です。

新しいで会いが始まれば、きっと長い片思いも忘れられることでしょう。行動あるのみです。

おわりに

特にオススメなのが、1つめの「気持ちをしっかり伝え、玉砕すること」です。ずっと片思いを引きずっているケースは、告白していなかったり、告白してもあいまいな返事しかもらっていないがゆえに、気持ちが未完了であることが多いのです。少し勇気のある行動ですが、これが一番効果的なのです。このあとに2つめ、3つ目とつづくこともやっていくと、新しい気持ちで次に進めるのではないでしょうか。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事