2017.04.24

「もっといい人がいるよ」は地雷…!フッた男性をより傷つけてしまう4つの行動

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。
恋愛において、フラれた方は良くも悪くも一言一句覚えていたり、その後の態度も良く覚えているものです。

ですが、フッた方にとっては、特別な相手ではなかったということ。その時、相手に何を言ったか、その後、相手にどのような態度で接したなど、意識しないのでほとんど覚えていません。
もしかしたら無意識に、フッた相手を更に傷つけてしまっているかもしれませんよ。そうなると、後々トラブルのもととなる可能性もあります。
今回は、告白されて断った時に、相手の男性をより傷つけてしまう4つの行動についてお伝えしていきます。

1.「嫌いじゃないよ」と優しくフォロー

「あなたのことは、嫌いなわけじゃない」とか「○○君には、もっといい出会いがある」などと、相手を励ましたりするのはやめましょう
女性に交際を断られた上に、慰められ、フォローされることは、男性には屈辱的な行為です。
更に男性のプライドがズタズタになってしまいます。

ですから、相手を気遣い、余計な声掛けをするくらいなら、黙ってる方がマシなのです。
出来るだけ、今まで通り日常会話に徹することです。

2.第三者に話してしまう。


第三者に、男性から告白されたことを話されてしまわないようにしましょう。
もし、彼の耳に伝わったら、より傷つけてしまうことになります。

また、ネット上に、直接告白されたことを言わなかったとしても、告白に関する意味深な投稿をするのはやめましょう。それを見た彼が、誰か第三者に話されるのではないか?とビクビクして余計な不安感を抱えてしまいます。どうしても誰かに話したいときは、共通の知り合いでない人に話すようにしましょう。

3.他の男性とすぐに付き合う。

男性を振ってすぐに、他の男性と付き合うとより相手を傷つけてしまいます。
「俺はダメだったけど、アイツはOKなんだ」と付き合った男性と自分を、比較し、劣っているところを探してしまい、無駄に傷つくでしょう。
ただ、こればかりは、女性側の恋の自由と、チャンスやタイミングもあるので仕方ないと言えます。彼を気遣うのであれば、しばらくは、目立たないようにお付き合いするのも一つの方法です。

4.告白した後の態度を急変させる。

告白した後の態度を急変させるのはやめましょう。
たとえば、告白する前は、普通に話していたのに、急に無視するようになったり、露骨に避けるようになる。
これは、男女間の恋のマナーとしてよくありません。
最初は彼も傷つきますが、あまりに態度がヒドイと段々と怒りに変わってくることだってあるかも……。
告白してきた男性からストーカー的な恐怖を感じた場合は、断った跡も避けるべきでしょうが、そうでないのであれば、今まで通りにしましょう。

おわりに

フラれた経験があるなら、共感できる部分もあったのではないでしょうか?フラれた側はもちろん傷つきますが、フッた方も、色々と気を使ったりと、考えることもあるかもしれませんね。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事