2017.04.23

このままじゃ別れちゃうかも!?彼女に「飽きてきた」男が送るLINE

付き合い始めた頃はラブラブだったふたりも、月日が経つと少しずつ気持ちが冷めてきたりもするもの。

彼氏からのLINEの返信なども、だんだん素っ気なくなってきた…ということもあるでしょう。
そこで今回は、彼女に「飽きてきている」男が送るLINEを紹介します。

1.メッセージが「短すぎる」

「『うん』とか『へぇ』とかしか返ってこなくなると、すごく悲しい気持ちになりますね。もう私と話していても楽しくないし、うっとうしいとか思われてるんだろうなって感じちゃいます」(28歳/女性/歯科衛生士)

何の話をしても、「うん」とか「わかった」とか「そうなんだ」などとしか言ってくれない。これはもうあなたとLINEをすることが面倒になってきてしまっているのかも。
以前はもっと色々と話してくれたのに、だんだんと短い言葉しか送ってくれなくなったのなら、ちょっと用心するべきでしょう。
LINEではなく会って話すときは楽しそうにしてくれるのであれば、ただ単にLINEが苦手だという可能性もあります。

2.「会話」を続けようとしない


「LINEを送ればとりあえず返事はしてくれるけど、全く会話を続ける気がないのが伝わってくることが多いと、私に飽きてきたのかなって思っちゃいます」(25歳/女性/アパレル)

LINEをしていても、彼氏が会話を続けようとしてくれないことが多い場合は、注意が必要です。
会話にノッている感じがしなかったり、あまり質問もないのであれば、LINEを終わらせたいという気持ちも強いのかも。
忙しいときは仕方がないですが、いつでも会話に乗り気でないのであれば、あなた自体に飽きてきてしまっている可能性もありますよ。

3.具体的に「予定」を決めようとしない

「デートの約束をしようとしても、具体的に予定を決めようとしてくれないと、避けられているような気になります。あいまいな返事で逃げられると、もう終わりかもって感じますね」(28歳/女性/販売)

「あのお店行ってみようよ」なんて話になったとしても、「そうだね、今度行こう」と適当にはぐらかして、具体的な日程を決めようとしない。
恋人同士なのに、そんなことが多いのであれば、彼氏はあなたとデートする気になれないのかもしれません。
「来週の日曜日とかどう?」と具体案を出しても、「ちょっとまだわからないな」と濁されることが増えてきたら、さらに危険度はアップするでしょう。

4.「忙しいアピール」ばかりする

「いつLINEを送っても『忙しい』で逃げられると、私と話をするのが面倒なのかなって思っちゃいます。それって、完全に飽きてきている証拠でもありますよね」(26歳/女性/飲食)

LINEが面倒なときなどは、「忙しいアピール」でかわすのが一番手っ取り早いです。
「まだ仕事中だから」とか「明日早いからもう寝るわ」など、彼氏が忙しさを理由にしてLINEの会話を終わらせようとすることが多いのなら、あなたと長々と話したくなくなっているのかも。
好きな女性とであれば、忙しくても合間を縫って話したいはずですよ。

おわりに

男性はそもそもLINEでダラダラと長話をするのが、あまり好きじゃない人が多いです。彼女に飽きてきてしまっているときには、さらにLINEをするのが面倒にも感じているでしょうから、その兆候が見えるはず。ちょっとした変化を見逃さないようにしたいですね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事