2017.04.20

彼ママより手強いかも!?「彼の女友達」とのトラブル回避マニュアル

彼氏とのお付き合いが順調でも、意外なところに落とし穴はあるものです。とくに、彼が自分の友達や先輩・後輩などに紹介してくれたときこそ要注意。彼のことを気に入っている女友達に嫉妬されて2人の仲を邪魔されることも。なかには「別れちゃえば」なんて煽ってくる女友達に遭遇してしまうかもしれません。そんな嫉妬をかわすためにはどのような工夫をしたら良いのでしょうか。彼氏持ちの20代~30代の女性に、「彼の女友達対策」について聞いてみました。

・SNSでつながらない

「彼の女友達とSNSでつながったのが大失敗でした。私の投稿を逐一チェックして、彼に『あんなお店女友達と行かない。彼女、浮気してるんじゃない?』などと吹き込んでいることが発覚してショックでした」(22歳/大学生)

直接つながらなくても、彼と女友達の間で「この子だよ」とSNSのアカウントを気軽に見せてしまうこともあるかもしれません。小姑気分でチェックされる可能性もあるので、SNSに載せる内容は要注意ですね。

・ 目の前でベタベタしない


「彼の女性の親友に会ったとき、明らかに『この人、彼のこと好きなんだ』と感じました。余計なトラブルを避けるために、目の前でイチャイチャしないようにおとなしく振る舞ったのが正解だったみたいで『あの子なら応援する』とあとで彼は言われたそうです」(25歳/メーカー受付)

彼は鈍くてその好意に気付いていなかったようですが、同性ならではの直感で気づいたそうです。余計な嫉妬心を刺激しないように、彼の女友達の前では絶対にイチャイチャしないようにしましょう。

・ 清楚な外見で会うようにしている

「今の彼じゃなくて元カレのときの話ですが、彼の女友達に会ったときに『あんな高いバッグ持ってるなんてパパがいるか夜のバイトでもしてるんじゃないの』と吹き込まれたことがあったんです。それ以来、彼の友達と会うときは高いブランド品や明るすぎる髪で会わないように気をつけてますね」(27歳/看護師)

この方のケースでは、祖母に就職祝いで貰ったバッグを持っていただけだったそうですが女の嫉妬って怖いですね。真実でなかったとしても、信頼している女友達にアレコレ吹き込まれると彼も信じてしまうかもしれません。誤解を招かない格好で会うのは効果的だといえるでしょう。

・ とにかく褒める

「彼の女友達から気に入られるには、その女性を褒めるのが一番。こちらから仲良くしようと近寄ってきてくれる人間を悪く言える人はなかなかいませんよ」(32歳/美容系PR会社経営)

彼任せにするのではなく、自分から挨拶をして仲良くなろうとする努力が大事だそうです。なんでここまで気を遣わないといけないの、と思ったら負け。彼の女友達と仲良くなってしまえば、自分の知らない彼に関していろいろ情報が入ってお得かもしれませんよ。メリットもあるんだから、と考えて、ここはグッと相手を持ち上げておきましょう。

おわりに

好かれる、好かれないは人間同士のことなので難しいですが、対策をすることで彼の女友達から嫉妬される確率をぐっと下げることができます。悪い噂を流されないよう、彼の女友達に会うときはまずは清楚な格好と謙虚な態度で臨むのが正解だといえそうですね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事