2017.04.03

もしかして本気じゃないの!?「付き合おう」と言ってこない男の本音

恋人のような関係性になってきているのに、ちゃんと「付き合おう」と言ってくれない男性っていますよね。

そもそも「付き合いたい」と思ってくれているのか、いないのか…。
本心では一体どのように考えているのか、女性からするととても気になるものでしょう。

そこで今回は、「付き合おう」と言ってこない男の本音を紹介します。

1.「断られる」のが怖い

男性はプライドが高い上にかなり臆病でもあるので、「自分が告白をしてもしフラれたりしたら…」と考えると、どうしても動き出せなくなってしまいます。
また、恋愛に対しては鈍感な人が多いので、女性の気持ちにもなかなか気づけなかったりもするもの。女性からすると、好きオーラをちゃんと出しているつもりでも、男性は断られるかもしれないという恐怖心を抱いていたりするのです。
女性の方からわかりやすく好意を示してあげて、断られる可能性が低いと感じられたら、男性も告白する勇気が出やすくなるかも。

2.恥ずかしくて言い出せない

照れ屋だったりシャイな男性の場合は、好きだという気持ちがあっても、それを言葉にして伝えることができないケースも多いです。
「なんとなく自然な流れで付き合えないかな」とか「女性の方から告白してきてくれないかな」なんて思っている可能性もあるかも。
また、付き合う前に仲良くなりすぎてしまったり、友達の期間が長かったりすると、いざ改まって告白をするのが気恥ずかしくもなります。もし彼が照れ屋なタイプであれば、付き合う気がないのではなく、言い出せないだけかもしれませんよ。

3.「もう付き合っている」と思っている

学生時代などは、好きな人には「付き合ってください」とちゃんと告白してから交際がスタートしたりもしますが、大人になると必ずしもそうではないですよね。
告白の言葉はなくても、自然な流れでお付き合いが始まっているなんてこともあるでしょう。すでに恋人のような関係性になっているのであれば、「もう俺たちは付き合っているだろう」と考える男性も少なくないかも。
どうしてもそれでは納得ができなかったり不安に感じてしまうのであれば、一度ちゃんと聞いてみることも必要かもしれませんね。

4.「都合のいい相手」にしたい

あなたのことは好きだけれど、恋人にする気はないという場合は、もちろん「付き合おう」なんて言うはずがありません。
あいまいなままの都合のいい関係性を続けていこうと考えることでしょう。
こういう男性は、今の状態をキープしていきたいからこそやさしくもしてくれるでしょうが、かといって恋人にしようという思いにはなりません。
本気で好きな女性ができたりしたら、すぐにそっちに行ってしまう可能性も高いかも。真剣な話になると話題を変えようとしたり、うまくはぐらかそうとするような男性は要注意ですよ。

おわりに

優しい、誠意ある言動があったとしても、はっきりと「付き合おう」と言ってくれないと、女性としては不安な気持ちにもなってしまいますよね。男性の言動や態度、タイプなどもちゃんと見極めて、本心ではどう思っているのか、ちゃんとチェックしてみることで、彼からその言葉を引き出すことも可能なはずですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)%

関連記事