2017.04.03

『タラレバ娘』に学ぶ!気になる彼とエッチをしたあとのNG言動

ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の第2話で、倫子(吉高由里子)とKEY(坂口健太郎)が一夜を共にするシーンがありましたよね。
みなさんの中にも、「お酒の勢いで気になる彼とエッチしちゃった!」なんて人もいるのではないでしょうか。そしてここで問題になってくるのが「彼とエッチをしたあとの行動」です。変に舞い上がって大きなミスをやらかしてしまうと、次につなげることはおろか彼と疎遠になってしまう可能性も…。
そこで今回は「気になる彼とエッチしたあとのNG言動」についてリサーチしてみました。

1. 女友達に言いふらす

「気になる彼とワンナイトしてしまった。そのことを仲良しの友人に話したら、いつの間にか彼にも筒抜けになっていて…。イラッとした口調で『何でもベラベラ話しすぎ』と言われてしまいました」(22歳/女性/大学生)

倫子もKEYとエッチしたことを香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)に話してしまい、「どうせ俺とやったってベラベラしゃべって盛り上がったんだろ?」「だからあんたたちはダメなんだよ」とバッサリ切り捨てられていましたよね。これはリアルでも同じで、エッチしたことを女友達に言いふらしてしまうと、彼から「口が軽い女」と思われてしまう可能性が…。そうなるとエッチから恋愛関係に持っていくことはほぼ難しくなってしまいます。どんなに仲の良い女友達だからといって、彼に関わることまでベラベラ話すのはNGですよ!

2. 自爆する

「お酒が入ってエッチしちゃった女子がいたんだけど、次の日『私なんてしょせん遊びだよね?』『○○君モテるもんね!』と自虐LINEが何通も届いたんだよね。そうやって自分下げする子に魅力は感じないよ。」(26歳/男性/商社)

「どうせ遊びでしょ」「私なんかかわいくないし」とネガティブを連発していては、ある意味「彼と急接近する最大のチャンス」をムダにしてしまいます。それに仮に遊びだったとしても、生理的に無理な人とエッチをする男性はほとんどいないはず。本当は彼と付き合いたいのであれば、マイナスなことばかり考えるのは逆効果。「もうだめだ~!」なんて自暴自棄になる前に、どうしたら彼に振り向いてもらえるのか考えてみましょう。

3. 予防線を張ろうとする

「エッチ後にやたらと『○○君は私のことどう思ってるの?』って聞かれるとウンザリする」(24歳/男性/メーカー)

倫子も自分の気持ちを伝えるのではなく、先にKEYに「私のことどう思っているの?」と伝えていましたよね。その結果、KEYから「こっちの気持ち聞いてから自分の答えを出そうとしてる。そんな女とは恋愛できない」と冷たいセリフを吐かれてしまいました。
「向こうがその気なら私も付き合っても良いかな」という予防線は相手にも失礼ですし、何より卑怯なやり方です。エッチをしたあとだからこそ、今後彼とどうなりたいのか、自分の中ではっきりと答えを出しておくべきでしょう。

4. 彼を露骨に避ける

「ノリでエッチしちゃった男友達を避け続けていた。そしたら彼から『そんなに避けるってことは、俺のこと嫌いなんだね。もう関わらないようにするから』と言われてしまいました…」(20歳/女性/大学生)

付き合ってもいないのにエッチをしてしまったのですから、気まずくなるのは当たり前。でも露骨に彼を拒否し続けていたら、恋のタイミングを逃してしまうかも…。彼を避けたくなる気持ちもわかりますが、ここはあくまでいつも通りの態度を取ったほうが良さそうです。

おわりに

エッチをしたあとだからこそ、挙動不審な言動は彼を困惑させてしまいます。
パニックになってやらかさないためにも、今後彼とどうなっていきたいのかひとりで考える必要がありそうですね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事