2017.03.26

恋に奥手な「草食系女子」が素敵な彼氏をGETする方法

恋をすると、緊張してなかなかうまく自分をアピールできない…。
いいなと思っていた人が、肉食系女子にとられてしまう…。

そんな切ないシーンを何度も味わってきた草食系女子もいるのではないでしょうか?草食系男子が多いと言われる現代だからこそ、草食系女子にとってはなかなか思い通りに恋愛が進まない…という状況に陥りがち。ここでは、草食系女子たちに聞いた「実際に素敵な彼氏を手に入れたコツ」をご紹介します。

■言葉ではなく視線でアピール

「“彼女いるの?”とか“好きなの!”とか、言葉で伝えることができないぶん、好きな人のことはずっと見ているようにしました。もう会うたびに視線でアピール!何か聞かれたら“ごめん、なんか見ちゃう”って曖昧に伝える。(笑)おかげで告白してもらえました♪」(20代/学生)

言葉ではなかなかアプローチできない草食系女子。そんな場合は、視線でアピールしていきましょう。アイコンタクトは、恋愛をはじめるにあたってもっとも重要な要素のひとつ。視線で追うところから恋愛はスタートです。何気なく彼に「ごめん、なんか見ちゃうんだよね…」と伝えることで、彼をドキドキさせることができるでしょう。

■お礼は手紙で伝える

「恋愛上手な肉食系女子に差をつけるためにも、“手書き”を大事にしていました。お礼をするときは小さなプレゼントと一緒に手紙で。字のキレイさには自信があったのでそれもアピールになりました」(20代/学生)

少し古風かもしれませんが、手紙で気持ちを伝えるのも「直接会って話すことは緊張しちゃう…」という草食系女子ならではの方法です。連絡手段がたくさんある今だからこそ、あえて手書きで勝負しましょう。特に、字がキレイな女性は男性ウケが抜群です。自信がある人ほど手紙を贈るといいアピールになるでしょう。プレゼントに添えるときは小さなメッセージカードがオススメです。

■褒めるときは外見ではなく内面を

「恥ずかしいので“かっこいいね!”とか“タイプだよ!”と言えず。かわりに“頼りにしてるよ”とか“誰よりも周りを見てるよね”とか性格を褒めるようにしていました。外見ばかり褒められるイケメンにはそれが効果的だったらしくそれから積極的にデートに誘われています」(20代/公務員)

草食系だとなかなか言えないのが、「かっこいいね!」の言葉。ルックスを褒めるのって恥ずかしくなっちゃいますよね。そんなときは性格を褒めるようにしましょう。イケメンな男性ほど、外見ばかりを褒められるのに慣れているため、内面の褒めは新鮮です。具体的に褒めることで「よく見てくれているんだな…」とときめかせることができるでしょう。

■当日の誘いには乗らず「機会があったら…」

「当日誘われても“今日は無理だからまた機会があったらね”って伝えるようにしたら、肉食系男子からの食いつきがよくなりました。」(20代/医療) 

草食系女子は、自分からはなかなか誘えないぶん、つい当日の誘いにも乗ってしまいがちです。しかしそこで乗ってしまうと、男性が「こいつ俺のこと好きなんだな」と安心し、興味を失われてしまう可能性があります。当日の誘いはしっかり断り「今日はダメだけどまた機会があったときににね」と伝えておくことで、男性の狩猟本能をかきたてるはずです。

おわりに

草食系女子だからこそ活きるモテテクもあります。無理して肉食系女子を目指すのではなく、自分らしく勝負しましょう!少しの勇気が幸せにつながるはずです。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事